最新記事

ワクチン

英政府が妊娠・授乳中のワクチン「推奨せず」とのツイート氾濫...真偽をファクトチェック

Has Advice On Pfizer Vaccine Use During Pregnancy Changed?

2022年9月3日(土)20時05分
トム・ノートン

米ペンシルベニア州で新型コロナウイルスのワクチン接種を受ける妊娠中の女性(2021年2月) Hannah Beier-Reuters

<英政府のウェブページのものとしてワクチン接種を「推奨しない」との画像が貼り付けられたツイートが拡散されているが、事実はどうなのかを検証>

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)はすでに、アメリカ人の間で大きな問題ではなくなりつつあるのかもしれない。だが一方で、ワクチンに関する誤った情報はオンラインを席巻し続けている。なかでも人々を惑わせている「言説」の1つに、「妊娠中や授乳中の人のワクチン接種をイギリス政府が推奨しなくなった」というものがある。これは本当なのか?

■【写真】拡散されているワクチン反対派のツイートが引用するウェブページの画像

最近では、ワクチン懐疑派がジョー・バイデン米大統領の感染に乗じ、ウイルスやワクチン接種について誤解を招くような主張を展開している。また政府が公開した情報を、文脈を無視して引用するといった使い古された手法が、ワクチンの安全性について人々を惑わせるために今も使われている。

8月、イギリス政府がファイザー製ワクチンを妊娠中や授乳中に使うことを推奨しなくなったとするツイートが複数投稿された。この主張はアメリカでも、米総合格闘家ジェイク・シールズらによって共有され、拡散されている。

では実際のところはどうなのか。英医薬品医療製品規制庁(MHRA)は、米疾病予防管理センター(CDC)と同様に、承認したすべてのワクチンの安全性プロフィールを定期的に更新し、アドバイスを提供しており、ウェブサイトで確認できる

MHRAが妊娠中や授乳中の女性に対して言っていること

本記事の執筆時点では、MHRAは妊娠中や授乳中の女性に対し、ファイザー製ワクチンの使用を控えるよう勧告して「いない」。

MHRAのウェブサイトには、次のように書かれている。「現時点では、授乳中のCOVID-19ワクチン接種が、母乳で育てられている子供に害を与える、あるいは、授乳の能力に影響を及ぼすという証拠は存在しない」

また「COVID-19ワクチンは、生きたウイルスを含まない不活性ワクチンであり、授乳中の不活性ワクチン接種に関連した既知のリスクは存在しない」とあり、「英政府の諮問機関であるワクチン・予防接種合同委員会(JCVI)は現在、授乳中の母親は、年齢に応じて適切なCOVID-19ワクチンを提供されるべきと助言している」と、ウェブサイトには書かれている。

MHRAはさらに、次のように続けている。「ファイザー/ビオンテック製COVID-19ワクチンとモデルナ製COVID-19ワクチンの製品情報は、安全性データを反映すべく更新されてきており、妊娠中も使用可能であることが示されている」

「推奨しなくなった」とする側の一連のツイートで言及されていた「更新」は、MHRAのアドバイスの一部ではない。2020年以降更新されていない、政府の別のウェブページから引用した情報であり、文脈を無視して紹介されている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ファイザー、FDAにオミクロン用ワクチンの5‐11

ビジネス

韓国財閥ハンファ、大宇造船に14億ドル投資へ

ワールド

ロシア当局に拘束された日本領事、既に解放と政府関係

ビジネス

米、航空券の価格と手数料の一体表示ルール提案

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 2

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 3

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 4

    米NY最小!? 家賃650ドルのアパートにネット驚愕...日…

  • 5

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 6

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 7

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 8

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 9

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 10

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 9

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 8

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

  • 9

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 10

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月