注目のキーワード

最新記事

新型コロナウイルス

金正恩を襲う「新型コロナ疑い」100万人超と飢饉のジレンマ

North Korea May Be Trapped Between Famine and Plague

2022年5月17日(火)19時09分
アンキット・パンダ(全米科学者連盟フェロー)

マスクをして平壌の薬局を視察する金正恩(5月15日) KCNA/REUTERS

<感染疑いの「発熱者」は100万人。しかし「田植え」を休めば飢饉の恐れ>

北朝鮮は2020年1月、当時中国で流行が始まっていた新型コロナウイルスを警戒して国境を封鎖した。与党・朝鮮労働党の機関紙である労働新聞は、ウイルスの流入を防ぐことは「国家の存亡にかかわる」問題だと危機感をあらわにした。

その後、新型コロナウイルスは世界中を駆け巡ったものの、北朝鮮は「感染者ゼロ」と主張してきた。中国共産党の例にならい、朝鮮労働党も国境を封鎖することで「ゼロコロナ政策」を追求する道を選んだ。中国と異なるのは、越境禁止を破った者は「銃撃」するなど、より強硬なことだ。

その北朝鮮が5月12日、国内で新型コロナの感染者が確認されたと公表した。感染者からはオミクロン株の亜種「BA.2」が検出されたという。北朝鮮では新型コロナウイルスワクチンを接種したことが分かっている市民は一人もいない。市民が各変異株に対する自然免疫を獲得している可能性もきわめて低い。

ウイルスと食糧不足

国営メディアは初の感染者確認からわずか数日で、累計100万人以上の「発熱者」が出ていることを認めた。北朝鮮では新型コロナの検査体制が不十分なため、「発熱」イコール「感染疑い」とされている。感染拡大の中心地である首都の平壌では、4月25日に過去最大規模の軍事パレードが開催されていた。感染を認めた5月12日には、最高指導者である金正恩総書記がマスクをつけている映像が、初めて国営メディアで放送された。

4月に朝鮮労働党のトップ就任から10年を祝ったばかりの金正恩にとって、国内でオミクロン株とその亜種の感染が確認されたことは、深刻な脅威だ。それでも新型コロナウイルスは、北朝鮮が現在直面している数々の難題の一つにすぎない。

北朝鮮は再び、飢饉の瀬戸際に立たされている可能性がある。金正恩は2022年1月1日の演説の中で、核兵器やミサイルではなく、農業生産高の重要性を強調した。北朝鮮にとって食糧不足はこれが初めてではない。だが広範な食糧不足と深刻な呼吸器疾患を引き起こすウイルスの組み合わせは恐るべき問題であり、ウイルス拡散をいかに抑止するかが、金正恩体制にとって大きな課題となりそうだ。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ウクライナ軍、東部の要衝セベロドネツクから撤退指示

ワールド

再送-オスロのナイトクラブで発砲、2人死亡14人負

ワールド

焦点:中南米に左派政権次々、コロナとインフレ契機

ワールド

焦点:中国の大学新卒者、空前の就職難 ゼロコロナが

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:沖縄の論点

2022年6月28日号(6/21発売)

「本土復帰50年」を迎えた、オキナワの語られていない語られるべき問題

人気ランキング

  • 1

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベットとの対面時間を制限した訳

  • 2

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 3

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから逃れる

  • 4

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 5

    「あの」河瀬直美監督とは思えない繊細さでマイノリ…

  • 6

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のた…

  • 7

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    今度の参議院選挙で審判を受けるのはむしろ「野党」

  • 10

    女性の耳から小さなカニ、ピンセットで摘出される動…

  • 1

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と王室記者...メーガン妃は反対か

  • 2

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 3

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 4

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏み…

  • 5

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 …

  • 6

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

  • 7

    「毛深すぎる」と専門家も困惑......とんでもなくモ…

  • 8

    【動画】青唐辛子にかぶりついた少年、案の定ひどく…

  • 9

    中国に「平伏する」ハリウッドで、『トップガン』が…

  • 10

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 9

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月