Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2012.8.29号(8/22発売)

特集:ネットの王者

2012年8月29日号(8/22発売)

Cover Story

常識を覆し、新秩序を先導するデジタル界の覇者たち
10の視点から選ばれた、最も影響力を持つ100人

ネット過剰が精神を冒す?

デジタル オンライン生活と鬱や精神障害の関連を裏付ける研究が続々と

テクノロジー デジタル界の覇者トップ100

とんがった主張こそ優れた論者の証明

反逆児は創意工夫で権力に立ち向かう

ネットで自分を売り込むセレブたち

デジタル世界のルールを作るキーパーソン

ユーザーの心をつかむアイデアの伝道者

ニーズを見抜く「目の付けどころ」

世界を革新する先兵たち

ベンチャー企業をカネと知恵で大きく育てる

機械に命を吹き込んだソフトウエア設計の達人

ネット界の流行発信者

Newsbeast
Internationalist
South Korea 李明博が開けた
   「竹島」というパンドラの箱
Israel イラン開戦めぐりイスラエルは分裂中
South Africa 労働者「殺戮」で見えた南アの傲慢
Ecuador エクアドルがアサンジ亡命を認めた理由
China 共産党指導者が描く重慶事件の結末
Egypt エジプトを変える静かな革命
Russia 反体制バンドを罰する疑心暗鬼
Italy 欧州文化の衰退はメルケルのせい?
Internationalist
Asia
China 中国への賄賂で米カジノ王ピンチ
US Affairs
ライアンを相棒にしたロムニーの大誤算
アメリカを襲う干ばつの深刻度
People
金メダリストが『ビバヒル』に出演、ほか
FEATURES
米大統領選 「無能」オバマに再選の資格なし
安全保障 日米関係は本当に悪いのか
中東 シリア介入の理想と現実
イギリス社会 悪酔いする停滞のイギリス
中国 ガイジンをつまみ出せ!
CULTURE
Food ブルゴーニュの秘蔵ワインに乾杯!
Movies 理路整然な『アベンジャーズ』
Want 人生を楽しむならまず仕事場から

MAGAZINE

特集:ビットコイン 可能性と危険性

2017-11・21号(11/14発売)

高騰を続け、今や1000種類以上に増えた仮想通貨 未来を変え得る新技術のリスクとメリットを真剣に考える

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 4

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 5

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

  • 6

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 7

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と…

  • 8

    女性が怯えて生きるインドのおぞましい現実

  • 9

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 10

    絶滅したマンモスがクローンでよみがえる

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    「セックスしている子もいるけど私はしたくない」 …

  • 5

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

  • 6

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 7

    体臭とセックスアピールの意外な関係

  • 8

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 9

    日中首脳会談、習近平はなぜ笑顔だったのか

  • 10

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮の電磁パルス攻撃で「アメリカ国民90%死亡」――専門家が警告

  • 3

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    人はロボットともセックスしたい──報告書

  • 6

    北朝鮮経済の「心臓」を病んだ金正恩─電力不足で節約…

  • 7

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過…

  • 8

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料ま…

  • 9

    トランプは宣戦布告もせず北朝鮮を攻撃しかねない

  • 10

    北朝鮮危機「アメリカには安倍晋三が必要だ」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!