コラム

今回の東京都知事選を「イロモノ」の祭典にしないために必要なこと

2024年06月18日(火)18時08分
東京都, 東京都知事選, 蓮舫, 石原慎太郎, 小池百合子, 橋下徹

今回のAIイラスト:魑魅魍魎の化かし合いよりも政策論争を… AI GENERATED ART BY NEWSWEEK JAPAN VIA STABLE DIFFUSION

<都知事たちの経歴や野心には共通点があると時事芸人・プチ鹿島は説く。だが不思議な因縁のある小池百合子都知事や蓮舫氏はじめ、今回の候補者たちがそのイメージをぬぐう方法が1つある>

東京都知事選が7月7日に投開票される。私は以前から「東京都知事=イロモノ説」を唱えている。イロモノが失礼なら異端の人と呼ぼうか。

ここ30年の都知事を思い出してほしい。青島幸男、石原慎太郎、猪瀬直樹、舛添要一、小池百合子。共通点は圧倒的知名度だ。猪瀬氏を除いて前職は国会議員だったのも共通している。私はここにヒントを見る。議員として人気も知名度もあるが総理を狙えるほどではなかった人が多いのだ。本人も派閥でコツコツと支持を集め......というより派手な言動で国民の耳目を集めるのが得意と自負している感じ。

永田町ではイロモノ的存在でも、ある場所では一気に強大な権力に近づける。それが東京都知事なのである。都知事は永田町の「プロ」でなく一般の都民が選ぶ。となると、異端の人は強い。国政では永遠の関脇でも都政では横綱になれるかも。さらに都知事になると良いことがある。石原氏が示した、都知事で箔を付けた後は改めて国政へ、という道筋だ。

小池百合子は石原慎太郎の夢を見たか

石原氏は2011年に4選し、翌年に知事を辞し太陽の党を設立。橋下徹氏率いる日本維新の会と合流し、衆院選で国政に復帰。いよいよ国政でもトップへ、という道筋だった。

これを大いに参考にしたのが小池氏ではなかったか? 彼女は16年に都知事選に出馬。突如という感じだったが当時の小池氏は安倍首相に距離を置かれ党内で存在感が薄く、一発逆転を懸けたように見えた。自分の見せ方がうまい小池氏は都連を「ブラックボックス」と呼び、喝采を浴びた。自民党員なのに反自民を売りにして旋風を起こしたのだ。

なんだかよく分からないが自民党の都連とケンカしてつくった対立構図は巧みだった。そして小池氏は17年に希望の党騒動を起こす。自身の「排除」発言などで失速したが、党設立当初は政権交代も取り沙汰された。小池氏が国政でもトップに、と野心をハッキリと表した瞬間だった。

プロフィール

プチ鹿島

1970年、長野県生まれ。新聞15紙を読み比べ、スポーツ、文化、政治と幅広いジャンルからニュースを読み解く時事芸人。『ヤラセと情熱 水曜スペシャル「川口浩探検隊」の真実』(双葉社)、『お笑い公文書2022 こんな日本に誰がした!』(文藝春秋)、『芸人式新聞の読み方」』(幻冬舎)等、著作多数。監督・主演映画に『劇場版センキョナンデス』等。 X(旧Twitter):@pkashima

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:スペインで住宅不足深刻、観光ブームも追い

ワールド

焦点:「奇跡」と希望:インド転倒事故で浮き彫りにな

ワールド

北朝鮮、NATO首脳会談での宣言を「最も強く非難」

ワールド

バイデン大統領夫人、パリ五輪開会式に出席へ=ホワイ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレスレを通過...カスピ海で漁師が撮影した衝撃シーン
  • 4
    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…
  • 5
    ロシアがドイツ防衛企業CEO暗殺を企てる...米情報機…
  • 6
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 7
    「よく知った人なのに誰だかわからない」──NATO首脳…
  • 8
    「結婚に反対」だった?...カミラ夫人とエリザベス女…
  • 9
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」…
  • 10
    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…
  • 1
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 2
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった...アン王女の娘婿が語る
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    ドネツク州でロシア戦闘車列への大規模攻撃...対戦車…
  • 5
    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…
  • 6
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 7
    ベルリンの上空に「ミステリーサークル」が現われた…
  • 8
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレス…
  • 9
    テネリフェ島で発見された70万年前のトカゲ化石、驚…
  • 10
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 3
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 4
    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開する…
  • 5
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 6
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…
  • 7
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 8
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 9
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
  • 10
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story