注目のキーワード

最新記事

ウクライナ情勢

プーチンが招いた兵力「不均衡」...だからエリート「空挺部隊」は作戦失敗を連発した

Putin's Elite Soldiers Getting Wiped Out as Russia Makes Mistakes—U.K.

2022年5月27日(金)17時55分
ブレンダン・コール

訓練中に輸送機に乗り込むロシア空挺部隊の兵士たち(2021年4月) REUTERS/Stringer

<プロの契約軍人を集めたエリート部隊のはずが、なぜウクライナでは多数の死傷者を出すばかりで結果を残せずにいるのか>

ロシア軍が誇るエリート部隊である「空挺部隊(VDV)」が、ウクライナへの侵攻において幾つものミスを犯したことは、ウラジーミル・プーチン大統領による軍への投資がいかに「全体的な能力の不均衡を招いた」かを示している──英国防省がこう指摘した。

英国防省の当局者たちは、定例の最新状況分析の中で、VDVはウクライナでの戦闘が始まって以降、「幾つもの重要な戦術上の失敗」に関与してきたと論じている。

彼らはたとえば、3月にホストメル空港から首都キーウ(キエフ)への進軍を試みたものの、あえなく失敗。4月以降、北東部ハルキウ州のイジュームでの戦況はこう着状態にあり、東部ドンバス地域ではドネツ川の横断に失敗した。

4万5000人が所属するVDVは、その多くがプロの契約軍人で構成されるエリート部隊で、最も高い能力を求められる作戦に割り当てられる。だが今回のウクライナ侵攻では、より重装備の機甲歩兵部隊の方が適している任務に割り当てられるケースが多いせいもあり、多数の死傷者を出している。

英国防省の当局者たちは、この「ちぐはぐな業績」は「ロシアがVDVの戦略的運用を誤ったことと、制空権を取れなかったこと」の結果だとした。

精密誘導兵器の不足に警鐘も

彼らは、「VDVの誤用」の状況を見れば、いかに「プーチンによる過去15年間の軍への大規模な投資が、全体的な能力の不均衡につながっているか」が分かると指摘。ロシアがウクライナ側の抵抗を予測できなかったことと「侵攻後のロシア軍司令官たちの慢心」が、エリート部隊であるVDVに「多数の死傷者を出す」結果を招いたと述べた。

一方で、米シンクタンク「軍事研究所(IWS)」では、ロシア軍の各部隊がウクライナのインフラ攻撃に航空機を使っているのは、「高精度の兵器が不足しつつある」からだと分析している。

IWSは最新の状況分析の中で、高精度の兵器が不足しつつあることから、ロシア軍の各部隊は「重要インフラを攻撃するその他の方法を模索しており、攻撃を支援するのに航空機の使用を増やしている」という、ウクライナの一般幕僚の見解を引用。この見解は、制裁によって精密誘導兵器の補充がますます難しくなっているために、ロシア軍が「ダムボム(無誘導の自由落下型爆弾)」に頼るようになっているという、西側の複数の当局者からの報告とも一致していると述べた。

この精密誘導兵器の不足が「重要な民間のインフラへの無差別攻撃の増加」を招く可能性が高いと、IWSは警告している。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米国株式市場=下落、FOMC議事要旨受け不安定な動

ワールド

ウクライナ東部ハリコフ住居地区にロ軍の砲撃、6人死

ビジネス

6月の米自動車走行距離、前年比1.7%減 高ガソリ

ビジネス

今後も利上げ継続、ペースが落ちる可能性=FOMC議

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:報じられないウクライナ戦争

2022年8月23日号(8/17発売)

450万人の子供難民危機と「人間の盾」疑惑 ── ウクライナ戦争の伝えられない側面

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    日本の郊外にあふれる「タダ同然の住宅地」 無責任な開発が生んだ「限界分譲地」問題とは

  • 2

    【映像】幻覚作用のある「マッドハニー」で酩酊するヒグマ

  • 3

    激変する「成績が良い」の基準──世界に遅れていた日本の初等中等教育が変わる

  • 4

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 5

    それでも中国は「脅し」しかできない...どうしても台…

  • 6

    【動画】Face IDが認識できなかった顔の男

  • 7

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 8

    幻覚作用のあるハチミツの食べ過ぎでクマがキマって…

  • 9

    ベラルーシのロシア軍に大規模なミサイル攻撃の兆候

  • 10

    【動画】ロシア軍も押し返すハイマースのすべて

  • 1

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 2

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 3

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 4

    日本の郊外にあふれる「タダ同然の住宅地」 無責任な…

  • 5

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 6

    【映像】幻覚作用のある「マッドハニー」で酩酊する…

  • 7

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 8

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 9

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 10

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチ…

  • 9

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 10

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月