最新記事

俳優

シュワルツェネッガー、住民のため道路の穴を自腹で修復するも「まさか」の大失敗

Arnold Schwarzenegger's 'Giant Pothole' Good Deed Backfires

2023年4月15日(土)16時09分
シャノン・パワー
アーノルド・シュワルツェネッガー

アーノルド・シュワルツェネッガー(2023年1月) Steve Marcus-Reuters

<周辺住民たちを困らせていた道路の穴を、DIYで見事に塞いで見せたシュワルツェネッガー。だがこの「善行」は裏目に出てしまった>

俳優で元カリフォルニア州知事のアーノルド・シュワルツェネッガー(75)が、ロサンゼルスの自宅近くの道路にできた大きな穴を、自らアスファルトで埋める動画をソーシャルメディアに投稿した。見事な手際と丁寧な仕事ぶりで完璧に道路を修復してみせたシュワルツェネッガーだったが、残念ながらこの「善行」は裏目に出る結果となってしまった。

■【動画】プロ並みの完璧さが裏目に...DIYで見事に「穴」を塞いだシュワルツェネッガー

シュワルツェネッガーは、何週間も前から車や自転車の利用者から苦情が出ていたというブレントウッド地区の道路の穴を、自らの手で直すことにした。彼が投稿した動画には、スタッフと共にアスファルトで穴を埋めている様子が映されている。

車で通りがかった地元の女性が、停車して感謝を伝えると、シュワルツェネッガーは「これはおかしい。3週間もこの穴が塞がるのを待っていたんだ」と答えた。

シュワルツェネッガーは動画のキャプションで、「何週間も前からこの巨大な穴のせいで車や自転車がダメになり、近所中が困っていたが、今日、私はチームと共にそれを直した。文句を言うのではなく何とかしようと、私は常に言ってきた。これがそうだ」と述べた。

ところがこの「穴」、実は地元のガス会社「南カリフォルニア・ガス(SoCal Gas)」が、事前に許可を受けた工事を行うために作った溝だったことがわかった。工事は5月末までに完了する予定だったという。

「穴ではない」とLA市が説明

ロサンゼルス市の広報担当者は、地元メディアのNBCロサンゼルスに対し、「これは道路にできた穴ではない。SoCal Gasが許可を得て行っている、進行中の工事に関連する溝で、工事は5月末までに完了する見込みだ」と説明した。

また、「市内の道路に影響を与える同様のプロジェクトと同じように、SoCal Gasは、工事終了後に現場の補修が求められる」と述べた。市の公共事業局がこの溝の修復を行ったかどうかは明らかになっていない。

ロサンゼルスのカレン・バス市長は先週、冬の嵐でできた道路の穴1万9000個の補修に取り組んでいることを市民に報告していた。

市長は6日の会見で、「市職員は最大限の努力をし、報告されたすべての穴に対処するだけでなく、積極的に取り組む。市内のすべての地区を車で走り、道路の状況を把握し、正しい方法で被害を特定し、修復する」と述べていた。


【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

ソフトバンクG出資の印オヨ、再度IPO撤回 債務借

ワールド

ノルウェーなど3カ国、パレスチナ国家承認 イスラエ

ワールド

米、パレスチナ国家の一方的承認に否定的 直接交渉を

ワールド

指名争い撤退のヘイリー氏、トランプ氏に投票と表明
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結果を発表

  • 2

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決するとき

  • 3

    「目を閉じれば雨の音...」テントにたかる「害虫」の大群、キャンパーが撮影した「トラウマ映像」にネット戦慄

  • 4

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 5

    高速鉄道熱に沸くアメリカ、先行する中国を追う──新…

  • 6

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 7

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 8

    魔法の薬の「実験体」にされた子供たち...今も解決し…

  • 9

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 10

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 5

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 6

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 7

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 8

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 9

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『…

  • 10

    「まるでロイヤルツアー」...メーガン妃とヘンリー王…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中