最新記事

野生動物

木によじ登るクマ、ワシの巣からヒナを連れ去る

2022年7月20日(水)12時40分
若道いつき

(写真はイメージです) BEAR:ChristinaPrinn-iStock, EAGLE:BrianEKushner-iStock

<ハクトウワシは周囲を飛び回り、必死に阻止を試みたが......>

先週水曜、樹上に築かれたワシの巣を大きなクマが襲う衝撃的な映像がTikTok上に公開され、ユーザーたちを戦慄させた。

カナダ・サスカチュワン州北部で釣り旅行をしていたヒューデック(@adamjhudec)が撮影した動画は、(20日の時点で)3500件以上のコメントを集めている。

最上部にあるハクトウワシの巣を目指してアメリカクロクマが大木をよじ登る間、親ワシとみられる成鳥が周囲を飛び回って注意をそらそうとしているのが分かる。しかし、クマは動じず、ついには巣に到達。ワシの子を捕まえて木を下り、森の中へと消えて行った。

ワシは世界最大級の鳥類で頂点捕食者だ。丈夫な脚、強力な爪、大きな鉤状のくちばしを持ち、翼は広げると2.5メートルにも及ぶ。

肉や魚を主食とし、食物連鎖の頂点に立つワシが他の動物に狙われることは少ないが、それでも危険な目に遭うこともある。一羽でいる幼鳥や弱った成鳥がクマやオオカミ、ライオン、ワニ、カラスといった外敵に襲われるのだ。

今回脅威となったアメリカクロクマは北米の森林に生息し、木登りを得意とする。山や沼地でも見られる。ベリー類や木の根、サーモンに加えてシカなどの動物も捕食する雑食性だ。

動画を視聴したあるユーザーのジョークは、多くの視聴者の疑問を代弁している。

「ワシがヒナを連れて飛んでいかないのが不思議。絶対できたのに。親とクマはグルだったのでは」

また、別のユーザーは「見ていて悲しいけど、すごいビデオだ」と感想を述べた。

【衝撃映像】クマがワシの子を拉致する瞬間

20230131issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2023年1月31日号(1月24日発売)は「実録 中国海外警察」特集。他国の主権を無視し現地の民主派を取り締まる中国「海外110番」の驚くべき実態

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

米、ヨルダン川西岸の衝突を懸念 鎮静化呼びかけ

ワールド

「非友好的」外国人投資家、ロシア債投げ売り強いられ

ワールド

イスラエル、ガザ攻撃 ヨルダン川西岸衝突で対立再燃

ワールド

ロシア、ラトビア大使に国外退去要請

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:実録 中国海外警察

2023年1月31日号(1/24発売)

他国の主権を無視し現地の民主派を取り締まる中国「海外110」の驚くべき実態を暴く

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前とここまで酷似する不気味な符合

  • 3

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家族に届ける「噛まれた跡はない」

  • 4

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    かつてはオバマ夫妻と「同列」だったヘンリー&メー…

  • 7

    米ロの主力戦車「エイブラムス」と「T90」の性能を比…

  • 8

    「この年齢の子にさせる格好じゃない」 米セレブ娘の…

  • 9

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 10

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 3

    「この年齢の子にさせる格好じゃない」 米セレブ娘の「肌見せすぎ」ファッションに批判

  • 4

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前…

  • 7

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 8

    ドイツの最強戦車「レオパルト2」を大量供与しなけれ…

  • 9

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を…

  • 10

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 3

    飼い主が目を離した隙にハンバーガーを食べ、しらを切る犬の表情がこちら

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    現役医師が断言「血液型と性格は関係ないし、自分の血…

  • 8

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

  • 9

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 10

    「バンコクのゴミ捨て場で育った......」 ミス・ユ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月