コラム

現代アートのプレイヤーたち 小崎哲哉

終章 現代アートの現状と未来

この連載も今回で終わりである。これまでに述べたことをおさらいし、後回しにしていたテーマについて論じ、さらに、現時点における現代アートの問題を

2017.07.14

絵画と写真の危機

<絵画や写真が、単独で3次元以上のメディアに匹敵する芸術的効果を生み出すのは、現代では容易ではない。もしかすると、絵画や写真をあえて現代アー

2017.06.19

現代アート採点法

<現代アート作家の7種の創作動機の度合と、あなたの関心の程度や、表現の好き嫌いを数値化してみると理解は深まる。J・クーンズ、村上隆など5つの

2017.05.16

現代アートの動機(4):エロス・タナトス・聖性

<現代アートの作家が抱く創作の動機はどういったものなのか。今回は、王道とも呼べるほどに普遍的な主題、性、生、死、そして聖性について考える>

2017.04.17

現代アートの動機(3):思想・哲学・世界認識/私と世界・記憶・歴史・共同体

<現代アートの作家が抱く創作の動機はどういったものなのか。これまで、「新しい視覚・感覚の追求」、「メディウムの探究」、「制度への言及と異議」

2017.03.29

現代アートの動機(2):制度への言及と異議/アクチュアリティと政治

<現代アートの作家が抱く創作の動機はどういったものなのか。ここでは「制度への言及と異議」「アクチュアリティと政治」について考えよう> 【前回

2017.03.09

現代アートの動機(1):新しい視覚・感覚の追求/メディウムの探究

<現代アートの作家が抱く創作の動機はどういったものなのか。まず「新しい視覚・感覚の追求」、「メディウムの探究」について考えよう> 現代アート

2017.02.14

オーディエンス(2):現代アートの3大要素

<「インパクト、コンセプト、レイヤー」が現代アートの3大要素だ。そして、鑑賞者は想像力を駆使して作品を能動的に解釈する。この3大要素とは具体

2017.01.26

オーディエンス(1): 今日的な鑑賞者とは?

<作品はそれ自体では完結しない。20世紀後半に入ってから、あらゆる文化芸術ジャンルで受け手の重要性が唱えられてきた。とはいえ「能動的な解釈

2016.12.28

アーティスツ(5):デュシャンの「便器」の果てに

<ちょうど100年前、マルセル・デュシャンが「Fountain(泉)」と題する作品でアートの概念を根底から覆した。そして、デュシャンのレディ

2016.12.20

MAGAZINE

特集:韓国人の本音 ピョンチャン五輪と南北融和

2018-2・27号(2/20発売)

平昌五輪での北朝鮮の融和外交が世界を驚かせたが、当の韓国人は南北和解と統一をどう考えている?

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮「スリーパーセル」論争に隠された虚しい現実

  • 2

    銃乱射の被害者を訪問したトランプ、ご機嫌で大顰蹙。この男に心はあるのか?

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    「世界の終わりだ」 KFCのチキンが消えてパニックに…

  • 5

    「ヒュッゲ」ブームの火付け役が日本人に伝えたい幸…

  • 6

    「コーヒー摂取の健康リスク」に関する注意喚起がカ…

  • 7

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 8

    欧米でブームの「ヒュッゲ」で日本人も幸せになれる?

  • 9

    「愛してると伝えて」米フロリダの銃乱射の教室で何…

  • 10

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北者」

  • 3

    「愛してると伝えて」米フロリダの銃乱射の教室で何が起こったのか

  • 4

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 5

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 6

    「死のない肉」クォーンが急成長 人工肉市場がアツい

  • 7

    岐阜県の盗撮疑惑事件で垣間見えた、外国人技能実習…

  • 8

    広がる「工作員妄想」~三浦瑠麗氏発言の背景~

  • 9

    金正恩のお菓子セットが「不味すぎて」発展する北朝…

  • 10

    被害者遺族を「カラオケに行こう」と誘う加害者の父

  • 1

    265年に1度? 31日夜、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が空を彩る

  • 2

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    北朝鮮と戦う米軍兵士は地獄を見る

  • 6

    「逆にいやらしい」忖度しすぎなインドネシアの放送…

  • 7

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 8

    北朝鮮を戦争に駆り立てるトランプに怯え始めたロシア

  • 9

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

  • 10

    被害者遺族を「カラオケに行こう」と誘う加害者の父

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

丸ごと1冊金正恩

絶賛発売中!