コラム

安倍氏国葬、「献花に2万人超」は本当に「驚くほど多い」のか?

2022年09月29日(木)22時05分

「安倍元首相に弔意を表すため多くの日本国民が長蛇の列を作った」というのは本当か(9月27日、日本武道館) Issei Kato-REUTERS

<世論調査では国民のざっと6割が国葬に反対していたが、葬儀当日は2万5000人もの一般国民が献花に訪れた──政府はこれに誇らしげ、メディアや識者は「驚き」の体だったが、実はまったく大した数ではない>

一般献花に25,889人が訪れる

27日に執り行われた安倍元総理大臣の国葬における一般献花者の数は、28日午前の松野官房長官の会見によると「最終的に25,889人」だったと発表された。27日の速報値では23,000人程度とされたが最終的にはそれよりも約1割強増えた格好である。

これだけ多くの人々が長い列を作り、安倍元総理への弔意を示しているのは驚きである──。数キロにわたる東京都心部の献花者の行列を観て、多くのメディアや言論人が「驚き」のニュアンスを語った。海外メディアもこの行列を報じた。BBCは「国民の6割が(国葬に)反対しているが、ふたを開けると長蛇の列だったのは驚き」というニュアンスで報じた。

献花に2万人超という数字は本当に"驚くほど多い"と言えるのだろうか。結論から言えば私は、数えきれない政治集会に参加した経験から、この数字になんら驚きを感じない。行列も「驚くべき」長さであるとも思わない。かつて実行された保守系の集会は、ネット動画で告知しただけで東京に1万人超が集まり、27日と同じように都心部で長蛇の行進が生まれたからである。日本のみならず海外のメディアまでもが「健忘症」に陥ってしまったのだろうか。

むろん、国葬での一般献花は政治的意志を示すとは限らないし、献花者が必ずしも政治的に保守であり自民党支持層であるとも限らない。不幸にも選挙活動中に倒れた故人への純粋な弔意で訪れた人は少なくないであろう。しかし「安倍元総理のやることなすことすべてが気に食わない」という人は、原則的にこの献花の列に加わっていないと考えるのが自然である。

かつて1万人規模の催事は普通

今をさかのぼること2012年夏、電通とフジテレビが「偏向左翼メディア・企業」であると主張し、東京のお台場に10,000人を超える支持者が集まった。この集会は二つの民間政治団体が主にネット動画で呼び掛けたもので、周辺地区での行進も付帯した。これに呼応した人々の数は最終的に約11,000人~12,000人であった。

同年の冬、すなわち2012年11月には第二次安倍政権樹立を目指し、きたる同年12月16日の衆院選挙での自民党勝利を熱望した保守派の大集会が日比谷野音を貸切って行われた。この集会は銀座方面での行進をセットにしていたが、参加者は約8,000人(9,000人とも)だった。奇遇なことにこの集会には後に命を落とすことになる安倍氏が来賓挨拶し、スピーチを行っている(当時私も、安倍氏の後に登壇して演説した)。思えば歴史の皮肉ともいえよう。この呼びかけもネット動画が主であった。

プロフィール

古谷経衡

(ふるや・つねひら)作家、評論家、愛猫家、ラブホテル評論家。1982年北海道生まれ。立命館大学文学部卒業。2014年よりNPO法人江東映像文化振興事業団理事長。2017年から社)日本ペンクラブ正会員。著書に『日本を蝕む極論の正体』『意識高い系の研究』『左翼も右翼もウソばかり』『女政治家の通信簿』『若者は本当に右傾化しているのか』『日本型リア充の研究』など。長編小説に『愛国商売』、新著に『敗軍の名将』

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:メダリストも導入、広がる糖尿病用血糖モニ

ビジネス

アングル:中国で安売り店が躍進、近づく「日本型デフ

ビジネス

NY外為市場=ユーロ/ドル、週間で2カ月ぶり大幅安

ワールド

仏大統領「深刻な局面」と警告、総選挙で極右勝利なら
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「珍しい」とされる理由

  • 2

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 3

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開

  • 4

    米モデル、娘との水着ツーショット写真が「性的すぎ…

  • 5

    メーガン妃「ご愛用ブランド」がイギリス王室で愛さ…

  • 6

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 7

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 8

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 9

    ロシア軍の拠点に、ウクライナ軍FPVドローンが突入..…

  • 10

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃が妊娠発表後、初めて公の場…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story