World Voice

powerd_by_nw

アルゼンチンと、タンゴな人々

西原なつき|アルゼンチン

法律を変えていくアルゼンチンの女性たちの強さ

(Photo: Agustina Girardo - Public Domain)

ラテン系の国々では、「素敵な女性がいたら、道端でも、知らない相手でも声を掛けない方がおかしい」と言われることがあります。
先日、南米数か国に滞在した後アルゼンチンに2年間住んでいた友人と話していた際、「アルゼンチンでは道端であまり声を掛けられない、その部分に関しては治安が良い気がする」という話になりました。


これは決して、アルゼンチンの男性が女性に興味がないわけではありません。
この、男性が路上などで通りすがりに見ず知らずの女性に声を掛けたり、じろじろと見るなどのセクハラのことを「ピロポ」と言うのですが、これを禁止する法律が近年施行されたからなのです。
以前は女性であれば誰でも経験があり、口笛を吹かれる・かわいいね、と声を掛けられるものから、もっと下品なもの、またアジア人女性には決まって「チニータ!(中国人ちゃん)」と声を掛けられたりなど、様々でした。
これらの迷惑行為の禁止は2016年にブエノスアイレス市で、2019年には国の法律として制定されました。友人同士でも、少し前は道を歩けば声が聞こえない日はなかったけれど、今はずいぶん減ったよね、という話になります。


ここ数年アルゼンチンでは、フェミニズム運動が盛り上がっています。私がこの国に住んでいる7年の間にも、ピロポ禁止だけでなく、様々な変化がありました。


一番大きく、待望の法改正であったのが昨年末の「人工妊娠中絶手術の合法化」です。アルゼンチンの多くの女性たちが歓喜に沸きました。
2020年の12月30日。12時間に及ぶ上院での議論の末、朝方4時頃、わずかな票差で合法化法案が可決されたのです。2005年から合法化への運動が続けられていた、アルゼンチンにとっての大きなテーマでした。
緑のハンカチをこの運動のシンボルとし、デモ活動以外でも女性たちは日頃から鞄や手首につけ、意思表示をしていました。(逆に、反対派は水色のハンカチがシンボルでしたが、ブエノスアイレスの街中で見かけることはあまりありませんでした。)

(この緑のハンカチには、Aborto legal, Seguro y Gratuito:中絶手術の安全と無償化を、の文字が入っています。)

カトリック教徒が多く、政治にも密に関わっている中南米諸国の中で、中絶手術が法で認められた国はアルゼンチンで4か国目です。貧困層を中心に危険な手術で命を落とす女性が絶えないことなどが大きな問題でした。アルゼンチン国内では中絶手術による死者は統計として発表されているだけでも毎年100人を超え、保健省によると年間平均46万件の違法手術が行われていたと言われています。実際はどちらももっと多いでしょう。
デモ活動のスローガンは「性教育は意思決定の為、避妊具は中絶をしない為、中絶手術は命を失わない為。」というものでした。

130695513_10164480245590117_2682762571379821608_o.png

こちらは最後の議会の直前から法案可決後によく出回っていたポスター。ハンガーのシンボルは1960年代後半からアメリカで使われていたもので、「危険な中絶手術に使われていた道具」を表しています。アルゼンチンでは未だにそのような方法での手術も行われていたそうです。ちなみに緑色はパセリを使って中絶できるというデマがあり、それにより敗血症でなくなった女性がいたことから来ています。


保守層の多い地方都市では、法案可決後に州単位で中絶を禁止する法を制定しようとしているというニュースが出たり、病院によっては中絶手術を拒否しているところもありますが、(法的には処罰の対象となります)今年1月に正式に施行され、女性たちの声が届いた歴史的な快挙となりました。


この中絶手術合法化運動だけではなく、2015年から始まったNi una menos(もうこれ以上、一人の女性も失わない)というDV撲滅運動、また女性の人権、男女雇用の平等を目指す活動も盛り上がっています。


Profile

著者プロフィール
西原なつき

バンドネオン奏者。"悪魔の楽器"と呼ばれるその独特の音色に、雷に打たれたような衝撃を受け22歳で楽器を始める。2年後の2014年よりブエノスアイレス在住。同市立タンゴ学校オーケストラを卒業後、タンゴショーや様々なプロジェクトでの演奏、また作編曲家としても活動する。現地でも珍しいバンドネオン弾き語りにも挑戦するなど、アルゼンチンタンゴの真髄に近づくべく、修行中。

Webサイト:Mi bandoneon y yo

Instagram :@natsuki_nishihara

Twitter:@bandoneona

Ranking

アクセスランキング

Twitter

ツイッター

Facebook

フェイスブック

Topics

お知らせ