コラム

そういえば私は宗教二世だった

2023年12月13日(水)17時40分
世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の合同結婚式

宗教二世の山上被告が恨んでいたといわれる世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の合同結婚式(2020年2月、韓国) REUTERS/Heo Ran

<ある宗教の熱狂的な信者となった母のために地獄を味わった筆者が、洗脳を免れ、親子の縁も断絶するに至ったわけ>

安倍元総理を銃撃した犯人、山上徹也被告の初公判について種々の調整が行われているが、現段階では依然公判前の段階である。そういった中で、「宗教二世」という言葉がクローズアップされて久しいが、拘留中の山上被告のもとに、これら宗教二世からの手紙が複数届けられていることが、先般の報道によって明らかになった。

その子細な内容は判然としないものの、この事象から類推するに宗教二世とされる人々が、山上被告の暴挙の是非は置いておくとしても、少なくとも被告と似たような境遇として、共感や救いの思いを強く持っていることは想像に難くない。

翻って私は、そういえば宗教二世であった。


母の入信と同時に信徒に

私の母親が新興宗教団体Aの熱心な信者であったのである。この母の実子であり、長男でもあった私は、母の新興宗教団体Aへの入信と同時に、ほとんど自動的に信徒として計算されたのである(基本的に宗教団体は、世帯単位で信徒人口の計算をするものだ)。

これをしてよく考えれば、私は幼少時代から、母親が信仰する新興宗教団体A(以下、A教団)の立派な少年信者なのであった。加えて後述するように、私は母から、このA教団の題目唱和を強制され、A教団の本部・支部や関連施設(東京都など)に参拝することを永年、強制されていたのである。

その実態はなかなか壮絶であった。母は私に、毎日三回の題目唱和を義務づけた。私には7歳下の妹がいるが、幼少の妹にも同様の措置が取られた。父親は仕事の多忙を理由にそれを黙認していた。静止しても無駄だろうという諦観があったのであろう。当時北海道札幌市に住んでいた私は、A教団の地元支部に母をして何度もつれていかれた。まるで強制連行であった。その時のことは今でも鮮明に思い出す。

このA教団は、日蓮宗を母体とする法華系新宗教で、明治後期に創設されて戦中混乱期(政府による、仏教諸会派に対しての国家神道への恭順と統制などの政策)を経て、徐々に信徒を増やしながら現在に至っている。詳細は拙著『毒親と絶縁する』(集英社新書)に書いたが、かいつまんで言うとA教団の主要教義とは、鎌倉時代に支配階級に浸潤して『立正安国論』を説いた日蓮聖人への厚い信仰と、加えて先祖供養、題目(南無妙法蓮華経)の唱和などというものを核としていた。そして現代ではこの宗教団体は、いわゆる「日本会議」の加盟宗教団体ということになっているのである。

プロフィール

古谷経衡

(ふるや・つねひら)作家、評論家、愛猫家、ラブホテル評論家。1982年北海道生まれ。立命館大学文学部卒業。2014年よりNPO法人江東映像文化振興事業団理事長。2017年から社)日本ペンクラブ正会員。著書に『日本を蝕む極論の正体』『意識高い系の研究』『左翼も右翼もウソばかり』『女政治家の通信簿』『若者は本当に右傾化しているのか』『日本型リア充の研究』など。長編小説に『愛国商売』、新著に『敗軍の名将』

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

アングル:中国で安売り店が躍進、近づく「日本型デフ

ビジネス

NY外為市場=ユーロ/ドル、週間で2カ月ぶり大幅安

ワールド

仏大統領「深刻な局面」と警告、総選挙で極右勝利なら

ビジネス

米国株式市場=ナスダック5日連続で最高値更新、アド
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名が海水浴中に手足を失う重症【衝撃現場の動画付き】

  • 3

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 4

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 5

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 6

    国立新美術館『CLAMP展』 入場チケット5組10名様プレ…

  • 7

    「これが野生だ...」ワニがサメを捕食...カメラがと…

  • 8

    ウクライナ軍がロシアのSu-25戦闘機を撃墜...ドネツ…

  • 9

    この10年で日本人の生活苦はより深刻化している

  • 10

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 7

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 8

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 9

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃が妊娠発表後、初めて公の場…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間

  • 4

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 5

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開する…

  • 6

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story