最新記事

トレーニング法

世界のオリンピック選手支えた「Kaatsu(加圧)」トレーニング 寺での正座の痺れに着想

2021年8月10日(火)18時10分
青葉やまと

4×100mメドレーリレーで金メダルとなったアメリカチーム 一番右がマイケル・アンドルー選手 Rob Schumacher-USA TODAY Sports

<仏事での脚の痺れから誕生した加圧トレーニングが、アメリカやイスラエルなど各地で流行している>

8日に閉幕した東京オリンピックは、メダルラッシュをもたらした日本勢も含め、各国のアスリートたちが熱戦を繰り広げ記録とドラマを残した。花形の陸上では、進化したトラックによる好記録も話題だ。一方で競技全般に目を向ければ、選手たちの鍛錬を支えてきたもののひとつに、日本生まれのトレーニング法がある。昨今海外でもプロアスリートたちが取り入れはじめている、Kaatsu(加圧)トレーニングだ。

スポーツ界には、特定のトレーニング法や回復法などの流行がある。2016年には水泳選手たちの背中に赤い円形の痕が多く見られ、明らかに中国のカッピングがブームとなっていた。今回の東京大会では、血流を阻害することでトレーニング効果を高める加圧トレーニングがトレンドになったようだ。ニューヨーク・タイムズ紙は「今年ホットなのは(加圧で使われる)止血バンドだ」「東京大会を控えて流行りはじめた」と紹介している。

今大会の競泳男子4×100mメドレーリレーでは、22歳のマイケル・アンドルー選手がアメリカに金メダルをもたらした。アンドルー選手は、5年前から加圧トレーニングに取り組んでいる。練習と競技の前後、両脚の付け根付近にベルトを装着し、運動効果の向上と回復促進を図っている。

加圧トレーニングを行うマイケル・アンドルー選手


ほか、男子マラソン決勝8位のゲーレン・ラップ選手や、メッツのノア・シンダーガード投手、アルペンスキーのミカエラ・シフリンに飛び込みのローラ・ウィルキンソン選手など、愛用するプロアスリートは多い。アメリカ以外では、東京五輪に参加したイスラエルの水泳チームなどが疲労回復とリハビリに取り入れている。

正座での苦い体験がヒントに

あえて血流を遅くすることで効果を高めるというユニークな加圧トレーニングは、誕生の経緯も独特だ。発想のヒントになったのは正座だ。考案者の佐藤義昭氏は1966年、寺での仏事に参加していたところ、長時間の正座によってふくらはぎが痺れてしまった。45分ほどの正座に耐えたあとで立ったとき、まるで競技をこなした後のようにひどく脚がむくんでいたという。このことから佐藤氏は、血流制限と運動効果に関連があるのではないかという発想に至る。

そこで氏は自身の身体を使い、意図的に血流を絞った実験に着手した。身体のあちこちにさまざまな種類のベルトを装着し、7年をかけてその効果を確かめていく。1973年にスキーで足首を骨折すると、加圧によるリハビリ効果を試す好機だと考えた。周期的に空気で膨らむベルトを装着し、血管の圧迫と解放を繰り返す「加圧サイクル」を初めて試したところ、全治4ヶ月の怪我が1ヶ月半ほどで回復したという。米ウォール・ストリート・ジャーナル紙はこの逸話を取り上げ、「近所の人々がこの話を聞きつけると、助けを求めて彼の元を訪れるようになった」と伝えている。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

バイデン政権、27.7万人の学費ローン74億ドルを

ワールド

焦点:ナスカのミイラが「宇宙人」に、止まらぬ古代遺

ワールド

政治の信頼回復と先送りできない課題以外考えず=解散

ビジネス

USスチール株主総会、日鉄による買収計画を承認 9
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
2024年4月16日号(4/ 9発売)

アカデミー作品賞映画がアメリカに突き付けた、埋もれた記憶と核兵器のリアル

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 3

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 4

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 5

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 6

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 7

    「結婚に反対」だった?...カミラ夫人とエリザベス女…

  • 8

    『大吉原展』炎上とキャンセルカルチャー

  • 9

    『オッペンハイマー』:被爆者イメージと向き合えな…

  • 10

    「住む国も分散」したいアメリカ人が急増中 富裕層…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 3

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 4

    NewJeans、ILLIT、LE SSERAFIM...... K-POPガールズグ…

  • 5

    ドイツ空軍ユーロファイター、緊迫のバルト海でロシ…

  • 6

    ドネツク州でロシアが過去最大の「戦車攻撃」を実施…

  • 7

    金価格、今年2倍超に高騰か──スイスの著名ストラテジ…

  • 8

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 9

    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…

  • 10

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 3

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の瞬間映像をウクライナ軍が公開...ドネツク州で激戦続く

  • 4

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 5

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    野原に逃げ出す兵士たち、「鉄くず」と化す装甲車...…

  • 9

    ケイティ・ペリーの「尻がまる見え」ドレスに批判殺…

  • 10

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中