最新記事

トルコ

男性だけのお客様、予約しても泊まれません...トルコ・ホテル業界の慣習が物議

2021年9月28日(火)17時13分
青葉やまと

トルコのホテルで男性ゲストへの予約拒否が発覚し問題に (写真はイメージ)Kemal Yildirim-iStock

<男性1人または男性同士の旅行客は、トルコの一部ホテルから門前払いを受けるかもしれない>

シルクロードの要衝として栄え、歴史的に洋の東西から文化を吸収してきたトルコ。オリエンタルな情緒漂う地として、海外から訪れる旅行客たちを魅了してきた。

美しいモスクが並ぶイスタンブールや奇岩で有名なカッパドキアなどの景勝地のほか、ケバブやトルココーヒーなど名物が五感を刺激する。遺跡見学や熱気球での空中散歩などスケールの大きなアクティビティも人気となっており、パンデミック収束後の旅行先としての期待も高い。

非日常を満喫できるはずのそんなトルコで、現地独自の隠れた取り決めが問題となっている。多くのリゾートホテルが女性の同伴のない男性客の宿泊を断っており、単身の男性および男性同士の旅行者が門前払いを食らうケースが多発している。宿泊場所がなくなっては観光どころではなく、現地を訪れた海外客に困惑が広がる。

男性ゲストへの予約拒否が発覚

本件は旅行情報サイト『ワン・マイル・アット・ア・タイム』(以下「OMAT」)が報じた。これを豪大手ニュースサイト『news.com.au』やニュージーランドおよびイギリスの大手紙などが取り上げたことで、国際的な注目を集めている。

問題の発端となったのは、トルコ南西部の高級リゾートホテルだ。エーゲ海に面したボドルムに位置する「ルージョ・ホテル・ボドルム」は、9つのレストランやスパなどを備え、各種予約サイトでは家族連れやカップルなどのゲストから非常に高い評価を得ている。

現在、ロシアなど一部の国は、トルコ向けの海外ツアーを再開している。そこで、ある旅行者が男性2名のために計1室を予約しようとしたところ、予約手続き中にシステムから拒否される事態となった。画面には「単独の男性のお客様向けにお部屋を予約することはできません」と表示されたという。メッセージは続けて「もし予約された場合、ホテルは無条件でキャンセルする権利を有します」とも主張しており、厳格な姿勢をうかがわせる。

ホテルの予約サイト上のメッセージを引用すると、「Reserving a room for an individual male guest is not possible」と述べている。男性同士の同室にはとくに触れず、男性1名向けの予約はできないと述べる内容だ。男性の同室のケースについて改めてOMAT誌が問い合わせたところ、ホテル側は「あいにく男性2名の同室はお断りしております」と回答した。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

イケア、一段の値下げ視野に 投入コスト上昇緩和で=

ビジネス

暗号資産レンディングの米ブロックファイ、破産法の適

ワールド

WHO、サル痘の名称を「M痘」に変更 差別的との指

ワールド

ロシア、ウクライナ電力網など攻撃継続の可能性=NA

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:台湾半導体 王国に迫るリスク

2022年12月 6日号(11/29発売)

急成長で世界経済を席巻するTSMC。中国から台湾を守る「シリコンの盾」に黄信号が?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが、子供を対象にして大炎上

  • 2

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 3

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 4

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    父親は「連続殺人鬼」 誰も耳を貸さなかった子供の訴…

  • 7

    自分を「最優先」しろ...メーガン妃、ヘンリー王子へ…

  • 8

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 9

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 10

    うつ病とは「心のバッテリー」が上がること...「考え…

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 3

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統領、2年前の「仕返し」か

  • 4

    飛行機の両隣に肥満の2人! 「悪夢の状況」をツイー…

  • 5

    うつ病とは「心のバッテリー」が上がること...「考え…

  • 6

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 9

    父親は「連続殺人鬼」 誰も耳を貸さなかった子供の訴…

  • 10

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 3

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    狂ったプーチン、軍事侵攻の目的は「非ナチ化」から…

  • 6

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    「セクシー過ぎる?」お騒がせ女優エミリー・ラタコ…

  • 9

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 10

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月