コラム

汚染された大地に住む中国人の「チャイニーズ・ドリーム」

2016年05月06日(金)16時17分
汚染された大地に住む中国人の「チャイニーズ・ドリーム」

 江蘇省の常州外国語学校は2015年9月、常州市の中心部から郊外の新しい校区に移転した。中等部と高等部が併設されたこの私立学校は常州市で一番の実力校だ。教育環境と教師の人材が一流なだけでなく、中産階級以上の家庭でしか負担できない授業料の高さも一流だった。

 昨年の12月、この学校は異常な臭いに包まれた。腐ったバナナの臭いに似ていると言う人もいれば、殺虫剤のようだとも言う人もいた。学校に子供を迎えに行き、いつもこの異臭を嗅いでいた保護者の1人は「しばらく嗅いでいるとめまいがした」と証言している。常州市は化学工業が発達した都市で、人々は化学工場から出る異臭には慣れっこだった。しかし学校に現れた消えない異臭に、保護者たちの間に緊張が広がった。

 12月末、一部の子供の体に赤い発疹やできものが現れると、保護者たちは連れだって子供を検査に連れて行き、多くの子供のリンパ腺と甲状腺に異常があることが判明した。学校の北側はもともと3つの化学製品工場の所在地で、この3つの工場の移転後に土地の修復が行われていた。その1つの常隆化学工場は52年間の長期にわたってこの地で生産を続け、彼らの生産したカルボフランやメトミルなどの殺虫剤はすべて毒劇物に該当する。

 その後さらに多くの学生が発病し、約500人の学生に皮膚炎、湿疹、気管支炎、白血球減少などの症状が現れた。中にはリンパ腫や白血病が発見された子供もいた。常隆化学工場で働いたある古い従業員によれば、彼がここで働いた35年の間、工場は1滴も廃水処理をしたことがなく、猛毒の廃水はすべて地下の排水パイプを通じてこっそり運河から長江に流されたか、地下に埋められたという。

 ある環境報告書によれば、化学工場が引っ越した後の土壌と地下水は高度に汚染されており、土壌中と地下水の塩化ベンゼンの濃度はそれぞれ基準の9万4799倍と7万8899倍に達していた。四塩化炭素は2万2699倍、そのほかの有毒物質も基準の数千倍だった。これらの汚染物質は以前から発癌性が指摘されており、長期間接触すると癌などの病気になる可能性がある。常州外国語学校の移転先の常州市新北区は化学工業と農薬生産による重汚染地区で、データによれば新北区にある人口6000人の新華村で、04~08年の間に癌患者数は約200人に達した。

 保護者たちの訴えと抗議、世論の圧力で中国政府も調査班を派遣した。しかし政府に公正に処理する気はなく、このように深刻な健康被害事件に直面しても、いつも通り真相を隠し、保護者の抗議の声を封じ込めようとした。事件をきっかけに、保護者の中に外国への移民を考える人たちが出始めた。このことは、ある母親の民族的自尊心を傷つけた。ところが当局の調査班が学校区の大気には明らかな汚染がなく、結節性甲状腺腫の247人とリンパ腫の35人の学生については原因不明とする絶望的な調査結果を公表すると、彼女は自分に子供を国外に移民させる能力がないことを恨んだ。

 中国共産党は絶えず「中国の夢」を吹聴しているが、普通の中国人は「中国の夢」が何かを知らない。しかし常州外国語学校の保護者たちにとって、それは明らかだ。彼らにとって「中国の夢」は「移民の夢」なのだ。

<次ページに中国語原文>

プロフィール

辣椒(ラージャオ、王立銘)

風刺マンガ家。1973年、下放政策で上海から新疆ウイグル自治区に送られた両親の下に生まれた。文革終了後に上海に戻り、進学してデザインを学ぶ。09年からネットで辛辣な風刺マンガを発表して大人気に。14年8月、妻とともに商用で日本を訪れていたところ共産党機関紙系メディアの批判が始まり、身の危険を感じて帰国を断念。以後、日本で事実上の亡命生活を送った。17年5月にアメリカに移住。

ニュース速報

ワールド

焦点:北朝鮮、ICBM実戦化には新たな核実験必要か

ワールド

アングル:「トランプおろし」はあるか、大統領失職の

ワールド

焦点:トランプ氏の「口撃」、弾劾審議で孤立無援招く

ワールド

米国務長官が人種差別非難、「傷の修復必要」

MAGAZINE

特集:2050 日本の未来予想図

2017-8・15号(8/ 8発売)

国民の40%が65歳以上の高齢者になる2050年のニッポン。迫り来る「人口大減少」はこの国の姿をどう変える?

※次号8/29号は8/22(火)発売となります。

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 2

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種の拷問

  • 3

    バルセロナで車暴走テロ、はねられて「宙に舞う」観光客

  • 4

    「ディーゼル神話」崩壊、ドイツがEVへ急転換、一方…

  • 5

    垂れ耳猫のスコフォがこの世から消える!? 動物愛…

  • 6

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 9

    失踪中のドイツ人少女 ISISメンバーとしてイラクで…

  • 10

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 1

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 2

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コントロール法

  • 3

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしまった

  • 4

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出…

  • 5

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 6

    北の譲歩は中国の中朝軍事同盟に関する威嚇が原因

  • 7

    英グラビアモデルを誘拐した闇の犯罪集団「ブラック…

  • 8

    バルセロナで車暴走テロ、はねられて「宙に舞う」観…

  • 9

    トランプ「軍事解決の準備完全」、北朝鮮「核戦争の…

  • 10

    「ディーゼル神話」崩壊、ドイツがEVへ急転換、一方…

  • 1

    マライア・キャリー、激太り120キロでも気にしない!?

  • 2

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 3

    日本の先進国陥落は間近、人口減少を前に成功体験を捨てよ

  • 4

    北朝鮮、グアム攻撃計画8月中旬までに策定 島根・広…

  • 5

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 6

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 7

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショ…

  • 8

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コ…

  • 9

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしま…

  • 10

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!