最新記事
中東

「ラファ侵攻」を巡りアメリカとイスラエルの対立が激化、ネタニヤフが同盟国より優先するものとは?

Politics Over Peace

2024年4月2日(火)19時13分
フレッド・カプラン(スレート誌コラムニスト)
バイデンに喧嘩を売るネタニヤフの頭の中

昨年10月18日、イスラエルを訪れたバイデン(左)はネタニヤフに支援を約束したが GPOーANADOLU/GETTY IMAGES

<ガザの「即時停戦」を求める安保理決議に同盟国アメリカは拒否権を行使せず、棄権。悪化するアメリカとイスラエルの関係には、実はもう一つの劇的出来事があった>

アメリカとイスラエルの関係は史上最低の水準に冷え込んでいる。主な理由は、ベンヤミン・ネタニヤフ首相がパレスチナ自治区ガザでの戦争に対する強硬な姿勢を一歩たりとも、レトリック上でさえ、変えようとしないことだ。

そして、その理由はネタニヤフが国内で一握りの極右政治家に依存しているため。彼らの支持を失えば政権は崩壊するだろう。選挙になればネタニヤフが率いるリクード党はほぼ間違いなく敗北し、過去28年のうち通算17年にわたって就いてきた首相の座から追われることになる。

要するに、ネタニヤフはイスラエルにとって最も重要な同盟国との健全な関係よりも、国際社会におけるイスラエルの評判よりも、自身の政治生命を優先しているのだ。


しかし3月25日、2つの劇的な出来事が、なんと同じ日に起きた。

1つ目は、国連安全保障理事会でガザの「即時停戦」を求める決議案に、アメリカが拒否権を行使せずに棄権したことだ。

アメリカがイスラエルを批判する決議案に拒否権を行使してイスラエルを守るという常套手段を使わなかったのは、今回が初めてではない。

リチャード・ニクソンからバラク・オバマまで全ての大統領が少なくとも1回は(ロナルド・レーガンは7回も)、入植地の拡大やレバノン侵攻、パレスチナ人殺害の容認などの犯罪や不正行為について、イスラエルを非難する決議で棄権している。

それでもジョー・バイデン米大統領がここ数カ月で3回、同様の決議案に拒否権の行使を指示したことを考えれば、今回の棄権は異例だった。

2つ目の出来事は、アメリカが拒否権を行使しなかったことに反発して、ネタニヤフが政府代表団の訪米を中止したことだ(米政府高官は27日に、イスラエル側と日程の再調整を行うと表明した)。

ネタニヤフは5人の上級顧問をワシントンに派遣して、ガザ南部のラファにとどまっているハマスの指導部を、大規模な地上攻撃を行わずに根絶やしにする方法を話し合う予定だった。

ジェイク・サリバン米国家安全保障担当大統領補佐官はイスラエルに、ハマス殲滅という戦略目標を実現するための、より破壊的ではない方法を議論するように呼びかけていた。

つまり、ネタニヤフはアメリカの同盟国がほとんどやったことのない方法で、大統領と国家安全保障担当補佐官のメンツをつぶしたのだ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

フォード、第2四半期利益が予想上回る ハイブリッド

ビジネス

NY外為市場=ドル一時155円台前半、介入の兆候を

ワールド

英独首脳、自走砲の共同開発で合意 ウクライナ支援に

ビジネス

米国株式市場=S&P上昇、好業績に期待 利回り上昇
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した日本アニメ30
特集:世界が愛した日本アニメ30
2024年4月30日/2024年5月 7日号(4/23発売)

『AKIRA』からジブリ、『鬼滅の刃』まで、日本アニメは今や世界でより消費されている

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 2

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴らす「おばけタンパク質」の正体とは?

  • 3

    「誹謗中傷のビジネス化」に歯止めをかけた、北村紗衣氏への名誉棄損に対する賠償命令

  • 4

    心を穏やかに保つ禅の教え 「世界が尊敬する日本人100…

  • 5

    マイナス金利の解除でも、円安が止まらない「当然」…

  • 6

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 7

    ケイティ・ペリーの「尻がまる見え」ドレスに批判殺…

  • 8

    ワニが16歳少年を襲い殺害...遺体発見の「おぞましい…

  • 9

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 10

    イランのイスラエル攻撃でアラブ諸国がまさかのイス…

  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価」されていると言える理由

  • 3

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた「身体改造」の実態...出土した「遺骨」で初の発見

  • 4

    「世界中の全機が要注意」...ボーイング内部告発者の…

  • 5

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ…

  • 6

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴…

  • 7

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士…

  • 8

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 9

    「たった1日で1年分」の異常豪雨...「砂漠の地」ドバ…

  • 10

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 10

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中