最新記事
ペット

愛猫がべったりとくっついて離れない...問題を抱えている? 8つの対処法を紹介

IF A CAT IS CLINGY

2023年11月7日(火)13時30分
ルーシー・ノタラントニーオ(ライフスタイル担当)
退屈さや不安を取り除きつつ獣医に診察してもらうのも大事なこと JAROMIR CHALABALA/SHUTTERSTOCK

退屈さや不安を取り除きつつ獣医に診察してもらうのも大事なこと JAROMIR CHALABALA/SHUTTERSTOCK

<猫は自立心が強い生き物だが、「分離不安」を患うと飼い主にくっついて回る>

猫からたっぷり愛情を受けたいと、どの飼い主も望むかもしれない。だが多くの場合、甘えん坊の猫は何か問題を抱えている可能性がある。

猫が飼い主にべったりとくっついて離れないのには、本当はどのような意味があるのか、本誌は2人の動物行動学者に話を聞いた。

くっついて回る猫が必ずしも悪いということではない。飼い主が一日中仕事していれば気を引きたくもなるかもしれないし、おなかがすいてご飯をねだっているのかもしれない。

一方で、動物行動学者のパウラ・スチュワートは、くっついて離れない行動は「分離不安」を示している可能性があると言う。「飼い主をたくさん追いかけ、足元に入り込んだり、どこかへ行こうとするとそばから離れない場合は、分離不安を患っている可能性がある」とロンドンのアニマル・タレント・エージェンシーのディレクターでもあるスチュワートは語る。「心当たりがあるのなら、手始めに加工されていないヘルシーな食事を与えてみるといい。栄養は行動に大きく影響し得るから」

2020年のある研究では、猫の13%に分離不安に関する問題の兆候が示された。科学誌PLOS ONEに掲載されたこの調査結果は、ブラジルのジュイスジフォーラ連邦大学の科学者らが130人の飼い主に223匹の猫についてアンケートし、その分析から導き出したものだ。

調査の結果、遊べるおもちゃがなかったり、家に他のペットがいないことが、行動上の問題に関連していることも明らかになった。

また、猫が飼い主に付きまとう他の理由として、単なる退屈さもあるかもしれない。イギリスを拠点とする猫の保護団体キャッツ・プロテクションの行動マネジャー、ニッキー・トレボロウは、十分な刺激を受けていない猫は飼い主の後をついて回る可能性があると指摘する。

「猫は非常に自立心が強いことが多いが、飼い主と強い絆がある場合、単にそばにいて飼い主のすることが知りたいから後を追いかけている可能性がある」と、トレボロウは言う。「追いかけてくる別の理由は、空腹でご飯が欲しいと思っているから。特に、いつもの食事時間の直前や一般的に最も活動的になる夜明けや夕暮れ時に起こりやすい」

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

北朝鮮製武器輸送したロシア船、中国の港に停泊 衛星

ビジネス

大和証G、1―3月期経常利益は84%増 「4月も順

ビジネス

ソフトバンク、9月末の株主対象に株式10分割 株主

ビジネス

ゴールドマン・サックス証券、持田前社長の後任に居松
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した日本アニメ30
特集:世界が愛した日本アニメ30
2024年4月30日/2024年5月 7日号(4/23発売)

『AKIRA』からジブリ、『鬼滅の刃』まで、日本アニメは今や世界でより消費されている

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 2

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴らす「おばけタンパク質」の正体とは?

  • 3

    「誹謗中傷のビジネス化」に歯止めをかけた、北村紗衣氏への名誉棄損に対する賠償命令

  • 4

    心を穏やかに保つ禅の教え 「世界が尊敬する日本人100…

  • 5

    マイナス金利の解除でも、円安が止まらない「当然」…

  • 6

    ワニが16歳少年を襲い殺害...遺体発見の「おぞましい…

  • 7

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 8

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 9

    中国のロシア専門家が「それでも最後はロシアが負け…

  • 10

    ケイティ・ペリーの「尻がまる見え」ドレスに批判殺…

  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価」されていると言える理由

  • 3

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 4

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 5

    「世界中の全機が要注意」...ボーイング内部告発者の…

  • 6

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴…

  • 7

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ…

  • 8

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 9

    「たった1日で1年分」の異常豪雨...「砂漠の地」ドバ…

  • 10

    「誹謗中傷のビジネス化」に歯止めをかけた、北村紗…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 10

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中