最新記事

日韓関係

元徴用工問題、「歴史問題は地雷畑、ユン大統領が無事帰還できるのか」と韓国の反応

2023年3月18日(土)10時45分
佐々木和義

「元徴用工」第三者弁済をめぐって、韓国内で賛否両論の声が上がっている...... Jung Yeon-Je/REUTERS

<いわゆる徴用工問題の第三者弁済を巡って、韓国内で賛否両論の声が上がっている......>

日韓の懸案となっている元労働者、いわゆる徴用工問題を巡って韓国の朴振(パク・ジン)外交部長官が3月6日、大法院が日本企業に支払いを命じた賠償金と遅延利息を政府傘下の「日帝強制動員被害者支援財団」が第三者弁済すると発表し、韓国内で賛否両論の声が上がっている。

最高裁に相当する韓国大法院は文在寅政権下の2018年、新日本製鐵(現・日本製鉄)と三菱重工に対し賠償金の支払いを命じる判決を下した。裁判を機に両国の対立が深まり、国交正常化後、最悪の日韓関係を導いた。

第三者弁済に対して、いわゆる徴用工裁判で勝訴した原告15人のうち4人の遺族が同意すると述べ、3人の元労働者が反対を表明しているという。尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領は今回の決定を大統領選で公約に掲げた日韓関係の改善を実行するものだと話している。

世論調査会社の韓国ギャロップが行ったアンケート調査で、回答者の59%が政府の弁済案に反対、賛成は35%だった。リアルメーターが行った調査でも57.9%が否定的で、良い決定だとする回答は37.8%にとどまっている。一方、日韓関係の改善が必要という回答はギャラップの調査では31%にとどまるが、リアルメーターの調査では67%となっている。

野党代表は、「事実上の対日降伏文書」だと批判

最大野党「共に民主党」の李在明代表は3月8日の党最高委員会議で「(第三者弁済は)事実上の対日降伏文書」だと批判した。「日本にとって最大の勝利であり、韓国にとっては最悪の屈辱だ」と述べ、「(尹政権は)親日売国政権と言われても返す言葉がない」と指摘した。

市民団体「歴史正義と平和な韓日関係のための共同行動(韓日歴史正義平和行動)」も集会を開いて「政府が『植民支配は違法』という憲法の根本的な秩序を損ねた。日本が反省をしているなら謝罪して韓国大法院の判決に従うべきだ」と主張した。

大韓弁護士協会も反対を表明する。日本の反省と賠償への参加に向けた方策が抜け落ちており「深く憂慮する」という声明を出し、革新系弁護士団体、民主社会のための弁護士会も「日本の政府と戦犯企業は謝罪も賠償をしていない。決して同意できない」と批判した。

メディアでは、ハンギョレが「降伏外交」と論じて、歴史を後退させた最悪の解決策と批判している。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

米国株式市場=上昇、主要企業の決算発表控え

ワールド

米の「二重基準」を否定、国務長官 イスラエルの人権

ビジネス

NY外為市場=ドル一時154.85円、34年ぶり高

ビジネス

ホンダ、加オンタリオ州に数十億ドル規模のEV製造設
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した日本アニメ30
特集:世界が愛した日本アニメ30
2024年4月30日/2024年5月 7日号(4/23発売)

『AKIRA』からジブリ、『鬼滅の刃』まで、日本アニメは今や世界でより消費されている

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ公式」とは?...順番に当てはめるだけで論理的な文章に

  • 2

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 3

    「世界中の全機が要注意」...ボーイング内部告発者の「爆弾発言」が怖すぎる

  • 4

    冥王星の地表にある「巨大なハート」...科学者を悩ま…

  • 5

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 6

    「たった1日で1年分」の異常豪雨...「砂漠の地」ドバ…

  • 7

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 8

    米セレブの「恥ずかしい肉体」をさらす際どいビキニ…

  • 9

    ネット時代の子供の間で広がっている「ポップコーン…

  • 10

    低すぎる出生率で迷走...中国政府は「中絶禁止」に向…

  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた「身体改造」の実態...出土した「遺骨」で初の発見

  • 3

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ公式」とは?...順番に当てはめるだけで論理的な文章に

  • 4

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 5

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の…

  • 6

    ダイヤモンドバックスの試合中、自席の前を横切る子…

  • 7

    価値は疑わしくコストは膨大...偉大なるリニア計画っ…

  • 8

    止まらぬ金価格の史上最高値の裏側に「中国のドル離…

  • 9

    中ロ「無限の協力関係」のウラで、中国の密かな侵略…

  • 10

    中国のロシア専門家が「それでも最後はロシアが負け…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    「誰かが嘘をついている」――米メディアは大谷翔平の…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中