ニュース速報

ビジネス

NY市場サマリー(24日)

2016年03月25日(金)07時54分

[24日 ロイター] - <為替> ドルが小幅上昇した。ドルは5日続伸となったが、2月の米耐久財受注が低調だった影響や復活祭休日(グッドフライデー)を控えたポジション調整の動きから上値が重くなった。

ドル/円は一時、過去2週間近くで最大の上昇率を見せたものの、直近は0.4%高だった。ユーロ/ドルも8日ぶりの安値となる1.1144ドルまで下落する場面があったが、終盤は0.1%安の1.1155ドルに下げ渋った。

<債券> 国債利回りが上昇。連邦準備理事会(FRB)の利上げ時期を見極める流れが続いた。

指標10年債は8/32安。利回りは1.90%と前日の1.88%から上昇した。

原油安、株安などを受け、債券価格は当初上昇した。2月の米耐久財受注が減少したことを受け、利回りはこの日の低水準をつける場面もあった。

この日は薄商いで、取引は米東部夏時間午後2時(日本時間25日午前3時)で終了した。25日はグッドフライデーのため休場となる。

<株式> 終盤にかけて切り返し、主要株価指数はほぼ横ばいで終了した。週間ではこれまで5週連続で上昇していたが、ドル高を受けて商品関連株が売られたことから今週は下落に転じた。

金融のウェルズ・ファーゴは、UBSが「売り」の投資判断でカバーを開始したことを嫌気して下落。JPモルガン・チェース、シティグループも売られ、S&P金融株指数<.SPSY>は0.65%安とセクター別指数の中で最も大きく下げた。

半面、ヤフーは0.2%上昇。物言う株主として知られる米ヘッジファンドのスターボード・バリューはヤフーの全取締役の更迭を目指し委任状争奪戦を開始した。

<金先物> 手掛かり材料に乏しい中を続落した。中心限月4月物の清算値は前日比2.40ドル安の1オンス=1221.60ドル。翌25日はグッドフライデー(聖金曜日)に伴い休場となる。

外国為替市場ではドル高・ユーロ安基調が続き、ドル建てで取引される金相場は割高感から売られやすかった。ユーロがやや値を戻す場面では、金にも買い支えが入ったが上値は抑えられた。

<米原油先物> 需給不均衡への懸念などから売りが優勢となり、続落した。WTIの中心限月5月物の清算値は前日比0.33ドル安の1バレル=39.46ドル。6月物は0.24ドル安の40.63ドルとなった。

ロイター
Copyright (C) 2016 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

ECBは金融緩和継続すべき、解除は時期尚早=IMF

ビジネス

三菱自、4―6月期は営業益4.5倍、燃費不正の特損

ビジネス

焦点:新日銀委員が現行政策支持、注目されるボードの

ビジネス

日銀新委員は現行政策を評価、片岡氏「量のみ金利のみ

MAGAZINE

特集:「イスラム国」の子供たち

2017-8・ 1号(7/25発売)

過激なイデオロギーに感化された子供たちや帰還兵によってより潜在化するテロ組織ISISの恐怖

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 2

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあの2人

  • 3

    韓国でスープになる直前の犬を救出 ベトナムでは犬食が国際問題に!

  • 4

    シャーロット王女は「公務のプロ」 監視カメラが捉…

  • 5

    イバンカ・トランプ夫妻、「無給の政府職員」なのに3…

  • 6

    「日本に移民は不要、人口減少を恐れるな」水野和夫…

  • 7

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、…

  • 8

    「ジハードって楽しそうだ」ISIS崩壊後、洗脳された…

  • 9

    ウォンバットのうんちはなぜ四角いのか

  • 10

    食べつくされる「自撮りザル」、肉に飢えた地元民の…

  • 1

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 2

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 3

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあの2人

  • 4

    中国人の収入は日本人より多い? 月給だけでは見え…

  • 5

    北の最高指導者が暗殺されない理由

  • 6

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 7

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」…

  • 8

    アメックスから見た、日本人がクレジットカードを使…

  • 9

    シャーロット王女は「公務のプロ」 監視カメラが捉…

  • 10

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 1

    中国「三峡ダム」危機--最悪の場合、上海の都市機能が麻痺する

  • 2

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 3

    アメックスから見た、日本人がクレジットカードを使わない理由

  • 4

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」…

  • 5

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 6

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 7

    「地球の気温は250度まで上昇し硫酸の雨が降る」ホー…

  • 8

    中国人の収入は日本人より多い? 月給だけでは見え…

  • 9

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 10

    北の最高指導者が暗殺されない理由

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!