最新記事

動物

動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出すべく人間に助けを乞う

2022年5月18日(水)21時05分
若道いつき

Storyful Viral-YouTube

<苦しむアンテロープを気にかけながら、人間に助けを呼びかけたゾウに拍手喝采>

プールに落ちたアンテロープの危機を飼育員に訴え、救出に貢献したゾウの行動が世界を驚かせている。

先月29日、グアテマラのラ・アウロラ動物園でマリア・ディアスが撮影した映像には、囲いの中にあるプールの周りでそわそわするアジアゾウの姿が映っている。ゾウは溺れかけたアンテロープを助けてもらうべく(トランペットのような音を立てて)鳴き続け、「こっちこっち!」と必死に知らせているように見える。

囲いの中にいた飼育員の男性が呼びかけに応じ、プールに飛び込んだ。男性はアンテロープを抱き上げ、そこから出られるように補助する。アンテロープは何度か這い上がるのに失敗した後、無事脱出に成功。すぐさま元気に跳ね回って見せた。撮影していたディアスは「ブラボー」と叫び、様子を見守っていた周囲の人々からも拍手が沸き起こった。

ゾウは複雑な感情を持つ共感性の高い動物として知られている。他の動物を窮地から救うゾウの姿が目撃されたのは、今回が初めてではない。

救出劇を紹介したディアスは、フェイスブックの投稿で「ゾウは必死に警告しているように見え、飛び込んだ飼育員も勇敢だった」と述べた。

動物園は「トロンピタ」という名のこのゾウにスイカやニンジン、ピーナッツを与え、プールに飛び込んだ職員には報奨金を授与したと地元メディアのグアテマラ・ドットコムは報じている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

任天堂株が8%超安、営業利益見通し下方修正を嫌気

ワールド

ロ軍死者が1日で最多1000人超、ウクライナ発表 

ビジネス

独VW、昨年は増収増益 供給網混乱がキャッシュフロ

ビジネス

銀行・信金の貸出平残、1月は+3.1% M&Aや原

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:南進する中国

2023年2月14日号(2/ 7発売)

南太平洋諸国に外交攻勢をかけカネをばらまく中国の狙いはシーレーン確保だけではない

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク、ワーストはソマリア...日本は?

  • 2

    DHCと虎ノ門ニュースが残した厄介な「右派市場」

  • 3

    ベルギーの倉庫に眠るドイツ製戦車「レオパルト2」の旧型も、いざウクライナへ?

  • 4

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 5

    カンガルーに影響されすぎたヤギに「歩き方がおかし…

  • 6

    キャサリン妃が初めて着用──メーガン妃「最後の公務…

  • 7

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 8

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 9

    ワグネル創設者プリゴジン、バフムトでの苦戦を認める

  • 10

    「完璧なマナー」「一流」 ウィリアム皇太子、メーガ…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 3

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 4

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

  • 5

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 6

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク…

  • 7

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた…

  • 8

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうや…

  • 9

    ベルギーの倉庫に眠るドイツ製戦車「レオパルト2」の…

  • 10

    ワグネル創設者プリゴジン、バフムトでの苦戦を認める

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 4

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 8

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 9

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年2月
  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月