最新記事

ロシア

ロシア国民を監視する巨大盗聴システム 北欧通信大手が協力

2022年4月8日(金)17時11分
青葉やまと

ロシア国内の通信各社のシステムは、「SORM(ソーム)」と呼ばれる中央監視装置に接続することが義務づけられている...... Risto0-iStock

<ロシア国民の通信を一括して傍受する、巨大ネットワーク「SORM」。その接続機器の導入とサポートを通信大手が支援してきた>

フィンランドに本社を置く通信機器開発のNokia(ノキア)は、経済制裁に従ってロシアへの輸出を停止した。しかし、同社が稼働を助けていた電話傍受システムはそのまま稼働し、ロシア国民の監視を続けているようだ。米ニューヨーク・タイムズ紙が報じた。Nokiaは声明を通じて一部反論している。

ロシア国内の通信各社のシステムは、「SORM(ソーム)」と呼ばれる中央監視装置に接続することが義務づけられている。政府と保安局はSORMを通じ、令状を一切取得することなく、国民の通話内容の傍受、SMSや電子メールの検閲、ネット閲覧履歴の取得が可能だ。

報道によるとNokia自体はSORM装置を製造していないが、ロシア最大の通信企業であるMTS社に対し、SORMに接続するための機器を納品し、稼働のサポートを行なっていた。

2テラバイトの流出文書

同紙は2008年から2017年にかけてNokiaが作成していた、SORM関連の技術文書を入手した。2テラバイトに及ぶ膨大な文書群となっており、ロシア語でのSORMの略称である「COPM」の記述を確認できる。一連の文書には、ライセンス契約、社内メール、ネットワーク・センター内の配置図や、技術仕様などが詳細に記録されている。

文書には、SORMによって収集されたデータがロシア政府と各地の連邦保安局のオフィスに送信されることを示した記述や、エンジニアの派遣記録などが含まれている。このことから同紙は、Nokia側が傍受の事実を認識していたとみている。

記事は「ロシアのサイバースパイ行為を実行可能にするうえで、このフィンランド企業(Nokia)が中核的な役割を担っており、企業の信頼性を疑問視する声が上がっている」と指摘した。

欧州政策分析センターのアンドレイ・ソルダトフ特別研究員は、Nokiaの協力がなければ「このようなシステムを構築することは不可能だったはずです」と述べ、同社が重要な役割を果たしたとの見解を示している。

Nokiaは反論、「中核的な役割」を否定

Nokiaは記事公開と同日、声明を発表し、ニューヨーク・タイムズ紙の報道内容に反論した。

「Nokiaは、この記事が誤解を招くものであると確信しています。Nokiaがニューヨーク・タイムズに対し明言しているとおり、NokiaはSORM機器またはシステムの、製造、設置、サービス提供を行なっていません。我々が行なっているとするあらゆる推測は誤ったものです。」

同社はSORMの存在について否定しなかった。すべての国のあらゆるネットワークには、法執行機関が犯罪行為を追跡するための「合法的な傍受システム」が存在すると説明している。そのうえで、SORM機器を稼働させるうえでNokiaのネットワークが「積極的に」関与しているとする記事の趣旨について、「これは誤りです」ととくに強く否定した。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

原油先物3%超下落、米積極利上げ観測で ロ産原油上

ビジネス

米国株式市場=下落、FRBの利上げ巡る懸念が再燃

ワールド

ウクライナ、無人機でロシア深部攻撃か 原油価格は上

ビジネス

NY外為市場=ドル上昇、堅調な米指標受け大幅利上げ

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:ラーゲリより愛を込めて

2022年12月13日号(12/ 6発売)

二宮和也主演『ラーゲリより愛を込めて』── 映画で知るシベリア抑留の歴史

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに注目!

  • 4

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 5

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 6

    プーチンの「忠犬」ルカシェンコ、暗殺に怯える日々

  • 7

    偏差値が測定できない「ボーダーフリー大学」が象徴す…

  • 8

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 9

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 10

    「何世紀の銃?」 兵器不足のロシアで「70年前の兵器…

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに…

  • 7

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 8

    フィギュアファン歴30年の作家も驚く「羽生結弦が見…

  • 9

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 10

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 3

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 6

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 9

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 10

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月