注目のキーワード

最新記事

野生動物

運転手が野生のクマと「ハイタッチ」する奇跡的瞬間

2022年2月2日(水)19時00分
若道いつき

近づきすぎるとお互い不幸に(写真はイメージです) bundy84-iStock

<一度目は空振り、二度目はバッチリ>

そんなまさか──。

野生のクマが車道に止まった自動車の運転手とハイタッチする映像が、ネット上で話題となっている。

TikTokユーザーのレベッカ・エレナ(@rebecaelenagb)は先月20日にこの動画を投稿し、(2日時点で)再生回数は1120万回を超え、190万以上の「いいね!」を記録している。

動画を再生すると、車道をうろつく3頭のクマの姿が確認できる。そのうちの1頭は器用に2本足で直立すると、クルマの運転手に向かって前足を伸ばす。運転手もそれに応じようと窓から手を出したものの、少し距離が離れていたため、一度目は空振りに。

しかし、バランスを整えたクマはさらに車両へと接近。差し出された運転手の手のひらを目掛けて勢いよく前足を出すと、今度こそハイタッチに成功。

このクマは少しの間、放心したようにドライバーを見つめ、仲間の元へと戻っていった。車道に座り込み、画面奥の方から別のクマ(おそらく母親)が歩いてくるところで映像は終了する。

@rebecaelenagb Chill day #fyp #fy #bear #hi5 ♬ original sound - JD7

コメント欄には驚きと喜び、さらには羨望の声まで寄せられた。

「どうして私の身には起こらないの?!」

「一生モノの経験だ!」

ヒトに慣れてしまったクマの末路

一方、運転手の行動は不適切だとする意見も。

「この映像はかわいいけれど、正しい振る舞いではなかった。クマをこの先危険にさらすことになってしまうから」

このコメントにアマンダ・ニールソンも同意する。

「クマに敬意を払って近づかないでいてくれたらいいのに。クマがこうやってヒトに対してフレンドリーになると、処分されてしまうということを皆知らない」

彼らの言う通り、人間に慣れすぎたクマは悲惨な運命をたどる。

例えば2020年6月には、コロラドスプリングスで住民の家に侵入したクマが安楽死させられた。コロラド州公園野生生物局(CPW)は、この事件に関する声明で「ヒトのそばで生きることに居心地の良さを感じるようになったクマは、ドアを開けることを覚え、家具を破壊したり、人間に対して攻撃的になる可能性がある」と説明した。

こうしてヒトに対して攻撃的になったクマは安楽死処分される。CPWのマネージャーであるキャシディ・イングリッシュは当時、「クマを安楽死させなければならない日はいつだって辛い」と語っている。

「クマがヒトに慣れると、公共の安全を脅かす存在になりかねない。だからこそ、地域コミュニティで協力して野生動物を野生状態に保つことがとても重要だ」

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

焦点:中南米に左派政権次々、コロナとインフレ契機

ワールド

焦点:中国の大学新卒者、空前の就職難 ゼロコロナが

ビジネス

インフレ抑制が「最優先」、景気後退は招かず=SF連

ビジネス

IMF、米成長見通し下方修正 積極利上げ背景 景気

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:沖縄の論点

2022年6月28日号(6/21発売)

「本土復帰50年」を迎えた、オキナワの語られていない語られるべき問題

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 3

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベットとの対面時間を制限した訳

  • 4

    「あの」河瀬直美監督とは思えない繊細さでマイノリ…

  • 5

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 6

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

  • 7

    今度の参議院選挙で審判を受けるのはむしろ「野党」

  • 8

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから…

  • 9

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のた…

  • 10

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 1

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と王室記者...メーガン妃は反対か

  • 2

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 3

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 4

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏み…

  • 5

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 …

  • 6

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

  • 7

    「毛深すぎる」と専門家も困惑......とんでもなくモ…

  • 8

    【動画】青唐辛子にかぶりついた少年、案の定ひどく…

  • 9

    中国に「平伏する」ハリウッドで、『トップガン』が…

  • 10

    最も明るく、最も急速に成長するブラックホール発見…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 9

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月