コラム

共和党に分裂の気配、どうなる米政局

2022年07月27日(水)15時30分

また、暴徒が「ペンスを吊るせ(殺せ)」と叫んでいた様子は、事件直後から何度もテレビニュースで報じられています。ですが、今回の調査委員会では、その様子が初公開の映像などを含めて生々しく公表されており、世論も政界も無視できなくなっているのは事実です。

この調査委員会の動きが直接・間接に影響したのか、共和党の内部では、トランプに対して公然と反旗を翻す動きが出てきました。具体的には、トランプ派の暴徒に殺害の脅迫を受けつつ、バイデン当選の証書にサインしたマイク・ペンス前副大統領が動き始めたのです。

まず、注目されるのが8月2日に迫ったアリゾナ州知事候補を選ぶ共和党予備選です。ここでは、ペンス氏の推薦するロブソン候補と、トランプ派のレイク候補が激しく競っています。ロブソン候補は州の現職知事と政財界の支持を受けて、クラシックな共和党の選挙運動を行なっています。

民主党の勝機も出てきた?

一方で、レイク候補はトランプと一緒に「2020年の選挙ではトランプが勝利していた」という陰謀論を前面に出しており、戦いはヒートアップしています。仮に、この予備選でペンス陣営が勝利するようですと、党内の雰囲気が一気に「トランプ離れ」を起こすという予測も出ています。

そんな中で、「ミニ・トランプ」と言われている、ロン・デサントス(フロリダ州)知事が、「トランプに距離を置き始めた」ようです。デサントス知事は、これまではトランプの「地元の忠臣」のように行動し、また「マスク義務化の禁止」「学校現場での同性愛カミングアウト禁止」など保守ポピュリズムに走って、トランプ派を含めた保守派の支持を受けていました。そのデサントスは「トランプからの禅譲」を狙っていると言われていましたが、「自立」を模索しているというのです。

ここへ来て動きが急となった共和党の分裂ですが、仮にペンスなどの穏健派が優勢になると、熱心なトランプ派は「旧体制の復活には興味がない」として投票所に来なくなり、結果的に民主党に中間選挙の勝機が出てくる可能性も指摘されています。まずは、8月2日のアリゾナ州知事予備選が注目されます。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

日産社長、ルノーとの提携強化「確信」 月内発表には

ワールド

EU大統領、習氏にロシアへの「影響力」行使を再要請

ビジネス

クレディ・スイスの資金流出、一部で歯止め=会長

ビジネス

米新規失業保険申請、22.5万件に改善

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:台湾半導体 王国に迫るリスク

2022年12月 6日号(11/29発売)

急成長で世界経済を席巻するTSMC。中国から台湾を守る「シリコンの盾」に黄信号が?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 2

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 3

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 4

    半導体のモンスター企業TSMC、なぜ台湾で生まれ、世…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    プーチン後のロシアは正真正銘の「ギャング国家にな…

  • 7

    日本人が知らない、少年非行が激減しているという事実

  • 8

    「ツイッター終了」の未来

  • 9

    「もうどうでもいい」 逆襲ウクライナの「急所」を、…

  • 10

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 3

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 4

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 5

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 6

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    うつ病とは「心のバッテリー」が上がること...「考え…

  • 9

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 10

    父親は「連続殺人鬼」 誰も耳を貸さなかった子供の訴…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 3

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 7

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 8

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 9

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 10

    自分を「最優先」しろ...メーガン妃、ヘンリー王子へ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中