最新記事

サプライチェーン

ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷しない!?

Nike Cancels Store's Orders Until Summer '22 as Supply Chain Issues Wreak Havoc on Holiday Shopping

2021年11月24日(水)17時05分
ダニエル・ビラリアル

コロナ禍の去年は買えたのに(2020年12月3日、カリフォルニア州コマース)  Lucy Nicholson-REUTERS

<アメリカのホリデーシーズンを直撃しているサプライチェーンの混乱で、あるナイキショップには来年夏まで注文はキャンセルとのお達しが>

サプライチェーンの混乱がホリデーシーズンのショッピングに打撃を与えるなか、ナイキは少なくとも1店での注文を2022年夏までキャンセルした。

スニーカー・カルチャー関連のポッドキャスト「フル・サイズ・ラン(Full Size Run)」の共同ホストを務めるブレンダン・ダン(Brendan Dunne)が11月23日に投稿したツイートによれば、ナイキは、あるスニーカー小売事業者に宛てて、キャンセルを伝えるメールを送ったという。

「新型コロナウイルス感染症は依然としてグローバル・サプライチェーンに影響を与えており、輸送の乱れが生じています」と、メールは始まっている。「絶えず変化する未曽有の状況に鑑みて、まことに遺憾ながら(2022年春、2022年夏の)ナイキフューチャー(Nike Future)の注文と、(2021年ホリデーシーズンの)残り分をキャンセルすることをお知らせいたします」

ホリデーシーズンの注文も、まだこの店に届いていない分についてはキャンセルということだ。これがほかの店舗にも適用されるか否かは不明だ。ニューズウィークは、ナイキにコメントを求めている。

「受け入れがたい決定であることは承知しています。当社は、可及的速やかに供給を再開することをめざしています」とメールは続く。

サプライチェーン問題は、新型コロナのパンデミックに起因する職場閉鎖と経済悪化をきっかけに始まった。労働者の不足により、製造と出荷に遅れが出た。この遅れにより、生活必需品が不足するのではないかとの不安が生じ、消費者物価も上昇した。

物価急騰、でもアメリカ人は買う気満々

この危機は、ホリデーシーズンのショッピングに影響を与えている。最新の調査では、アメリカ人の多くが、ガソリン価格の上昇を理由に、感謝祭に車で遠出はしないと回答している。また、最近行われた世論調査では、物価の急騰に伴って、アメリカ人の大多数が、いつも購入している商品(感謝祭のディナーも含む)に、以前よりも高い金額を払っていることが明らかになっている。一部の地域ではクリスマスツリー不足も起こっている。

にもかかわらず、経済学者たちの予測によれば、アメリカ人たちはホリデーシーズン中に大々的な支出を計画しているという。だが、サプライチェーン問題は2022年になっても続く可能性が高く、2023年まで続く可能性さえある。

カリフォルニアの港で、荷下ろしできずに入港を待つ貨物船の数が過去最多となるなか、バイデン政権は先ごろ、この停滞状態を解消するべく、主要港を24時間態勢で稼働させる協定を仲立ちした。さらに、「トラック運送業者や労働組合と協議し、トラック運転手を増やそうとしている」とも述べている。

車両基地や倉庫は労働力不足に悩まされており、貨物コンテナの荷ほどきをできる人がほとんどいない状態だ。こうした場所の多くは、荷物が来るのを待ち構えつつ、大急ぎで配達することを余儀なくされている。後がつかえているからだ。実際に必要な数以上の商品を注文・備蓄している小売企業も、この問題を悪化させている。

この危機をさらに悪化させているのが、アメリカ国内のサプライチェーンを構成する各所のあいだで商業データが共有されているケースがめったにないという事実だ。そのため、サプライチェーンが全体として効率的に稼働せず、寸断されたままになっていると、ロサンゼルス港のジーン・セロカ港湾局長はワシントン・ポストに話している。
(翻訳:ガリレオ)

 20221004issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2022年10月4日号(9月27日発売)は「安倍晋三の正しい評価」特集。「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分──世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?


今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ロシアの4州「併合」宣言をG7非難、ウクライナはN

ビジネス

中国、国有銀に不動産業界の支援を要請 840億ドル

ワールド

ロシア、ドル建て債利払いをルーブルで実施=財務省

ビジネス

S&P、英格付け見通し「ネガティブ」に 財政赤字縮

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 4

    キャメロン・ディアスが告白「プールで◯◯しちゃった」

  • 5

    下着モデルをとっかえひっかえ...不倫騒動アダム・レ…

  • 6

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 7

    ロシア脱出に長蛇の車列、16キロの大渋滞が衛星写真…

  • 8

    プーチンが部分動員したロシア兵、もうウクライナに…

  • 9

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 10

    21歳の美人セレブのセクシー私服に賛否両論 「胸の…

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 10

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月