コラム

今、世界と日本がウクライナ戦争終結を考えるべき理由

2022年10月05日(水)17時40分

ウクライナのゼレンスキー大統領はプーチン大統領と和平交渉はしないと言うが……(ロンドンの壁画)Henry Nicholls-REUTERS

<戦争を続けてもウクライナ領の「完全奪還」は難しそう......だとすれば「フランクリン式」に落としどころを検討してみては?>


何か難しい判断を迫られたときに「メリット・デメリット表」を作って吟味したことはありますか? 僕はかなり作るタイプ。 例えば、車を買うか否か? という判断なら、こんな表になる:

車を買うメリット デメリット
いつでも使える! 維持費が高い
荷物が運べる! 渋滞で遅刻しちゃうかも
モテる! 既婚者はモテても困る


実際に数年前、こういう表を作って検討して、車の購入をやめたこともある。今はいざというときはカーシェアリングを利用して、普段はバイクに乗っている。残念ながら、それでもモテちゃうんだけど。

実は、この意思決定プロセスはアメリカ建国の父の一人、ベンジャミン・フランクリンが発明したらしい。1772年に友達への手紙で披露したあと世界に広まり、大勢の人が大小さまざまな判断の過程に活かしているようだ。

あのチャールズ・ダーウィンも、結婚するかどうか検討したときに駆使したようだ。彼が挙げたポイントは:

結婚するメリット デメリット
子供を持てる 本を買う予算が減る
老後までの相棒ができる 義理の家族に会わないといけない
犬よりもましな遊び相手ができる 喧嘩をする


結局、ダーウィンはこのメリット・デメリット比較の結果、半年後に(犬よりもましな)女性と結婚して、10人もの子供をもうけ、死ぬまで一緒に過ごしたようだ。ちなみに、犬も結局、レトリバーやテリア、ポメラニアンなどたくさん飼った。一番有名なのはビーグルだけどね!(すみません。自然科学オタク向けのジョークです。ダーウィンが乗った船のはビーグル号だった)

ウクライナ問題に当てはめると?

ここまでは余談だ。なんでこの「メリット・デメリット表」の話をしたかというと、そろそろ、ウクライナ戦争の終結シナリオにおいて重要な判断が迫られるときが来るはず。ウクライナや(日本を含む)支援国のブレーンはこんな表を作成すると、それぞれの選択肢の要点が可視化でき、難しい判断に役立つだろう。

ということで、自称ブレーンの僕が作ってみた!
 
まず、現状を考えよう。ロシア軍はウクライナからの反撃にひるみ、一気に支配圏を削られた。一方ロシア国内でもインフレは14%を超え(8月時点)、石油価格が下がり、財政や経済が疲弊している。12月には西側諸国によるロシア産石油に上限価格を設ける新たな制裁の導入も待ち構えている。各地で反戦デモが活発化し、徴兵から免れようと海外へ逃げるロシア人が後を絶たない。プーチン政権の支持率も右肩下がり。さらに、国際社会からの孤立が進むなか、緩い支持を示してきた中国やインドが距離を置き始めた。つまり、ロシアは窮地に立たされている。

そこでウクライナ東南部の4州で「住民投票」という茶番劇を行い、その「結果」をうけ、4州の併合を決定した。ピカピカの「新領土」でもロシアは兵力の動員を行う可能性があり、またプーチンは核兵器の使用も辞さない姿勢を示している。

では、ウクライナにとっての「迫られる判断」とはなんでしょうか? プーチンはそろそろ「この辺にしといたる」と、負けながら偉そうに身を引く吉本新喜劇的な終わり方を提案すると、僕はみる。そこで、ウクライナは国土の一部を譲渡しても停戦・休戦を狙うか、それとも完全な領土奪還を目指して戦い続けるかという苦渋の選択をしないといけないことになる。

プロフィール

パックン(パトリック・ハーラン)

1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『パックン式 お金の育て方』(朝日新聞出版)。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

アングル:自国に失望した中国の超富裕層、目指すはシ

ワールド

米韓、北朝鮮巡る「拡大抑止」強化でコミット=韓国外

ビジネス

米金利先物、金利5%超え予想 雇用統計後 利下げ予

ビジネス

G7と豪、ロシア産石油製品で価格上限 ディーゼルに

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:日本のヤバい未来 2050

2023年2月 7日号(1/31発売)

ジャーナリズム・アカデミズム・SFで読み解く人口減少ニッポンの実像(カバーイラスト:東京幻想)

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 3

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファンに衝撃走る

  • 4

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 5

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうや…

  • 6

    「プーチンは戦争から手を引いた」──元ロシア軍情報…

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    ロシアで「国を滅ぼすような内戦」が起きる可能性...…

  • 9

    やりすぎたかも......美容整形を受けた男性セレブたち

  • 10

    ロシア軍のあまりの無能さは「驚き」であり「謎」...…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 3

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 4

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 7

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうや…

  • 8

    ロシアが誇る最新鋭T-14戦車ついに戦場へ? だが現場…

  • 9

    英国の伝統を侮辱? メーガン「ふざけたお辞儀」に大…

  • 10

    メーガンの「おふざけ」とは大違い? ダイアナが見せ…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    飼い主が目を離した隙にハンバーガーを食べ、しらを…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 8

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 9

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中