最新記事

自動車

水とCO2から作る──ポルシェがこだわり抜いた合成燃料、試験生産が始まる

What is eFuel? Porsche Uses Water, Wind And CO2 To Power Vehicles Kai Pfaffenbach-REUTERS

2022年12月22日(木)19時00分
フランキー・ネグロン

eフューエルはCO2を排出するが、もともと大気中から取り出したものなので実質排出量はゼロだ Kai Pfaffenbach-REUTERS

<エンジン車と既存の給油施設が使えるCO2排出実質ゼロのeフューエルでEVを補完する技術を目指す>

独自動車大手フォルクスワーゲン・グループ傘下のポルシェは、チリのパイロットプラントで夢の合成燃料「eフューエル」の試験的な生産を開始。近々、自社のレーシングカーでその性能をテストする。

ポルシェは、フォルクスワーゲンが推進する電気自動車(EV)開発を補完する技術として、環境に優しい合成燃料の開発を進めてきた。

同社はこの路線をeモビリティ(EV化)とeフューエルの「2つのe」を追求する「ダブルeパス」と命名。エンジン車のためのカーボンニュートラルな代替燃料であるeフューエルの開発・実用化を通じて、新たな合成燃料産業を創出する構想をぶち上げてきた。

eフューエルの試験生産が始まったチリのハル・オニ工場は、ゆくゆくは施設を拡張して本格的な操業に移行し、2020年代末には年間約5億5000万リットルのeフューエルを生産する計画だ。

eフューエルは、水を電気分解して作ったグリーン水素と大気中から分離したCO2で合成メタノールを作り、それをさらに加工した燃料で、ガソリン車とディーゼル車に使用できる。燃やせばCO2が発生するが、このCO2は元々大気中から取り込んだものなので、CO2排出量は実質ゼロとなる。また製造工程で使用される電力は、全て風力と太陽光発電で賄われる。

「エンジン存続」のパイオニアに

12月20日にハル・オニ工場の開所式に出席したポルシェの取締役(購買担当)のバーバラ・フレンケルは、EVを補完する技術としての合成燃料開発にかける自社の並々ならぬ意欲を語った。

「eフューエルの使用でCO2排出量を削減できる。交通部門全体を俯瞰するなら、合成燃料の大規模生産を世界中で推進する必要性があるのは明らかだ。eフューエルの試験生産で、わが社はこの分野の先陣を切る」

チリ最南端の港湾都市プンタアレナスにあるハル・オニ工場の開所式には、チリのディエゴ・パルドウ・エネルギー相も駆けつけた。フランケルと同じくポルシェの取締役のミヒャエル・シュタイナーが、この工場で初めて合成されたeフューエルをポルシェ911の燃料タンクに入れるセレモニーを行った。

シュタイナーとフランケルによると、チリは風力・太陽光発電の実績があり、独エネルギー企業シーメンス・エナジーの既存の輸送施設も使えることから、プラント建設に最適だったという。チリの事業会社ハイリー・イノベーティブ・フューエルズ(HIF)に加え、シーメンスとエクソンモービルもこのプロジェクトに参加している。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

北朝鮮、米国によるウ軍への戦車供与非難 「ロと同じ

ワールド

イスラエルのユダヤ教礼拝施設で銃撃、7人死亡

ビジネス

NY外為市場=ドル対ユーロで小幅高、米経済指標受け

ワールド

アングル:印首都で石炭使用禁止、バイオマス移行迫ら

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:実録 中国海外警察

2023年1月31日号(1/24発売)

他国の主権を無視し現地の民主派を取り締まる中国「海外110」の驚くべき実態を暴く

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前とここまで酷似する不気味な符合

  • 3

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を嗅いだ子犬、臭すぎてえずく

  • 4

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 7

    米ロの主力戦車「エイブラムス」と「T90」の性能を比…

  • 8

    かつてはオバマ夫妻と「同列」だったヘンリー&メー…

  • 9

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 10

    「子供に興奮する変態」と批判され...「肉体は8歳」…

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    「この年齢の子にさせる格好じゃない」 米セレブ娘の「肌見せすぎ」ファッションに批判

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 7

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 8

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前…

  • 9

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を…

  • 10

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 3

    飼い主が目を離した隙にハンバーガーを食べ、しらを切る犬の表情がこちら

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 8

    現役医師が断言「血液型と性格は関係ないし、自分の血…

  • 9

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

  • 10

    「バンコクのゴミ捨て場で育った......」 ミス・ユ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月