最新記事

ウクライナ危機

第2次大戦後の世界秩序が変わる時

PUTIN’S GAMBIT

2022年3月4日(金)16時15分
マイケル・ハーシュ(フォーリン・ポリシー誌上級特派員)

これらの危機はどれも悲惨だったが、特定の地域と時期に限定されていた。だが今回の危機は、はるかに広範に及ぶ恐れがある。

「武力で他国の領土を奪わないという第2次大戦後の不文律がゆがめられたことは過去にもある。だが今回は完全に破られたようだ」と、クリントン政権で国防次官補(国際安全保障担当)を務めたジョセフ・ナイは語る。

1930年代のヒトラーとプーチンのもう1つの類似点は、虚実の交ざった妄想を理由に行動を起こしていることだ。

ヒトラーは、ベルサイユ条約という「不平等条約」を覆して、ドイツ語圏を併合するとして、非武装地帯ラインラントへの進駐やオーストリア併合を正当化した。

プーチンも、ウクライナやジョージアなど旧ソ連圏諸国のロシア系住民の希望に応えるためだとか、NATOの東方(つまり旧ソ連圏)拡大が不当だとして、侵攻を正当化してきた。2月21日のテレビ演説では、「ウクライナは隣国であるだけでなく、われわれの歴史と文化と精神の不可分の一部だ」と強弁した。

サイバー攻撃能力の脅威

ロシア帝国の偉大さを取り戻すという、個人的な野望を実現する機が熟したという判断もあったようだ。

2014年にウクライナ領クリミア半島を併合し、さらに東部ドンバス地方の一部を実効支配下に置いて以来、ロシアは制裁を受けてきたが、これなら耐えられるとプーチンは判断したのだろう。

同時に、今やらなければ、ウクライナはNATO加盟を果たしてしまうという焦りも、プーチンにはあったようだ。そうなってからウクライナを攻撃すれば、NATOの基礎となる北大西洋条約第5条(集団的自衛権)に基づき、ロシアはNATOの反撃を受けることになる。

中国などと比べると、ロシアはさほど世界経済に深く組み込まれているわけではない(もちろんエネルギーは例外だが)。

故ジョン・マケイン米上院議員は生前、ロシアは「国家の仮面をかぶったガソリンスタンドだ」と揶揄したものだ。

世界経済から比較的孤立しているということは、「(欧米諸国には)ロシアに影響を与える手段があまりない」ことを意味すると、ジェームズ・スタインバーグ元米大統領副補佐官(国家安全保障担当)は指摘する。

「みんな石油と天然ガスが必要だから、いずれ(ロシアの暴挙を)受け入れるようになるだろうとプーチンは計算しているのだ」

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ウクライナ前線の状況、なお「極めて深刻」=ゼレンス

ワールド

EU、対ベラルーシ制裁強化を協議 来週にも合意の公

ワールド

米中、WTO会合で非難の応酬 鉄鋼・アルミ関税巡り

ビジネス

株式への資金流入が過去6週間で最高に=BofA

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:実録 中国海外警察

2023年1月31日号(1/24発売)

他国の主権を無視し現地の民主派を取り締まる中国「海外110」の驚くべき実態を暴く

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前とここまで酷似する不気味な符合

  • 3

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家族に届ける「噛まれた跡はない」

  • 4

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    かつてはオバマ夫妻と「同列」だったヘンリー&メー…

  • 7

    米ロの主力戦車「エイブラムス」と「T90」の性能を比…

  • 8

    「この年齢の子にさせる格好じゃない」 米セレブ娘の…

  • 9

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 10

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 3

    「この年齢の子にさせる格好じゃない」 米セレブ娘の「肌見せすぎ」ファッションに批判

  • 4

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前…

  • 7

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 8

    ドイツの最強戦車「レオパルト2」を大量供与しなけれ…

  • 9

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を…

  • 10

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 3

    飼い主が目を離した隙にハンバーガーを食べ、しらを切る犬の表情がこちら

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    現役医師が断言「血液型と性格は関係ないし、自分の血…

  • 8

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

  • 9

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 10

    「バンコクのゴミ捨て場で育った......」 ミス・ユ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月