Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2012.3.21号(3/14発売)

シリコンバレー強欲白書

2012年3月21日号(3/14発売)

Cover Story

IT企業の若きリーダーらは世の中を良くしたいというが
利益を追求する彼らの姿勢はウォール街と同じ?

ビジネス 利益を貪るITリーダーたち

ロビー活動 IT界と政界の癒着に乾杯!

メディア ブロガーたちの甘くて汚い商売

いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!

TPPに目覚めたカナダの焦り

世界貿易 ようやくアジアの重要性に気付いたカナダ政府は支持取り付けに奔走中

鉄の女サッチャーが貫いた信念

歴史 メリル・ストリープ主演の伝記映画公開で再び注目を集める元英国首相の生涯
Newsbeast
Greece ギリシャ債務削減でも危機は終わらず
Russia 大富豪は操り人形か、第2のプーチンか
Iran イランが核開発の証拠をもみ消し?
India ガンジー一族のカリスマ性に陰り
The United States 
      新興国には譲れない世銀トップの座
Russia イスラエルとロシアの密約で無人機墜落?
Italy 貧困に泣かされるイタリアの子供たち
Europe 赤字削減EUに早くも不協和音が
Asia
Taiwan 建設中の原発が台湾の火薬庫になる?
China 中国最大のタブーが一部解禁に
U.S. Affairs
注目のサントラム候補、そのトンデモ語録
共和党が葬るブッシュという過去
Business
今年ヒットする新アプリはこれだ!
強欲な富裕層に豪財務相がキレた
People
ガガ母娘がいじめ問題に宣戦布告、ほか
FEATURES
民主化 ビルマ民族融和は本物か
外交 米中の劇的和解、40年後の現実
仏政治 反米感情に乗るフランス大統領選
米景気 アメリカ経済に訪れた久々の「春」
気象情報 どこでも当たる天気予報を夢見て
CULTURE
Food 中国の極上酒マオタイに酔う
Art キャンバスで踊る水玉の魔法
Television イラン人への偏見をぶっ壊せ!
Theater 永遠の魅力を放つエビータ伝説
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年...熱狂の中、本人たちは「卑下」していた

  • 3

    ゴールドカードだけの感動体験を...新時代に「新たな価値」を生む新ゴールドカードを、アメックスが発表

  • 4

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 5

    「自分が望むようになっている」...メーガン妃の「疎…

  • 6

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 7

    「引退すべき」「チケット高いのに...」マドンナが「…

  • 8

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 9

    ゼンデイヤのセクシー写真が「ボディ・シェイミング…

  • 10

    胸元あらわなコルセットドレス...テイラー・スウィフ…

  • 1

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 2

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 3

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 9

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 10

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中