譚璐美

(タン・ロミ)
作家。東京生まれ、慶應義塾大学卒業、ニューヨーク在住。日中近代史を主なテーマに、国際政治、経済、文化など幅広く執筆。著書に『中国共産党を作った13人』、『日中百年の群像 革命いまだ成らず』(ともに新潮社)、『中国共産党 葬られた歴史』(文春新書)、『江青に妬まれた女――ファーストレディ王光美の人生』(NHK出版)、『ザッツ・ア・グッド・クエッション!――日米中、笑う経済最前線』(日本経済新聞社)、その他多数。

中国

決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

2020.10.24
中国

世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

2020.10.24
中国ダムは時限爆弾なのか

その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

2020.10.07
中国

中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

2020.07.06
中国

天安門事件とライカ、中国人の「民度」を高めようとした魯迅

2019.04.26
終戦秘話

終戦の歴史に埋もれた2通の降伏文書

2018.09.06
中国

中国「三峡ダム」危機--最悪の場合、上海の都市機能が麻痺する

2017.07.03
北朝鮮

米中会談、アメリカの目的は中国の北朝鮮「裏の支援」断ち切り

2017.04.06
米政権

トランプの人種差別政策が日本に向けられる日

2017.01.31
米政治

ゴルフ場に墓石を使うトランプは中国と似ている

2016.11.25
歴史

20世紀前半、帝都東京は中国人の憧れの街だった

2016.09.20
歴史

9月2日も終戦記念日――今夏、真珠湾の記念館を訪れて

2016.09.03
中国

天安門事件から27年、品性なき国民性は変わらない

2016.06.03
中国

2000億ドルもの中国マネーがアメリカに消えた?

銀行口座の新規開設が難しいアメリカに、中国人が「口座開設ツアー」まで組んで続々と押しかけているのはなぜか 

2016.04.01
中台関係

だから台湾人は中国人と間違えられたくない

中国政府に「同胞」とみなされるからこそ、台湾人は冷遇され、逮捕・監禁や会社乗っ取りの憂き目に遭ってきた 

2016.02.09
ノーベル賞

それでも中国はノーベル賞受賞を喜ばない

100年前に魯迅は拒否し、今年は医学生理学賞の屠呦呦が批判にさらされる――ノーベル賞の理念とは無縁の国内事情 

2015.12.04
  • 1

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 2

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」が盗難

  • 3

    州兵たちの仕事は「愛国」を叫ぶ同胞たちから議事堂を守ること

  • 4

    入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知…

  • 5

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 6

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 7

    米司法省、議会襲撃めぐり地方政府当局者を逮捕 大統…

  • 8

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 9

    菅首相、1分に1回以上口にする「ある口癖」 言葉が心に…

  • 10

    米国務長官「武漢研究所の複数の研究員がコロナとも…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(英規制当局)

  • 4

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 5

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 6

    「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

  • 7

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 8

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 9

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 10

    議会乱入の暴徒が叫んでいた「ハング・ペンス(ペン…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 8

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 9

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

  • 10

    ジャック・マーは中国当局に「消された」のか? 中…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月