Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2013.12.10号(12/ 3発売)

特集:がんは放置すべき?

2013年12月10日号(12/ 3発売)

Cover Story

「癌治療の放棄」を提唱する医師の本がベストセラーに
批判続出の異説が患者不在の医療の実態をあぶりだす

医療 癌治療を揺るがす大論争の行方

■検診で早期発見という「常識」にご用心

■遺伝子解析が切り開く新たな地平

■転移の「ロジック」を読み解く新発見

■免疫細胞をトレーニングせよ

■スパコンが癌治療に革命をもたらす

いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!

日米を挑発する中国の腹の内

東アジア 「防空識別圏」を設定した中国の誤算と勝算
Q&A 深謀遠慮か軽挙妄動か、中国の行動の真意は
台湾 中台は冬の時代へ逆戻り
PERISCOPE
InternationaList
THAILAND 暴走する反政府デモに出口なし
CENTRAL AFRICAN REPUBLIC 
    「幽霊国家」が崩壊目前
GERMANY 連立合意でもドイツは安心できない
SCOTLAND 虫が良過ぎるスコットランド独立計画
EGYPT デモ規制法でエジプトは再び独裁へ?
THAILAND デモ続発のタイに経済低迷の足音
ITALY 老兵ベルルスコーニは死なず?
GREECE 「わざとHIV感染」大誤報でWHOが平謝り
Asia
INDONESIA 豪盗聴疑惑にインドネシアがキレた訳
PHILIPPINES 台風直撃でもフィリピン経済は好調
U.S. Affairs
アメリカ国防総省の放漫過ぎる予算管理
Business
デフォルト危機で対米投資の魅力が半減
People
ブッシュが自作の「名画」を披露、ほか
FEATURES
核問題 イラン「歴史的合意」の波紋
中東 核協議の合意でシリアはどうなる?
欧州 ドイツの高潔がゆがみ始めた
東欧 ウクライナ大統領の臆面なきメディア封じ
テーマパーク ディズニーの魔法が消えた日
社会 離婚に立ちはだかるペットの親権争い
CULTURE
Art インベーダーが街にやって来た!
Movies トム・ハンクス、圧巻のヒーロー像
Movies P・グリーングラス監督の「本物論」
Movies 障害者の性を描く『セッションズ』
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    ドイツ倒産件数が前年同期比で41%増加...予想大幅に上回る=独紙
  • 4
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 5
    タンポンに有害物質が含まれている...鉛やヒ素を研究…
  • 6
    シャーロット王女の的確なアドバイス...「ボスの風格…
  • 7
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 8
    トランプ氏銃撃事件を受け、ドル上昇・米国債下落...…
  • 9
    これからの蚊対策は「殺さず吸わせず」 痒いところ…
  • 10
    「これは真剣なやつだよ」...キャサリン妃の「マジメ…
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレス…
  • 5
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 6
    テネリフェ島で発見された70万年前のトカゲ化石、驚…
  • 7
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 8
    ドイツ倒産件数が前年同期比で41%増加...予想大幅に…
  • 9
    シャーロット王女の的確なアドバイス...「ボスの風格…
  • 10
    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 6
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中