Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2016.1.26号(1/19発売)

特集:中国経済の危機管理

2016年1月26日号(1/19発売)

Cover Story

導入したばかりの株式市場の「安全装置」も数日で撤廃
世界を疑心暗鬼にさせる中国政府の稚拙な経済マネジメント

経済 お粗末すぎた中国当局の危機管理
人民元 市場を混乱させる人民銀行の「沈黙」
分析 ソ連化する「中国の悪夢」
いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!

地球を去った孤高のアーティスト

中国市場 中国の減速が世界経済とアジア市場を道連れにする恐れも?
為替 当局の元安誘導に市場は大慌て
予測 金融危機再来?中国以外の4つの火種
【PERISCOPE】
InternationaList
INDONESIA ISISの脅威が東南アジアに広がる?
TAIWAN 初の女性総統を待つバラ色でない未来
SOUTH KOREA 中国への苦情は場当たり外交か
BRITAIN EU離脱リスクで揺らぐポンドへの信頼
GERMANY 『わが闘争』再出版に注文殺到のなぜ
GERMANY 難民排斥の嵐がドイツを襲う
POLAND EUの頭痛の種は独裁に傾くポーランド
TAIWAN 中国の島という幻想を砕いた「血」
UNITED STATES オバマに突き付けられた最終課題
U.S. Affairs
「暴言王」に乗るしかない共和党主流派の憂鬱
オバマ「最後の年」の大抱負
余裕の態度の裏で焦る本命クリントン
Business
米アルジャジーラ撤退の真実
スマートウオッチで暗証番号がばれる!
People
ゴールデングローブ賞で飛び出した名言・珍言、ほか
【FEATURES & ANALYSIS】
解説 原油はどこまで下落するのか
市場 イラン産流入で原油価格はもっと安くなる
経済改革 石油依存サウジの治療は待ったなし
ロシア プーチンが築く「暴君の劇場」
動物保護 戦火の中に捨てられた猫たち
新製品 バーチャルグラスで未来をのぞく
新技術 まだある!今年の注目株
【LIFE/STYLE】
Books こんまりの魔法に見る「生と死」
Travel NYへ遊びに行くなら1月に
Movies 大人も魅了する『パディントン』の大冒険
Work 花の在宅勤務が万人に向かない理由
Theater ドラッグクイーンと児童演劇が合体したら
Food 鬼才コンビのデザートを召し上がれ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 2
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デップの姿が話題に...33歳年下「新恋人」との写真も
  • 3
    酔った勢いで彫った「顔のタトゥーは似合わない」...ケイト・モスの妹が除去を決意
  • 4
    見落とされがちな「女の子のADHD」15の徴候とは?
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃の「狂気的なオーラ」が注目を集める...そ…
  • 7
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
  • 8
    ロシア防空ミサイルが「ドローン迎撃」に失敗...直後…
  • 9
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 10
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 3
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 4
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 5
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 6
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 7
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 8
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 9
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 10
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中