最新記事

北朝鮮

ハニートラップに政府内スパイ、日本と韓国で北朝鮮工作員が実行したこと

2021年10月19日(火)18時52分
ジェーソン・バートレット
韓国大統領府

北朝鮮工作員が90年代、韓国大統領府で約6年間勤務を続けたという JOE SOHMーVISIONS OF AMERICAーUNIVERSAL IMAGES GROUP/GETTY IMAGES

<脱北した北朝鮮軍の元高官の証言で、これまで北朝鮮の関与が疑われていた日本や韓国での数々の事件の実態が明らかに>

北朝鮮が1990年代前半から2010年まで、韓国で行った秘密工作の実態が明らかになった。証言したのは、脱北した元北朝鮮軍人のうち最高位の人物とされるキム・ククソン(仮名)だ。ある北朝鮮工作員が90年代におよそ6年間、青瓦台(韓国大統領府)に勤務した後、北朝鮮へ帰還したという衝撃的な事例も明かされた。

キムは先日、実名を隠して英BBCとのインタビューに応じ、30年にわたる北朝鮮情報機関での勤務体験を語った。キムによると、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)総書記は脱北者など、朝鮮労働党の敵を暗殺する「テロ特別部隊」の創設を命じたという。北朝鮮側はこれまで、そうした主張を否定してきた。

北朝鮮が国際的麻薬取引や、韓国領内での複数の事件に関与した疑惑についても事実だと証言。10年に起きた韓国海軍哨戒艦「天安」沈没事件と延坪島(ヨンピョンド)砲撃事件もその一部だ。いずれも、北朝鮮は長らく責任を強く否定してきた。

国際社会ではもっぱら旧ソ連や中国のスパイが有名だが、北朝鮮も外国に工作員を送り込んできた。最も知名度が高いのは、韓国の朴正煕(パク・チョンヒ)大統領らの暗殺を狙った68年の青瓦台襲撃未遂事件だろう。

一方、北朝鮮はより人目につかない工作活動も実行してきた。70年代後半~80年代半ばには、自国スパイの言語・文化教育係にする目的で韓国人や日本人などの外国人を拉致し、作戦遂行に役立つ諸外国の貴重な知識を備えた信頼度の高い工作員を養成した。

特に日本では、大きな成功を収めた。既存の共産主義思想や、一部の在日韓国・朝鮮人が抱く反日感情を利用して親北団体の結成に動き、これらの組織は事実上の北朝鮮大使館として、後にはマネーロンダリング(資金洗浄)や諜報活動のハブとして機能した。

韓国の軍人たちと関係を持った「脱北者」

韓国では、政界各層への潜入・感化を目指して積極的な活動を展開してきた。北朝鮮国内序列22位と言われた諜報員の李善実(リ・ソンシル)は韓国で朝鮮労働党秘密支部を設立し、80~90年代の韓国で共産主義への支持を強化しようとした。

軍関係者から機密情報を引き出し、政治利用することを目的に女性スパイの「ハニートラップ」も仕掛けている。

脱北者を装った元正花(ウォン・ジョンファ)が、機密情報入手や有毒化学物質による要人暗殺を狙って韓国に入国したのは01年。軍人3人以上と関係を持ち、その1人である陸軍大尉から軍事機密の提供を受けていた。約7年にわたって韓国で暗躍した元の最大の暗殺目標は、主体思想の確立者で97年に韓国に亡命した黄長燁(ファン・ジャンヨプ)(10年死去)だったと後に判明している。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

新発10年国債利回り1.0%に上昇、日銀正常化なら

ビジネス

英CPI、4月は前年比+2.3% 予想ほど鈍化せず

ビジネス

S&P、ソフトバンクGの長期格付けを「BB+」に引

ワールド

ノルウェー、パレスチナ国家承認へ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 3

    「目を閉じれば雨の音...」テントにたかる「害虫」の大群、キャンパーが撮影した「トラウマ映像」にネット戦慄

  • 4

    9年前と今で何も変わらない...ゼンデイヤの「卒アル…

  • 5

    ベトナム「植民地解放」70年を鮮やかな民族衣装で祝…

  • 6

    高速鉄道熱に沸くアメリカ、先行する中国を追う──新…

  • 7

    服着てる? ブルックス・ネイダーの「ほぼ丸見え」ネ…

  • 8

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 9

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 10

    「韓国は詐欺大国」の事情とは

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両を一度に焼き尽くす動画をウクライナ軍が投稿

  • 4

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気…

  • 5

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 6

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 7

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 8

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 9

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『…

  • 10

    「まるでロイヤルツアー」...メーガン妃とヘンリー王…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 6

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 7

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 8

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 9

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 10

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中