コラム

平和の調べは届くのか アメリカが欧州に突きつけた最後通牒

2017年03月07日(火)10時30分
平和の調べは届くのか アメリカが欧州に突きつけた最後通牒

ロシアの脅威に対抗し、スウェーデンは来年から徴兵制を復活する(3月2日)Fabrizio Bensch-REUTERS

<トランプ米政権は防衛負担増の圧力を、日本ではなく欧州に向けた。軍事費をGDPの2%に引き上げなければ安全は保障しないという。拡張主義を強めるロシアを前に、NATOが空中分解しかねない>

キングス・カレッジ・ロンドンのカレッジチャペルで土曜日の夜、「戦争と日本」と題する演奏会が開かれた。ロンドンを拠点に活動する新進気鋭のバイオリニスト、植田リサさん(30)とピアニスト、ダニエレ・リナルド氏(33)のデュオで、戦争と平和がいかに日本を形作ってきたかを描き出した。

kimura20170306110301.jpg

第一次大戦中に作曲されたドビュッシーの「バイオリン・ソナタ」や、第一次大戦直前に書かれたストラヴィンスキーの「Three Japanese Lyrics(3つの日本の叙情詩)」などがリサさんの表現豊かな技術で演奏された。リサさんは「同じ作曲家の作品でも戦争の前と後に書かれたものでは全然違います。そのコントラストを出したかった」という。

オバマが「世界の警察官」を返上

今の時代は作曲家や音楽にどんな影響を与えているのだろう。世界は本当にきな臭くなってきた。20世紀、2つの世界大戦、冷戦の終結を経て、アメリカの政治学者フランシス・フクヤマ氏が指摘した「歴史の終わり」が訪れ、大きな戦争は永遠になくなるとみられていた。しかしアフガニスタン、イラクの2つの戦争と世界金融危機でアメリカが疲弊したことから、時代は一変した。

オバマ前米大統領がシリアへの軍事介入をめぐり「世界の警察官」役を返上したことを契機に、ロシアのプーチン大統領はウクライナのクリミア併合を強行、ウクライナ東部の親露派武装勢力と連携して紛争を引き起こした。アサド政権を支えるためシリアにも軍事介入した。

中国は南シナ海の軍事要塞化を進め、東シナ海では沖縄県・尖閣諸島周辺で活動を活発化させるなど、強引な海洋進出を企てている。中国の海洋進出を抑えることが最優先課題となる太平洋では、安倍晋三首相が日米首脳会談でアメリカのトランプ大統領を支える姿勢を鮮明にし、固い握手を交わした。尖閣に日米安全保障条約第5条が適用されることも早々と確認された。

インドネシア大使に起用された石井正文・前ベルギー大使は英シンクタンク、国際戦略研究所(IISS)で講演し「2030年以降、中国の国内総生産(GDP)はアメリカを追い越す。中・長期的にアメリカの絶対的な優位性が低下するのは避けられない」「そのため日米同盟を基軸に防衛協力を広げ、東アジアの安全保障を強化している。その方針はトランプ政権になっても不変だ」と話した。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

ニュース速報

ワールド

北朝鮮大使、米韓軍事演習続く限り交渉しないと言明

ビジネス

焦点:中国金融機関の外資規制緩和、早期活用は厳しい

ワールド

特別リポート:サウジ「王室分裂」の裏側、汚職口実に

ビジネス

中国人民銀、穏健で中立的な金融政策を維持へ=四半期

MAGAZINE

特集:ビットコイン 可能性と危険性

2017-11・21号(11/14発売)

高騰を続け、今や1000種類以上に増えた仮想通貨 未来を変え得る新技術のリスクとメリットを真剣に考える

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 4

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 5

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

  • 6

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 7

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と…

  • 8

    女性が怯えて生きるインドのおぞましい現実

  • 9

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 10

    絶滅したマンモスがクローンでよみがえる

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    「セックスしている子もいるけど私はしたくない」 アメリカの女子大生に浸透するパパ活とは

  • 4

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 5

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

  • 6

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 7

    体臭とセックスアピールの意外な関係

  • 8

    日中首脳会談、習近平はなぜ笑顔だったのか

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮の電磁パルス攻撃で「アメリカ国民90%死亡」――専門家が警告

  • 3

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    人はロボットともセックスしたい──報告書

  • 6

    北朝鮮経済の「心臓」を病んだ金正恩─電力不足で節約…

  • 7

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過…

  • 8

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料ま…

  • 9

    トランプは宣戦布告もせず北朝鮮を攻撃しかねない

  • 10

    北朝鮮危機「アメリカには安倍晋三が必要だ」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!