最新記事

ウクライナ情勢

「プーチンが冬を武器として利用」──NATOが批判する理由

2022年12月5日(月)13時12分
エイミー・マッキノン(フォーリン・ポリシー誌記者)

厳しい冬を敵に回すか味方にするかが、戦況の大きなカギを握りそうだ/BAZ RATNER-REUTERS

<ロシアとウクライナに「冬将軍」がやって来る。過去数カ月はウクライナ軍が戦場で攻勢をかけ、東部の広大な土地をロシア軍から奪還してきたが、厳しい冬の到来により戦闘はペースダウンしそうだ>

歴史を振り返ると、いてつく冬は、たびたびロシアにとって強力な援軍になってきた。過去に「冬将軍」がナポレオンやヒトラーの部隊の進軍を阻んだことは、よく知られている。しかし、今回の戦争でロシア軍が対峙している相手は、この土地の冬を知り尽くしているウクライナ軍だ。

専門家の見方によると、今回の戦争で、冬の気候はロシアとウクライナの双方に、別々の理由で恩恵と試練の両方をもたらす可能性が高い。

兵站の面では、欧米の支援を受けてきたウクライナ軍のほうが厳しい冬に対処しやすいだろう。対するロシア軍は、この戦争が始まった頃から兵站の面で苦労してきた。

もっとも、ウクライナ軍もさらなる攻勢をかけることは難しくなるだろう。木の葉がなくなって隊列が丸見えになり、しかも地面がぬかるむことの影響で、道路上を進軍せざるを得なくなるためだ。

「冬の間は、一部の作戦が減速する可能性が高い。その間、双方ともあまり大きな動きは見せないかもしれない」と、米国家安全保障会議(NSC)のジョン・カービー戦略広報調整官は述べている。

ただし、冬の間にも状況は変化する。毎年2月頃にはひときわ厳しい冬が訪れて、地面が硬くなる。その結果、来年の早い時期には大規模な軍事作戦が可能になるかもしれない。「全般的にその状況を追い風にしやすいのは、ロシアよりウクライナだろう」と、アメリカン・エンタープライズ研究所のフレデリック・ケーガン上級研究員は言う。

一方、ロシア軍は防衛ラインを固める構えを見せ始めている。商業衛星の画像によると、ロシア側は各地に塹壕と対戦車防御施設の建設を進めている。「こうした動きにより、ウクライナ軍がロシア軍を攻めることは次第に難しくなるだろう」と、ランド研究所のダラ・マシコ上級政策研究員は指摘する。

長期の戦闘で激しいダメージを被っているロシアにとって、守りを固めて、冬を利用して時間を稼ぎ、その間に態勢を立て直そうとするのは、当然の戦略と言えるだろう。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

日経平均は小反発スタート、利益確定売り重しにマイナ

ビジネス

米ベッド・バス、株式発行で2.25億ドル調達 今後

ワールド

独蘭デンマーク、ウクライナに戦車「レオパルト1」1

ワールド

韓国経常収支、12月は黒字に転じる

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:南進する中国

2023年2月14日号(2/ 7発売)

南太平洋諸国に外交攻勢をかけカネをばらまく中国の狙いはシーレーン確保だけではない

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク、ワーストはソマリア...日本は?

  • 2

    DHCと虎ノ門ニュースが残した厄介な「右派市場」

  • 3

    ベルギーの倉庫に眠るドイツ製戦車「レオパルト2」の旧型も、いざウクライナへ?

  • 4

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 5

    カンガルーに影響されすぎたヤギに「歩き方がおかし…

  • 6

    キャサリン妃が初めて着用──メーガン妃「最後の公務…

  • 7

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 8

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 9

    ワグネル創設者プリゴジン、バフムトでの苦戦を認める

  • 10

    「完璧なマナー」「一流」 ウィリアム皇太子、メーガ…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 3

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 4

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

  • 5

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 6

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク…

  • 7

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた…

  • 8

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうや…

  • 9

    ベルギーの倉庫に眠るドイツ製戦車「レオパルト2」の…

  • 10

    ワグネル創設者プリゴジン、バフムトでの苦戦を認める

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 4

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 8

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 9

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年2月
  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月