コラム

テロを呼びかけるイスラームのニセ宗教権威

2016年03月30日(水)11時34分
テロを呼びかけるイスラームのニセ宗教権威

イスラームの知識体系がデジタル化されたことで、サイバー空間上には、きちんとした宗教教育を受けていない者たちによる怪しげな宗教的言説が氾濫し、テロを使嗾している Mikko Lemola-iStock.

 4、5年前のことになるであろうか。サウジアラビア某省の顧問をやっていた、大ベテランのイスラーム法学者と議論する機会があった。何の議論をしたかというと、旧約聖書に登場する最初の人類であるアダムの身長についてである。何でそんな議論をしなければならないのか、その経緯にまで立ち入ることはできないが、そのときは、それが重要なテーマなのであった。

 イスラームの神学体系のなかでは、アダム(アラビア語ではアーダム)は最初の人類というだけでなく、最初の預言者(最後の預言者がムハンマド)でもあった。で、そのアダムの身長はいったいどれぐらいであったのか。イスラームの古典資料のなかでは、アダムの身長は60ジラーァだということでほぼ一致している。問題なのは、この「ジラーァ」が何センチなのかがはっきりわからないことだ。実はサウジのイスラーム法学者とはその議論をしたのである。

 アラビア語でジラーァとは本来、中指の先から肘までの部分を表し、ヨーロッパでの「キュビト」に相当する。日本語では「腕」にあたる。そのため「腕尺」とも呼ばれる。ジラーァを単位として用いる場合、当然、腕の長さが基準になるので、1ジラーァはだいたい50から60センチメートルということになる。

 つまり、アダムの身長はメートル法でいうと、30メートルから36メートルぐらいあったことになる。イスラーム神学ではアダムは巨人だったのである。ただし、イスラーム法学者との議論の中核は、アダムが巨人かどうかということではない。ジラーァが何センチなのかのほうである。

 わたしはあらかじめ、イスラーム研究者必携のWalther Hinz 1970. Islamische Masse und Gewichte: Umgerechnet Ins Metris, Leiden: E. J. Brillという、中東で用いられていた歴史的な度量衡を研究した「名著」で下調べしていたので、アダムの身長は約30メートルでまったく疑問も感じていなかったのだが、イスラーム法学者氏はいきなりアダムの身長は60メートルだといいだしたのである。つまり、1ジラーァは1メートルだというのだ。彼はその後、いろいろ典拠を挙げて、縷々説明してくれたのだが、こちらのアラビア語力では、イスラーム法の細かい議論についていけない(記憶があやふやなのだが、たしか腕を左右に水平に伸ばし、体の中心線から中指の先端までという説明だったと思う)。先方もそれを察したのか、やおらスマートフォンを持ち出し、いろいろ検索しはじめた。

 当時、イスラーム法学者氏は80歳近かったと思うが、充電器などで武装した、最新鋭のスマートフォンを駆使し、これこれこういう資料があると教えてくれた。ところが、その時点でこちらは、議論の中身よりも、この老学者がスマートフォンを自在に操っていることのほうが気になってしかたなくなっていたのだ(ハイテクの国からやってきた、こっちが型落ちのiPhoneしかもってないのに、という感情的な面も含めて)。

イスラームの知識体系は大半がデジタル化され、誰でも利用可能

 さて、これはけっしてサウジのお年寄りはハイテクを駆使して、若々しいという話ではない。実は現代イスラームの根源的な問題をも孕んでいるのである。この老法学者は、きちんとした宗教教育を受け、博士号ももっている大家であった。サウジの文脈でいうと、彼は、スマートフォンなどなくても必要な文献はだいたい頭のなかに入っているはずである。スマートフォンで検索したのは、筆者のような素人にテキストを見せるためにほかならない。

プロフィール

保坂修司

日本エネルギー経済研究所研究理事。
慶應義塾大学大学院修士課程修了(東洋史専攻)。在クウェート日本大使館・在サウジアラビア日本大使館専門調査員、中東調査会研究員、近畿大学教授等を経て、現職。早稲田大学客員教授を兼任。専門はペルシア湾岸地域近現代史、中東メディア論。主な著書に『乞食とイスラーム』(筑摩書房)、『新版 オサマ・ビンラディンの生涯と聖戦』(朝日新聞出版)、『サウジアラビア――変わりゆく石油王国』(岩波書店)、『イラク戦争と変貌する中東世界』『サイバー・イスラーム――越境する公共圏』(いずれも山川出版社)など。

