コラム

共和党に分裂の気配、どうなる米政局

2022年07月27日(水)15時30分

24年大統領選への出馬意欲を見せているトランプ Sarah Silbiger-REUTERS

<バイデン政権の不人気から中間選挙で優勢と見られていた共和党だが......>

アメリカの政局は、まず残り3カ月強となった11月の中間選挙が注目されます。中間選挙といっても、上院の3分の1と下院の全員が改選される大規模な国政選挙です。同時に知事選、地方議会選などが重なる地区もあります。また、中間選挙が終わると、2024年の大統領選の投票までは残り2年を切ることとなり、今度は大統領選が本番を迎えます。

このアメリカの政局ですが、現在では3つの力学が働いていると考えられます。まず、1つ目はバイデン政権与党の民主党と、野党・共和党の対決です。こちらは、バイデン大統領の支持率がじわじわと低下しています。政治サイト「リアル・クリア・ポリティクス」による世論調査の平均値では、支持が37.4%、不支持が56.8%となっており、完全に危険水域です。このバイデン不人気を受けて、中間選挙では下院は共和党が優勢、上院ももしかしたら共和党が過半数を超えるかもしれないと言われています。

2つ目は、与党である民主党内の分裂です。バイデン大統領の現在の不人気に加えて、高齢不安ということも重なって、バイデン氏では2024年は戦えないという声が、民主党内で少しずつではありますが大きくなっています。仮に、民主党内でのポスト・バイデンをめぐる争いが始まると、党内の左派と穏健派の間に激しいバトルが起きる可能性があります。

そうした党内対立は中間選挙後という見方が多かったのですが、もしかすると早まるかもしれません。7月26日に公表されたCNNの調査によれば「民主党支持者の75%は24年の大統領選はバイデン以外の候補に入れたい」と考えているそうで、かなりショッキングな数字ではあります。バイデンの不出馬宣言なども含めて、民主党内で波乱が起きる可能性も出てきました。

調査委員会で明るみになった事実

3つ目は、共和党の分裂です。共和党では、トランプ岩盤支持層が全国に有権者の15%前後はいると言われる中で、トランプ派が党を「ジャック」したような形となっていました。その結果として、「仮にトランプが2024年の大統領選に出馬するのであれば、自動的に指名される」という見方が大勢を占めていたのです。

ところが、ここへ来て「どうもそうでもない」というムードが出てきました。そのキッカケを作ったのは、議会下院が行なっている「1月6日調査委員会」の活動です。これは、前回の大統領選の直後、2021年1月6日に起きた議会乱入暴動事件について、「その際にトランプ自身がどの程度関与していたか」を調査する目的で行われています。

民主党が主導しての「党派的な政治ショー」という冷ややかな見方があったのも事実であり、また延々と行われる宣誓証言の内容も「爆弾発言」とまではいっていません。例えば、トランプ政権のメドウス主席補佐官のスタッフであった、キャシディ・ハチンソン氏の証言では、暴動が発生した際に、トランプは専用車を議会に向かうよう指示したが、周囲に止められたという内容が話題になりました。

その際の「トランプがハンドルを奪おうとした」という証言については、証拠がないので世論も政界も半信半疑です。ただ、少なくともこの証言を契機として、暴動の行われた3時間の間に、大統領を警護していたシークレットサービスが組織内でやりとりしていたテキストメッセージが「一斉に消去されていた」という事実、あるいは問題の3時間の間に、暴力を収拾するための措置を、トランプが「一切行わなかった」ことも明るみに出ています。この調査委員会と並行して行われていた公判では、トランプ政権のブレーンであった、スティーブン・バノンが議会侮辱などの罪で有罪判決を受けています。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ノーベル物理学賞に3氏、量子力学分野でスパコン研究

ワールド

再送北朝鮮の「完全非核化」へ連携確認、日米首脳で会

ワールド

警察の催涙ガス使用は不当、サッカー暴動でインドネシ

ビジネス

武田、副甲状腺機能低下症治療剤の製造を24年末で中

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:超円安時代

2022年10月11日号(10/ 4発売)

急激に進む異次元の円安で1ドル=150円が目前 ── インフレとの同時進行から家計を守る方法は?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    超大質量ブラックホールが3年以内に大規模な衝突を起こすおそれ

  • 2

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 3

    【デンマーク王室】「5日前に通告された」称号剥奪でマルグレーテ女王への不満

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 6

    サッカー暴動で死者125人が出たインドネシア、ジョコ…

  • 7

    トランプ演説の間に途中で帰る人が続出!?の異常事態

  • 8

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 9

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 10

    21歳の美人セレブのセクシー私服に賛否両論 「胸の…

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 4

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 5

    下着モデルをとっかえひっかえ...不倫騒動アダム・レ…

  • 6

    超大質量ブラックホールが3年以内に大規模な衝突を起…

  • 7

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 8

    キャメロン・ディアスが告白「プールで◯◯しちゃった」

  • 9

    チャールズ皇太子が、メーガン妃を「タングステン」…

  • 10

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 8

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 9

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

  • 10

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中