最新記事
ネットで話題

ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

Las Vegas 'Aliens' Video: What We Know

2024年6月4日(火)13時00分
トム・ノートン
(写真はイメージです) Brian McMahon`-Unsplash

(写真はイメージです) Brian McMahon`-Unsplash

<昨年、ラスベガスの裏庭で目撃された2体の「宇宙人」とされる映像について、専門家が証拠の検証を呼びかけている>

ラスベガスの住宅の裏庭で昨年目撃された2体の「宇宙人」とされる映像をめぐり、専門家が写真解析や科学捜査のエキスパートに対し、証拠を検証してほしいと呼びかけている。

問題の動画は2023年6月にユーチューブに掲載された。報道によると、投稿したのはラスベガスに住む10代の少年エンジェル・ケンモア。同年5月に自宅の裏庭で遭遇した宇宙人を記録したと話している。報道を受けて動画は広く共有され、100万回以上も再生された。

【動画】ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

それからほぼ1年後。事件現場再現の専門家スコット・ロダーが、ケンモアの動画は本物だと視聴者に語り、その根拠とする主張への反論や反証を専門家に促した。

動画に映っていたもの

ケンモアが昨年投稿した動画は、初歩的なツールを使ってスローモーションで再生しても、簡単には見分けられない。ケンモアは、宇宙人との遭遇の前に緑色の光が空から降ってきたと証言。その場面と思われる光景を、警官のボディカメラがとらえていた。

当時16歳だったケンモアは、動画の中で「裏庭で唯一見えたのは、身長がだいたい8~10フィートくらいの背が高くてすごく細い生き物だった。お父さんを呼ぶと、彼も裏庭に出てきて同じものを見た。僕が見たのと同じ生き物だった」と語っている。

「お父さんは家に入りなさいと僕に言った。この時には全員が、僕も家族も震え上がっていた。これがその時の映像で、僕たちは裏庭にいた。見てほしい。カメラではあまりよく見えないけれど、確かにそこにいる」

ケンモアによると、宇宙人は「長身のひょろ長い生き物」で、「灰色の緑がかった色」をしていた。「奇妙な足、大きな顔と目、大きな口が見えて、大きくて深い呼吸音が聞こえた。おなかが動くのが見えた」という。

本誌は2023年6月にこのニュースを伝えていた。一家は警察に行き、自分たちが見たというものを説明しようとした。家族の1人は「大きな生き物、身長10フィート」と表現している。

ラスベガス警察の警官が、明るい光を同僚が目撃したと伝えたところ、一家4人のうち2人が夜空に同じものを見たと証言した。

ボディカメラの映像に映った警官は、夜空で異常に明るい光が見えなかったかとドライバーに尋ね、「本当に馬鹿みたいな質問」に聞こえるが、と付け加えていた。

ラスベガスのテレビ局KLASによると、警察の捜査でも真相を突き止めることはできず、この2つの出来事が関係しているのかどうかも分からなかった。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

イスラエルに安全な場所ない、本格戦争勃発なら=ヒズ

ワールド

英世界遺産「ストーンヘンジ」にオレンジ色のペンキ、

ワールド

ウクライナGDP、1─5月は前年比4.3%増 5月

ワールド

南アのラマポーザ大統領、2期目就任
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 3

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が苦言...相変わらず「しつけが悪い」?

  • 4

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 5

    トランプ前大統領、選挙演説での「異様な容貌」に支…

  • 6

    SF映画の世界...サウジ皇太子が構想する直線型都市は…

  • 7

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 8

    今回の東京都知事選を「イロモノ」の祭典にしないた…

  • 9

    なぜガザの停戦案はまとまらないのか?「イスラエル…

  • 10

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 6

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 7

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 8

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 9

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 10

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 3

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間

  • 4

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 5

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中