コラム

テロを呼びかけるイスラームのニセ宗教権威

2016年03月30日(水)11時34分
テロを呼びかけるイスラームのニセ宗教権威

イスラームの知識体系がデジタル化されたことで、サイバー空間上には、きちんとした宗教教育を受けていない者たちによる怪しげな宗教的言説が氾濫し、テロを使嗾している Mikko Lemola-iStock.

 4、5年前のことになるであろうか。サウジアラビア某省の顧問をやっていた、大ベテランのイスラーム法学者と議論する機会があった。何の議論をしたかというと、旧約聖書に登場する最初の人類であるアダムの身長についてである。何でそんな議論をしなければならないのか、その経緯にまで立ち入ることはできないが、そのときは、それが重要なテーマなのであった。

 イスラームの神学体系のなかでは、アダム(アラビア語ではアーダム)は最初の人類というだけでなく、最初の預言者(最後の預言者がムハンマド)でもあった。で、そのアダムの身長はいったいどれぐらいであったのか。イスラームの古典資料のなかでは、アダムの身長は60ジラーァだということでほぼ一致している。問題なのは、この「ジラーァ」が何センチなのかがはっきりわからないことだ。実はサウジのイスラーム法学者とはその議論をしたのである。

 アラビア語でジラーァとは本来、中指の先から肘までの部分を表し、ヨーロッパでの「キュビト」に相当する。日本語では「腕」にあたる。そのため「腕尺」とも呼ばれる。ジラーァを単位として用いる場合、当然、腕の長さが基準になるので、1ジラーァはだいたい50から60センチメートルということになる。

 つまり、アダムの身長はメートル法でいうと、30メートルから36メートルぐらいあったことになる。イスラーム神学ではアダムは巨人だったのである。ただし、イスラーム法学者との議論の中核は、アダムが巨人かどうかということではない。ジラーァが何センチなのかのほうである。

 わたしはあらかじめ、イスラーム研究者必携のWalther Hinz 1970. Islamische Masse und Gewichte: Umgerechnet Ins Metris, Leiden: E. J. Brillという、中東で用いられていた歴史的な度量衡を研究した「名著」で下調べしていたので、アダムの身長は約30メートルでまったく疑問も感じていなかったのだが、イスラーム法学者氏はいきなりアダムの身長は60メートルだといいだしたのである。つまり、1ジラーァは1メートルだというのだ。彼はその後、いろいろ典拠を挙げて、縷々説明してくれたのだが、こちらのアラビア語力では、イスラーム法の細かい議論についていけない(記憶があやふやなのだが、たしか腕を左右に水平に伸ばし、体の中心線から中指の先端までという説明だったと思う)。先方もそれを察したのか、やおらスマートフォンを持ち出し、いろいろ検索しはじめた。

 当時、イスラーム法学者氏は80歳近かったと思うが、充電器などで武装した、最新鋭のスマートフォンを駆使し、これこれこういう資料があると教えてくれた。ところが、その時点でこちらは、議論の中身よりも、この老学者がスマートフォンを自在に操っていることのほうが気になってしかたなくなっていたのだ(ハイテクの国からやってきた、こっちが型落ちのiPhoneしかもってないのに、という感情的な面も含めて)。

イスラームの知識体系は大半がデジタル化され、誰でも利用可能

 さて、これはけっしてサウジのお年寄りはハイテクを駆使して、若々しいという話ではない。実は現代イスラームの根源的な問題をも孕んでいるのである。この老法学者は、きちんとした宗教教育を受け、博士号ももっている大家であった。サウジの文脈でいうと、彼は、スマートフォンなどなくても必要な文献はだいたい頭のなかに入っているはずである。スマートフォンで検索したのは、筆者のような素人にテキストを見せるためにほかならない。

プロフィール

保坂修司

日本エネルギー経済研究所研究理事。
慶應義塾大学大学院修士課程修了(東洋史専攻)。在クウェート日本大使館・在サウジアラビア日本大使館専門調査員、中東調査会研究員、近畿大学教授等を経て、現職。早稲田大学客員教授を兼任。専門はペルシア湾岸地域近現代史、中東メディア論。主な著書に『乞食とイスラーム』(筑摩書房)、『新版 オサマ・ビンラディンの生涯と聖戦』(朝日新聞出版)、『サウジアラビア――変わりゆく石油王国』(岩波書店)、『イラク戦争と変貌する中東世界』『サイバー・イスラーム――越境する公共圏』(いずれも山川出版社)など。

ニュース速報

ビジネス

米国株式市場は反落、金融株の勢い止まる

ビジネス

ドル下落、雇用統計受け利上げペースに疑問=NY市場

ビジネス

トランプ氏が雇用創出諮問委、委員に米主要企業のトッ

ワールド

ロシアの原油生産が記録的水準、約束の減産控え

MAGAZINE

特集:トランプ時代の国際情勢

2016-12・ 6号(11/29発売)

トランプ次期米大統領が導く「新秩序」は世界を新たな繁栄に導くのか、混乱に陥れるのか

人気ランキング

  • 1

    内モンゴル自治区の民主化団体が東京で連帯組織を結成した理由

  • 2

    東京は泊まりやすい? 一番の不満は「値段」じゃなかった

  • 3

    プーチン年次教書「世界の中心で影響力」を発揮する

  • 4

    「3.9+5.1=9.0」が、どうして減点になるのか?

  • 5

    イギリス空軍、日本派遣の戦闘機を南シナ海へ 20年…

  • 6

    トランプの外交政策は孤立主義か拡張主義か

  • 7

    百田尚樹氏の発言は本当に”ヘイトスピーチ”なのか?…

  • 8

    イタリア政府、憲法改正国民投票を12月4日実施 首相…

  • 9

    新卒採用で人生が決まる、日本は「希望格差」の国

  • 10

    【動画】 ペットボトルを便利なヒモに変身させるカッ…

  • 1

    「3.9+5.1=9.0」が、どうして減点になるのか?

  • 2

    スラバヤ沖海戦で沈没の連合軍軍艦が消えた 海底から資源業者が勝手に回収か

  • 3

    悪名高き軍がミャンマーで復活

  • 4

    新卒採用で人生が決まる、日本は「希望格差」の国

  • 5

    トランプも南シナ海の「主導権」追求へ 中国政府系…

  • 6

    バルト3国発、第3次大戦を画策するプーチン──その時…

  • 7

    偽ニュース問題、米大統領選は始まりに過ぎない?

  • 8

    東京は泊まりやすい? 一番の不満は「値段」じゃな…

  • 9

    「ドイツ版CIA」の情報部員はISISのスパイだ…

  • 10

    イタリア政府、憲法改正国民投票を12月4日実施 首相…

  • 1

    トランプファミリーの異常な「セレブ」生活

  • 2

    68年ぶりの超特大スーパームーン、11月14日に:気になる大地震との関連性

  • 3

    「トランプ勝利」世界に広がる驚き、嘆き、叫び

  • 4

    注目は午前10時のフロリダ、米大統領選の結果は何時…

  • 5

    トランプに熱狂する白人労働階級「ヒルビリー」の真実

  • 6

    米大統領選、クリントンはまだ勝つ可能性がある──専…

  • 7

    トランプ勝利で日本はどうなる? 安保政策は発言通…

  • 8

    【敗戦の辞】トランプに完敗したメディアの「驕り」

  • 9

    まさかの逆転劇 トランプの支持率、クリントンを僅…

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「五輪に向けて…外国人の本音を聞く」
リクルート
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

『ハリー・ポッター』魔法と冒険の20年

絶賛発売中!