最新記事
イスラエル制裁

ネタニヤフ、アメリカとも対決姿勢──ユダヤ教超正統派大隊「ネツァ・イェフダ」制裁で

Netanyahu's Outraged Response After Report of Pending US Sanctions on IDF

2024年4月22日(月)15時49分
マウラ・ズーリック

創設25周年を迎えた迎えたネツァ・イェフダのカンファレンス(4月)  All Israel News/YouTube

<パレスチナ人の人道状況に配慮せよとイスラエルに言い続けてきたアメリカ政府が、ついに、イスラエル国防軍のなかでも最も暴力的といわれる部隊に制裁を科す意向と伝えられた。イスラエルのネタニヤフ首相は激怒している>

アメリカがイスラエル国防軍(IDF)の一部隊に対する制裁を予定していると報じられたことを受け、イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相は、アメリカの姿勢を非難する声明を発表した。

【動画】創設25周年を迎えたネツァ・イェフダ

イスラエル国防軍によるガザ地区への攻撃で民間人の死者が増加し、世界中で抗議行動が起きている。ジョー・バイデン大統領をはじめアメリカの高官たちも、イスラエルに対する批判を強めている。

 

ヨルダン川西岸地区で活動するイスラエル軍部隊がパレスチナ人に人権侵害行為を行った可能性があるとして、米国務省がこの部隊を米軍の支援対象から外すよう勧告したことも報じられている。4月19日にイタリアで開かれた記者会見で、この件について質問されたアントニー・ブリンケン国務長官は、ブリンケンは報道を即座には認めなかったが、結果は「近いうちに」出ると述べた。

アメリカと長年の同盟国イスラエルとの関係に、摩擦が生じている。さらに、ニュースサイト、アクシオスによる20日の報道によると、ブリンケンは数日以内に人権侵害の疑いでイスラエル国防軍の超正統派ユダヤ教徒の集まりである「ネツァ・イェフダ」大隊に対する制裁を発表する見込みだという。

「制裁は不条理の極み」

アクシオスの記事が発表された直後、ネタニヤフはX(旧ツイッター)への投稿で、イスラエル国防軍に制裁を科す動きを非難した。

「イスラエル国防軍に制裁を課してはならない。ここ数週間、私はアメリカ政府高官との対話を含め、イスラエル国民への制裁発動に反対してきた。わが国の兵士がテロの怪物と戦っているときに、イスラエル国防軍の一部に制裁を科そうとするなど、不条理の極みであり、道徳的な堕落を意味する。私が率いる政府は、このような動きに対してあらゆる手段で抵抗する」とネタニヤフは書いている。

イスラエルの戦時内閣の閣僚で、長年野党を率いてきたベニー・ガンツも、20日夕方、Xに投稿し、この部隊に対する制裁の可能性を批判した。

ガンツは 、ネツァ・イェフダ大隊を「イスラエル国防軍の不可分の一部」とし、この部隊は軍法と国際法に従うと述べた。

「イスラエルには、国防軍の命令や行動規範に対する違反や逸脱の主張を綿密に評価する強力で独立した司法制度がある」と、ガンツは投稿で主張した。「アメリカの友人には非常に感謝しているが、国防軍の部隊とその兵士に制裁を科すという決定は危険な前例となり、戦争の最中に、共通の敵に誤ったメッセージを伝えることになる。私はこの決定を覆すために行動するつもりだ」

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

米住宅価格指数、3月は前年比6.7%上昇 前月比で

ビジネス

米CB消費者信頼感、5月は102.0 インフレ懸念

ビジネス

アクティビスト投資家エリオット、米TIへの25億ド

ワールド

EU、ウクライナ国内での部隊訓練を議論 共通の見解
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:イラン大統領墜落死の衝撃
特集:イラン大統領墜落死の衝撃
2024年6月 4日号(5/28発売)

強硬派・ライシ大統領の突然の死はイスラム神権政治と中東の戦争をこう変える

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    中国海軍「ドローン専用空母」が革命的すぎる...ゲームチェンジャーに?

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    メキシコに巨大な「緑の渦」が出現、その正体は?

  • 4

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 5

    汎用AIが特化型モデルを不要に=サム・アルトマン氏…

  • 6

    プーチンの天然ガス戦略が裏目で売り先が枯渇! 欧…

  • 7

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 8

    なぜ「クアッド」はグダグダになってしまったのか?

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    コンテナ船の衝突と橋の崩落から2カ月、米ボルティモ…

  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 5

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 6

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 7

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 8

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 9

    中国海軍「ドローン専用空母」が革命的すぎる...ゲー…

  • 10

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などできない理由

  • 4

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 5

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 6

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 8

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 9

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

  • 10

    どの顔が好き? 「パートナーに求める性格」が分かる…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中