最新記事

東シナ海

沖縄空域を中国ドローンが3日連続で飛行、自衛隊の共同訓練中に

Japan Keeps Intercepting China Military Drones and Spy Planes

2021年8月27日(金)17時52分
ジョン・フェン
中国の無人航空機

軍事パレードに登場した中国の無人航空機(2019年) THOMAS PETER-REUTERS

<日本が中国による東シナ海や南シナ海、台湾海峡への軍備拡張への危機感を強めるなかでの中国の動きは何を意味するのか>

日本の防衛省は8月26日、中国の軍事用無人偵察機(ドローン)および哨戒機が飛行するのを3日連続で確認し、航空自衛隊の戦闘機を緊急発進(スクランブル)させたと発表した。日本が現在、この近辺で複数のパートナー国とともに一連の共同訓練を行なっているなかでの出来事だった。

自衛隊の統合幕僚監部によれば、24日から26日までの3日連続で、中国の無人航空機(UAV)が目撃された。公表された無人機の画像は、航空自衛隊の戦闘機が撮影したものだ。

統合幕僚監部が発表した飛行経路の図解によると、自衛隊は24日に、中国の無人機TB-001が1機、東シナ海を飛行していることを察知。翌25日には、偵察用無人機BZK-005が1機と、人民解放軍のY-9哨戒機が1機、Y-9情報哨戒機が1機、飛行しているのを確認したという。

25日に確認された中国機3機は、宮古島と沖縄本島のあいだの宮古海峡を横切り、国際空域を通って西太平洋へと抜けていったと、統合幕僚監部の声明にはある。

防衛省は翌26日にも、TB-001が1機とY-9が2機、同じ経路を再び飛行したのを確認。その後、TB-001が偵察と攻撃の両方の能力を兼ね備えた無人機であることを明らかにした。なお共同通信によれば、人民解放軍の無人機による日本の領空侵犯はなかった模様だ。

近辺では海上自衛隊が軍事演習

これらの無人機が目撃されたのは、海上自衛隊が目撃現場の近辺で軍事演習を行っていた最中のことだった。海上自衛隊は8月24日、英空母「クイーン・エリザベス」と共同訓練を実施。防衛省によれば沖縄の南の海上で実施されたこの演習には、日本の護衛艦「あさひ」と、ヘリコプター搭載護衛艦「いせ」も参加していたという。

また、海上自衛隊は8月26日にフィリピン海で、米印豪の海軍とともに共同訓練「マラバール2021」を開始したと、アメリカ第7艦隊が報道発表している。日本、アメリカ、インド、オーストラリアは、安全保障のための国際的枠組み「クワッド(日米豪印戦略対話)」のパートナー国だ。

日本側はここ数カ月、中国による東シナ海や南シナ海、台湾海峡への軍備拡張に関する懸念の頻度と緊急性を高めてきた。7月に発表した2021年度防衛白書でも、「危機感」を訴えている。

一方、自民党幹部は台湾の与党に対し、二国での防衛協議の実施を呼びかけた。これは、インド太平洋地域の集団安全保障に非常に大きな影響を与える可能性をもつ動きだ。この協議は、8月27日にオンライン形式で行われた。

対する中国は、国防部報道官の譚克飛が26日、月例記者会見のなかで、日本は中国による軍事的脅威を誇張していると非難。「日本が中国を口実にして自国の軍備を拡張するのは大きな間違いであり、無責任である」としている。

(翻訳:ガリレオ)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

年内利下げ、適切な公算 単月の好調データで軌道変わ

ワールド

米国、ロシア支援の企業93社に制裁

ワールド

ヘイリー氏、指名争い天王山へ大規模広告展開 24日

ワールド

ロシア軍、アブデーフカ制圧受け西進 西側供与の兵器
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で得た「称号」の意味とは

  • 3

    米大統領選、バイデンが撤退ならミシェル・オバマが有力!

  • 4

    対戦車ミサイルがロシア兵に直撃...衝撃映像に「プロ…

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    元CIA諜報員がウクライナ支援を解き明かす、バイデン…

  • 7

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 8

    「私はウクライナのラブドール」整形疑惑に反論のミ…

  • 9

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年.…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 1

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 2

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 3

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」である理由

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑…

  • 6

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 7

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 10

    「高慢な態度に失望」...エリザベス女王とヘンリー王…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 10

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中