最新記事

教育

90年代以降に急増した博士号取得者に、活躍の場はあるか?

2021年8月25日(水)15時30分
舞田敏彦(教育社会学者)

かつては文系の博士号を取るのは極めて難しかったが、今では当該専攻の院生の半数がそれを取得する。質の低下という誹りもあるが、高度な知の証であることに変わりはなく、それを持つ知的人材は社会で活用されるべきだ。

上述のように、1957年4月から2019年3月の博士号授与数は60万1590で、これが今の日本にいる博士の近似数と見なせる。人口1億2600万人で割ると、10万人あたり477.5人、およそ209人に1人だ。博士の数を専攻別に出し、人口当たりの数にすると<表2>のようになる。

data210825-chart02.jpg

教育学の博士号保有者は6125人で、人口10万人あたり4.9人となる。単純に考えると、東京都(人口1400万人)には686人、筆者が住む神奈川県横須賀市(人口39万人)には19人の教育学博士がいる計算だ。

こうした知的資源がどう活用されているか。定期的に『知的人材活用状況調査』というのもやってみるといい。博士号取得者の増産は、国策によって進められてきた。多額の税金も投入されている。国の製造者責任を吟味する上でも、この種の情報が整備されて然るべきだ。

<資料:文科省『学校基本調査』
    文科省『博士・修士・専門職学位 の学位授与状況』

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

英経済巡る不確実性の高まり、影響注視=アトランタ連

ビジネス

ECB、インフレ期待の暴走リスクに直面=独連銀総裁

ビジネス

新たな債券購入発動せず、各国の政策ミスで金利上昇な

ビジネス

必要あれば利上げ「躊躇せず」=英中銀総裁

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、その姿は「恥ずかしかった」

  • 3

    米NY最小!? 家賃650ドルのアパートにネット驚愕...日本人には驚くほどじゃない?

  • 4

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 7

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 8

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 9

    代理出産なのになぜ!? クロエ・カーダシアン「新生児…

  • 10

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 5

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 8

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 9

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 10

    植民地支配の「罪」をエリザベス女王は結局、最後ま…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 8

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

  • 9

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 10

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月