コラム

白砂青松の海岸林よりも雑木林が津波に強い? 横国大が東日本大震災前後の航空・衛星写真を分析

2023年10月28日(土)09時40分
松林と海

1987年に「白砂青松100選」が選定されるなど、海岸のクロマツ林は日本の原風景として定着している(写真はイメージです) scott mirror-Shutterstock

<横浜国立大・佐々木雄大教授らの研究チームが、東日本大震災で津波被害を最も受けた宮城県の海外林を対象に、津波到達前後の航空・衛星写真を用いて、被害程度や樹木の分布状況を評価した>

海岸林(※海岸防災林、防潮林などとも呼ばれる)は、日頃の防風や防砂の機能だけでなく、津波や高潮の勢いを弱め、沿岸部の住宅や農地への侵入を防ぐ役割があることが知られています。とりわけ、約1万6000人の死亡者の9割が津波被害によるものだった2011年の東日本大震災を契機に、津波被害を最小限に抑える海岸林の樹木構成について注目されるようになりました。

海岸林は大きな津波の発生時に、流れに対する抵抗となって津波エネルギーを減衰させたり、船などの漂流物を押し留めたり、居住区域に津波が到達する時間を遅らせたり、津波にさらわれた人がすがりつく対象物になったりすることで、防災に貢献すると考えられています。一方、東日本大震災で起きたような巨大な津波では海岸林は無力であり、それどころか倒されたり切断されたりした樹木が新たな漂流物となってさらなる被害を生むという意見もあります。

どのようにしたら津波に強い、頑丈な海岸林を作れるのでしょうか。これまでの研究では、コンピューターのシミュレーション計算によって「単一種よりも複数の樹木を混交した海岸林のほうが、風や津波などの攪乱に対する脆弱性が低い(風や津波に対して頑丈)」と示されていましたが、実際に単植海岸林と混交海岸林との間で津波による被害程度を比較した研究はほとんどありませんでした。

横浜国立大学大学院環境情報研究院の佐々木雄大教授らの研究チームは、東日本大震災で起きた津波前後の海岸林を衛星写真や航空写真で評価しました。その結果、クロマツと広葉樹の混交海岸林はクロマツ単植海岸林よりも津波による樹木の減少割合が小さく、津波に対して頑丈である可能性が示唆されました。詳細は自然災害に関する学術誌「Natural Hazards」オンライン版に16日付で掲載されました。

日本では古来、海岸にクロマツが意図的に植えられて「白砂青松」の景勝地を作ってきました。海岸林は、本当は雑木林のほうがよいのでしょうか。日本の海岸林の歴史についても概観しましょう。

8世紀の書物に記録が

山が多く平地が少ない日本では、古くから人口が沿岸部に集中し産業が発達しました。けれど、自然災害の多い我が国では、台風による高潮や地震による津波によってしばしば大きな被害を受けました。

海岸近くの林が風や砂、波を防護する機能を持つことは、古くから経験的に知られていたようです。植林によって意図的に海岸防災林が作られた記録が書物に現れ始めたのは、8世紀頃です。常陸風土記(721年)によると、慶雲年代(704〜707)の若松浦の松原(茨城県神栖市)は、防砂機能のため伐採が禁じられていました。室町時代(14~16世紀)には、長崎や土佐にクロマツ林が植栽されたといいます。

プロフィール

茜 灯里

作家・科学ジャーナリスト/博士(理学)・獣医師。東京生まれ。東京大学理学部地球惑星物理学科、同農学部獣医学専修卒業、東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻博士課程修了。朝日新聞記者、大学教員などを経て第 24 回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。小説に『馬疫』(2021 年、光文社)、ノンフィクションに『地球にじいろ図鑑』(2023年、化学同人)、ニューズウィーク日本版ウェブの本連載をまとめた『ビジネス教養としての最新科学トピックス』(2023年、集英社インターナショナル)がある。分担執筆に『ニュートリノ』(2003 年、東京大学出版会)、『科学ジャーナリストの手法』(2007 年、化学同人)など。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:「もしトラ」に焦る米移民希望者、つけ込む

ワールド

アングル:海路で遭難する移民、ハイテク技術が命を救

ワールド

アングル:シンガポールのAI活用、焦点は日常生活の

ビジネス

アングル:中国「就職戦線」やや正常化、賃金は伸びず
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    アウディーイウカ近郊の「地雷原」に突っ込んだロシア装甲車2台...同時に地雷を踏んだ瞬間をウクライナが公開

  • 2

    ロシアの新兵器?UFO? ウクライナの戦場の上空に浮かぶ「謎の円盤」を、偵察ドローンが発見...映像を公開

  • 3

    独占インタビュー:師弟関係にあった佐渡裕が語る、「小澤先生が教えてくれたこと」

  • 4

    英王族にプライベートは許されない? 「ドタキャン」…

  • 5

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライ…

  • 6

    ロシア軍が戦場に乗り捨てた軍用車の「異形」...後ろ…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    バイオリンの巨匠、パールマンが語る小澤征爾との「…

  • 9

    NATO加盟を断念すれば領土はウクライナに返す──ロシ…

  • 10

    ロシア軍「Mi8ヘリコプター」にウクライナ軍HIMARSが…

  • 1

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 2

    アウディーイウカ近郊の「地雷原」に突っ込んだロシア装甲車2台...同時に地雷を踏んだ瞬間をウクライナが公開

  • 3

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 4

    ロシア兵と若者の衝突...帰還兵が路上で一方的に暴行…

  • 5

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライ…

  • 6

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 7

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 8

    もう取り返しがつかない?ロシアがウクライナ侵攻で…

  • 9

    在日外国人と日本社会の共生努力を後退させる右派の…

  • 10

    欧米はなぜもてはやすのか? 「ロシア反体制派のヒー…

  • 1

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 4

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 5

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 6

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 7

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    「こうした映像は史上初」 火炎放射器を搭載したウク…

  • 10

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story