ニュース速報

ワールド

米国、EUとの通商協定に引き続き最大努力=国務省

ビジネス

政府・日銀、市場安定へ2回目の緊急会合 首相「政策

ワールド

トルコ主要空港の自爆攻撃で36人死亡、首相「IS関

ビジネス

金融の状況、14年以降引き締まり 複数回の利上げに

MAGAZINE

特集:BREXITの衝撃

2016-7・ 4号(6/28発売)

世界を揺るがせたイギリス国民投票のEU離脱派勝利。リーマン危機級のパニックが再びグローバル経済を襲うのか

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム
  • ニュース速報
  1. 1

    もし第3次世界大戦が起こったら

  2. 2

    英キャメロン首相「EU離脱派6つのウソ」

  3. 3

    ハーバードが絶賛する「日本」を私たちはまだ知らない

  4. 4

    ISISが3500人のNY「市民殺害リスト」をアプリで公開

    無差別の市民を選び出し、身近な標的を殺せと支持…

  5. 5

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  6. 6

    財政赤字を本気で削減するとこうなる、弱者切り捨ての凄まじさ

  7. 7

    「国家崩壊」寸前、ベネズエラ国民を苦しめる社会主義の失敗

  8. 8

    Windows10の自動更新プログラム、アフリカのNGOを危険にさらす

  9. 9

    搾取されるK‐POPのアイドルたち

  10. 10

    コンビニATM14億円不正引き出し、管理甘い日本が狙われる

    アフリカ諸国、東欧、中東などでは不正分析ソフト…

  1. 1

    レイプ写真を綿々とシェアするデジタル・ネイティブ世代の闇

    ここ最近、読んでいるだけで、腹の底から怒りと…

  2. 2

    英国のEU離脱問題、ハッピーエンドは幻か

    欧州連合(EU)にさらに権限を委譲すべきだと答え…

  3. 3

    伊勢志摩サミットの「配偶者プログラム」はとにかく最悪

    <日本でサミットなどの国際会議が開催されるたび…

  4. 4

    嫌韓デモの現場で見た日本の底力

    今週のコラムニスト:レジス・アルノー 〔7月…

  5. 5

    日本で盛り上がる「反知性主義」論争への違和感

    日本で「反知性主義」という言葉が流行している…

  6. 6

    間違い電話でわかった借金大国の悲しい現実

    ニューヨークに住み始めた僕は、まず携帯電話を手…

  7. 7

    移民問題が「タブー」でなくなったわけ

    ここ数年、僕たちイギリスの国民は、一部の政治…

  8. 8

    【市場】いよいよ終わりの始まりが始まった

    いよいよ終わりの始まりが始まった。それは日銀のマ…

  9. 9

    中古ショップで見える「貧困」の真実

    時々僕は、自分が周りの人々とは違った経済的「…

  10. 10

    パックンが斬る、トランプ現象の行方【後編、パックン亡命のシナリオ】

    <【前編】はこちら> トランプ人気は否めない。…

  1. 1

    メルセデス・ベンツの長距離EV、10月に発表=ダイムラー

    ドイツの自動車大手ダイムラーは、メルセデス・…

  2. 2

    米フロリダ州の乱射で50人死亡、容疑者は警備最大手に勤務

    米フロリダ州オーランドの、同性愛者が集まるナ…

  3. 3

    英国のEU離脱派と残留派、なお拮抗=最新の世論調査

    11日に公表された世論調査によると、英国の欧…

  4. 4

    英EU離脱は連合王国のリスク、元首相2人が警告

    英元首相のトニー・ブレア氏とジョン・メージャ…

  5. 5

    ECBのマイナス金利、銀行に恩恵=コンスタンシオ副総裁

    欧州中央銀行(ECB)のコンスタンシオ副総裁…

  6. 6

    米国株式市場は続落、原油安と世界経済懸念が重し

    米国株式市場は2日続落で取引を終えた。原油が…

  7. 7

    NY市場サマリー(10日)

    <為替> 原油安や銀行株主導で世界的に株安が…

  8. 8

    焦点:タカタ再建、「ラザード」効果で進展か 車各社との調整に期待

    欠陥エアバッグ部品の大量リコール(回収・無償…

  9. 9

    インタビュー:世界的な低金利、エンダウメント型投資に勝機=UBSウェルス

    UBSウェルス・マネジメントのグローバルCI…

  10. 10

    英国民投票、「EU離脱」選択で何が起こるか

    欧州連合(EU)は6月23日の英国民投票を控…

定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
リクルート
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

パックン(パトリック・ハーラン)

モハメド・アリ、その「第三の顔」を語ろう