コラム

現代アートのプレイヤーたち 小崎哲哉

終章 現代アートの現状と未来

この連載も今回で終わりである。これまでに述べたことをおさらいし、後回しにしていたテーマについて論じ、さらに、現時点における現代アートの問題を

2017.07.14

絵画と写真の危機

<絵画や写真が、単独で3次元以上のメディアに匹敵する芸術的効果を生み出すのは、現代では容易ではない。もしかすると、絵画や写真をあえて現代アー

2017.06.19

現代アート採点法

<現代アート作家の7種の創作動機の度合と、あなたの関心の程度や、表現の好き嫌いを数値化してみると理解は深まる。J・クーンズ、村上隆など5つの

2017.05.16

現代アートの動機(4):エロス・タナトス・聖性

<現代アートの作家が抱く創作の動機はどういったものなのか。今回は、王道とも呼べるほどに普遍的な主題、性、生、死、そして聖性について考える>

2017.04.17

現代アートの動機(3):思想・哲学・世界認識/私と世界・記憶・歴史・共同体

<現代アートの作家が抱く創作の動機はどういったものなのか。これまで、「新しい視覚・感覚の追求」、「メディウムの探究」、「制度への言及と異議」

2017.03.29

現代アートの動機(2):制度への言及と異議/アクチュアリティと政治

<現代アートの作家が抱く創作の動機はどういったものなのか。ここでは「制度への言及と異議」「アクチュアリティと政治」について考えよう> 【前回

2017.03.09

現代アートの動機(1):新しい視覚・感覚の追求/メディウムの探究

<現代アートの作家が抱く創作の動機はどういったものなのか。まず「新しい視覚・感覚の追求」、「メディウムの探究」について考えよう> 現代アート

2017.02.14

オーディエンス(2):現代アートの3大要素

<「インパクト、コンセプト、レイヤー」が現代アートの3大要素だ。そして、鑑賞者は想像力を駆使して作品を能動的に解釈する。この3大要素とは具体

2017.01.26

オーディエンス(1): 今日的な鑑賞者とは?

<作品はそれ自体では完結しない。20世紀後半に入ってから、あらゆる文化芸術ジャンルで受け手の重要性が唱えられてきた。とはいえ「能動的な解釈

2016.12.28

アーティスツ(5):デュシャンの「便器」の果てに

<ちょうど100年前、マルセル・デュシャンが「Fountain(泉)」と題する作品でアートの概念を根底から覆した。そして、デュシャンのレディ

2016.12.20

MAGAZINE

特集:北朝鮮の歴史

2017-11・28号(11/21発売)

核・ミサイル開発に日本人拉致問題、テロ活動...... 不可解過ぎる「金王朝」を歴史で読み解く

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 4

    北朝鮮問題、中国の秘策はうまくいくのか――特使派遣…

  • 5

    トランプは金正恩を利用しているだけ、戦争する気は…

  • 6

    アメリカは「安倍トラ」に無関心

  • 7

    日本に定住した日系ブラジル人たちはいま何を思うのか

  • 8

    堤未果:アメリカを貧困大国にしトランプ大統領を誕…

  • 9

    「嫌な気持ちは寝て忘れちゃえ」は逆効果?

  • 10

    北朝鮮、女性への性的暴行や栄養障害が多発 脱北し…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

  • 5

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 6

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 7

    アメリカで黒人の子供たちがたたき込まれる警官への…

  • 8

    子供を叩かないで! 体罰の影響を科学的に研究 

  • 9

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 10

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮の電磁パルス攻撃で「アメリカ国民90%死亡」――専門家が警告

  • 3

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 4

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 5

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 6

    人はロボットともセックスしたい──報告書

  • 7

    北朝鮮経済の「心臓」を病んだ金正恩─電力不足で節約…

  • 8

    トランプは宣戦布告もせず北朝鮮を攻撃しかねない

  • 9

    北朝鮮危機「アメリカには安倍晋三が必要だ」

  • 10

    「トランプ歓迎会に元慰安婦」の陰に中国?

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!