Picture Power

【写真特集】暗黒郷アマゾンはどこまで続く

AMAZONIAN DYSTOPIA

Photographs by LALO DE ALMEIDA

2022年03月05日(土)16時00分

無秩序な開拓(写真の説明は文末に)

<ブラジルのボルソナロ大統領は開発を重視して違法行為も放置。森林破壊が急速に進んでいる>

アマゾンの熱帯雨林はしばしば「地球の肺」と呼ばれる。大量の二酸化炭素を吸収し、地球上の酸素の約20%を生産するなど、温暖化抑制のカギとなる存在だ。約300万種の植物や動物が生息し、最も生物多様性に富んだ地域でもある。しかし近年は、環境の悪化が懸念されている。

大きな原因は、アマゾンの森林の3分の2以上を占めるブラジルの政策だ。2019年に就任した右派のジャイル・ボルソナロ大統領は環境保護よりも開発を重視しており、違法行為も放置。森林破壊が急激に進んでいる。

ボルソナロは、アマゾンの経済開発は貧困層を救うとも主張する。だが、伐採などで生まれたお金が地元に還元されることはほとんどない。

写真家ラロ・デ・アルメイダが過去10年にわたりアマゾンの森林を撮影してきた写真は、そうした数々の問題を浮き彫りにしている。

ボルソナロは国際社会に向けて今年4月、違法伐採を30年までにゼロにすると表明した。この方針転換は、アルメイダの捉えた現実を変えるきっかけになるだろうか。

(冒頭写真の説明)
入植者が北西部アマゾナス州レアリダデの森林を切り開き、家を建てている(2018年8月)。ここは舗装の劣化で1988年に通行不能になった道路BR319号線沿いだが、ボルソナロ政権の計画どおりBR319が再舗装されれば伐採や土地開発はさらに進む。アマゾンでは道路の開通ほど、環境に変化をもたらすものはない


ppama02.jpg

<放牧>
野焼きされた土地で放牧される牛(北部パラ州のアルタミラ国有林、2014年9月)。牧草地開拓は森林消失の大きな原因だが、放牧の目的は畜産だけでない。ブラジルの法律では、一定の条件で土地を占有すれば自分のものにできるため、土地占拠を目的に放牧するケースもある


ppama03.jpg

<森林伐採>
北部ロンドニア州のジャマリ国有林で伐採され、トラクターで牽引される丸太(2018年8月)。ブラジル国立宇宙研究所によれば、アマゾンは今年7月までの1年間で1万3235平方キロ分と、06年以降で最大規模の森林面積が消失した。違法な伐採や野焼き、山火事などで森林破壊が続けば周辺の降雨量は大幅に減少し、さまざまな悪影響を及ぼす


ppama04.jpg

<ボルソナロ政権>
パラ州アルタミラで地元農民が建てたボルソナロ大統領支持の看板(2020年7月)。ボルソナロは19年1月の就任以来、アマゾン熱帯雨林の開発を優先し、環境保護を軽視する政策を取ってきた。そのため森林破壊が急速に進み、世界から批判を浴びている


ppama05.jpg

<土地略取>
熱帯雨林中のトリンシェイラバカジャ先住民居留地を見回り、村に戻ってきたシクリン人の戦士たち(2019年8月)。国が守ってくれないため、彼らは居留地の土地を開拓し収奪しようとする者に立ち向かい、森林破壊を防ぐ自衛組織を結成した

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

トヨタ、堤工場第1ライン一時停止 コロナ感染で66

ワールド

中国軍機16機、防空識別圏に侵入 中間線超え=台湾

ワールド

ロシア、ウクライナのハイマース弾薬庫破壊と発表

ワールド

ファイザーとビオンテックの変異株ワクチン、欧州当局

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 2

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世界的な著名精神科医が指摘するある『行動』とは

  • 3

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り裂いた「ニンジャ爆弾」

  • 4

    台湾有事を一変させうる兵器「中国版HIMARS」とは何か

  • 5

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 6

    【映像】華麗なるスライディングを披露するゴリラ

  • 7

    【動画】プーチン「影武者」説を主張する画像と動画

  • 8

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリ…

  • 9

    中国でミャンマー大使が急死 過去1年で中国駐在大使…

  • 10

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホットコーヒーを浴びせる

  • 3

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 4

    冬に向けて「脱ロシア化」準備中──じわじわ効果を上…

  • 5

    中国ロケット長征5号Bの残骸、フィリピン当局が回収 …

  • 6

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 7

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 8

    お釣りの渡し方に激怒、女性客が店員にコーヒーを投…

  • 9

    【動画】ノリノリでピザを投げつけるケイティ・ペリ…

  • 10

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 9

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 10

    【動画】珍しく待ちぼうけを食わされるプーチン

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中