最新記事
ウクライナ戦争

ロシア兵と若者の衝突...帰還兵が路上で一方的に暴行される

Video Shows Drunk Russian Soldier Knocked Out by 'Disrespectful' Youth

2024年2月28日(水)13時50分
イザベル・ファン・ブリューゲン
(写真はイメージです) OlegDoroshin-Shutterstock

(写真はイメージです) OlegDoroshin-Shutterstock

<SNSで話題の動画、酔ったロシア兵と若者の衝突を捉える。ウクライナ戦争帰還兵が路上で若者に暴行される様子が映し出されている>

酔った様子のロシア人男性と若者が路上で口論になり、乱闘に発展する動画がSNSに出回っている。ウクライナ戦争で従軍したというロシア兵は、若者に一方的に殴られていた。

【動画】ロシア兵と若者の衝突...帰還兵が路上で一方的に暴行される

動画はロシアとウクライナの戦争に関する情報を英語に翻訳する独立メディア「WarTranslated」がX(旧ツイッター)に投稿したものだ。

動画が撮影された日時や場所は不明。本誌は動画の信憑性を確認できておらず、ロシア外務省にコメントを求めている。

ウクライナの前線からロシアに帰還した兵士が暴行されたという報告は後を絶たない。1月にはロシアの捜査委員会が、同国南部チェリャビンスクで大晦日の日にロシア兵に暴行したとされる3人を、「フーリガン行為」で立件すると発表した。チェリャビンスクはカザフスタンとの国境のすぐ北側に位置する。

今回の動画では、ロシア兵が若い男性を相手に、自分はウクライナから「帰還した」ばかりだと話しかけていた。

聞きたくないと言い返した若者に対し、ロシア兵は「無礼」だと詰め寄る。「我々がお前らのために戦っているのに、お前は無礼すぎる」

若者は「オレが無礼だと?」と応じ、店内で自分を侮辱した理由を兵士に問いただして「勝手にやってろ」と言い放った。

「我々がお前のために戦っているのに、『勝手にやってろ』だと? お前みたいなヤツのために戦っているのに?」と言い返す兵士。若者が兵士にパンチを浴びせたのはその時だった。

よろめいた兵士を若者がもう1発殴ってのけぞらせ、フラフラになったところでヘッドロックをかけて地面に投げ飛ばした。続いてカメラがとらえた兵士の知人と思われる男性は、「オレは関係ない、オレは関係ない」と逃げ腰の様子だ。

ロシア兵は立ち上がったものの、再び若者に暴行されて地面に転倒。若者が怒鳴って兵士を蹴る場面の後、動画は途切れた。

WarTranslatedのドミートリーは、動画についてこうコメントしている。「ロシアで酔った『SMOの兵役経験者』が店で誰彼構わず話しかけようとして相手を侮辱した。だが思った通りにはいかなかった。まさにその『SMO』のように」。ロシア政府はウクライナの戦争を「特別軍事作戦(SMO)」と称している。

(翻訳:鈴木聖子)

20240423issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2024年4月23日号(4月16日発売)は「老人極貧社会 韓国」特集。老人貧困率は先進国最悪。過酷バイトに食料配給……繫栄から取り残され困窮する高齢者は日本の未来の姿

※バックナンバーが読み放題となる定期購読はこちら


今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

仏ロレアル、第1四半期売上高は9.4%増 予想上回

ワールド

独財務相、ブラジルのG20超富裕層課税案に反対の意

ビジネス

日経平均は反落で寄り付く、米金利上昇で 半導体関連

ビジネス

FRB当局者、利下げ急がない方向で一致 インフレ鈍
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の衝撃...米女優の過激衣装に「冗談でもあり得ない」と怒りの声

  • 3

    止まらぬ金価格の史上最高値の裏側に「中国のドル離れ」外貨準備のうち、金が約4%を占める

  • 4

    価値は疑わしくコストは膨大...偉大なるリニア計画っ…

  • 5

    中ロ「無限の協力関係」のウラで、中国の密かな侵略…

  • 6

    「イスラエルに300発撃って戦果はほぼゼロ」をイラン…

  • 7

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ…

  • 8

    中国のロシア専門家が「それでも最後はロシアが負け…

  • 9

    休日に全く食事を取らない(取れない)人が過去25年…

  • 10

    ヨルダン王女、イランの無人機5機を撃墜して人類への…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 3

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 4

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 5

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 6

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 7

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 8

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無…

  • 9

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 10

    ハリー・ポッター原作者ローリング、「許すとは限ら…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中