最新記事
南ア

「マンデラの時代」に幕...1994年以来初の過半数割れ、ANCの「歴史的敗北」で南アはどうなる?

ANC Dominance Ends

2024年6月11日(火)16時57分
ノスモット・バダモシ
ラマポーザ大統領

敗北の責任を問われる可能性も出てきたラマポーザ大統領 ALET PRETORIUSーREUTERS

<5月末の総選挙で単独過半数を維持できなかった与党・アフリカ民族会議(ANC)。「誰とでも連立を組む用意がある」と語るが、野党との足並みは揃わない>

まずは予想どおりの展開だった。5月末の南アフリカ総選挙で、与党・アフリカ民族会議(ANC)は単独過半数を維持できなかった。全人種参加型の選挙が始まった1994年以来、初めてのことだ。

屈辱的な事態だが、前大統領ジェイコブ・ズマが半年前に立ち上げた新党・民族の槍(MK)に黒人票を食われた結果と言えよう。

ANCの得票率は公式発表で40.2%(前回2019年は57.5%)、獲得議席数は159(同230)にとどまり、国民議会(定数400)の過半数を初めて割り込んだ。

第2党は白人系で中道右派の民主同盟(DA)で、得票率21.8%(87議席)。ズマ新党のMKは14.6%(58議席)、やはりANC分派の経済自由の戦士(EFF)は9.5%(39議席)だった。

ANCのフィキレ・ムバルラ幹事長は6月2日の会見で、「確かに痛手だが、負けたわけではない」と主張し、今後は誰とでも連立を組む用意があると語った。

では、いかなる連立か。最も単純なのは第2党のDAと組むことだが、白人系のDAと組むことにはANC内部の反発が強い。一方のDA側も、雇用における黒人優遇措置の継続や公的医療保険の導入は受け入れ難い。

閣外協力で少数政権か

第4党で左派のEFFは、DAを少数派(白人)の味方と決め付けている。党首のジュリアス・マレマに言わせれば、もしもDAと連立を組めば南アフリカは「白人至上主義の天下」となり、ANCは「白人帝国主義の政策を推進する傀儡政権」に成り下がる。

ただし現実のDAは黒人や有色人種の一部からも支持されており、現に西ケープ州やその州都ケープタウンでは第1党として政権を担っている。またANCとの連立には前向きだが、MKやEFFの政権参加には拒否反応を示す。

そうなると、考えられるのはANCとDA、そしてクワズールー・ナタール州を地盤とするインカタ自由党(IFP)の連立だ。

なおEFFが政権に加われば中国やロシアの影響力が強まる可能性が高く、アメリカ政府は難色を示している。同党は主要産業の国営化や白人所有地の没収も主張しているからだ。

またMKは連立協議の前提として現職シリル・ラマポーザ大統領の辞任を要求しているが、ANCがこれに応じる可能性は低い。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ロ朝が包括戦略条約、有事に相互支援 プーチン氏24

ビジネス

英CPI、5月は3年ぶり2%目標回帰 基調圧力なお

ワールド

マレーシアと中国、経済協力協定更新 デジタル経済な

ワールド

イスラエル、戦争法規違反の可能性 国連が報告書
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...ウクライナがドローン「少なくとも70機」で集中攻撃【衛星画像】

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 6

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 7

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 8

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 9

    トランプ前大統領、選挙演説での「異様な容貌」に支…

  • 10

    SF映画の世界...サウジ皇太子が構想する直線型都市は…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 4

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中