最新記事

スパイウェア

イスラエル企業開発のスパイウェア 世界中の記者や活動家を監視か

What We Know About Alleged NSO Group Malware

2021年7月20日(火)19時21分
ゾーイ・ストロゼウスキ

「ペガサス」は2018年に殺害されたジャマル・カショギの妻や婚約者のスマホにも侵入していた Middle East Monitor/Handout via REUTERS

<流出した「監視対象リスト」には約5万件のスマートフォンの番号が掲載されていた>

イスラエルのサイバー企業「NSOグループ」が犯罪監視用に開発したスパイウェア「ペガサス」が外国の政府などに販売され、世界中のジャーナリストや活動家、弁護士らの監視に使われていたらしいことが分かった。流出した監視対象リストには、約5万件の電話番号が掲載されていたという。

国際人権団体アムネスティ・インターナショナルが標的とされた電話番号リストを入手し、主要メディアにリークしたことをきっかけに、疑惑が発覚。リストに掲載されていたのは、NSOグループの顧客が関心を抱いていた人物とみられる。

BBCによれば、標的にされたとみられる約5万件の電話番号のうち、実際にどれだけの電話(スマートフォン)に「ペガサス」がインストールされていたかは分かっていない。ペガサスは侵襲性の高いスパイウェアで、標的のスマートフォン内のデータへのアクセスはもちろん、カメラやマイクの機能を強制的にオンにして情報を入手することができる。

NSOグループは疑惑を否定しており、ウェブサイト上に声明を発表。犯罪やテロ活動の監視目的でペガサスを使うことが許されているのは、軍と法執行機関、および諜報機関のみだと主張した。だがアムネスティ・インターナショナルと非営利団体「フォービドゥン・ストーリーズ」による調査では、「ペガサス」はiPhone 11および12への侵入に成功しており、何千台ものスマートフォンが感染している可能性があることが分かっている。

主要メディアのジャーナリスト180人超がリストに

アムネスティの技術部門であるアムネスティ・テックのダナ・イングルトン副部長は報告書の中で、「これらの攻撃により、世界中の活動家、ジャーナリストや政治家が自分の居場所を監視されたり、個人情報を悪用されたりするリスクにさらされている」と指摘した。

今回の調査報道について、NSOグループは「無礼で現実とかけ離れた内容だ」と反論し、名誉毀損での訴訟を検討していると述べた。また同社は、アムネスティ・インターナショナルの調査方法についても疑わしいと主張したが、調査についてはトロント大学の研究所「シチズンラボ」が独自にレビューを行い、正当なものだと確認している。

NSOグループの創業者で最高経営責任者(CEO)のシャレフ・フリオは、ワシントン・ポスト紙とのインタビューの中で一連の報道に反論。だが疑惑については「気掛かり」であり、調査を行うとも述べた。

「システムの悪用に関するどんな疑惑も、気掛かりだ」と彼は同紙に述べた。「疑惑があれば、顧客からの信頼が損なわれることになる。我々は全ての疑惑について調査を行い、疑惑が真実だと分かれば、断固たる措置を取る」

BBCによれば、複数のメディアが流出した「監視対象リスト」を調べた結果、リストにはCNNやニューヨーク・タイムズ紙、アル・ジャジーラなどの組織に所属する180人以上のジャーナリストが含まれていた。合わせて50カ国の1000人以上が、「ペガサス」の標的にされていた可能性があるという。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

米民主上院議員、離党し無所属に 上院構成50対50

ワールド

米の鉄鋼・アルミ関税はルール違反、是正勧告=WTO

ワールド

米ロ囚人交換、二国間関係改善と見なすべきでない=ロ

ワールド

サウジのムハンマド皇太子、米ロ囚人交換を仲介=ファ

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:ラーゲリより愛を込めて

2022年12月13日号(12/ 6発売)

二宮和也主演『ラーゲリより愛を込めて』── 映画で知るシベリア抑留の歴史

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    10代の少女たちに歌わせるには「性的すぎる」 韓国ガールズグループの新曲が物議

  • 2

    ロシア動員兵の間で事故死や変死相次ぐ

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物…

  • 6

    『ラーゲリより愛を込めて』 二宮和也演じる主人公が…

  • 7

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 8

    K-POPの頂点からの転落 元EXOクリス、性犯罪で去勢の…

  • 9

    「アメリカの傭兵」──ワグネルが名指しで命を付け狙…

  • 10

    行き過ぎた円安が終わり、2023年に懸念されること

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに注目!

  • 4

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 7

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物…

  • 8

    フィギュアファン歴30年の作家も驚く「羽生結弦が見…

  • 9

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 10

    プーチンの「忠犬」ルカシェンコ、暗殺に怯える日々

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 3

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 9

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 10

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月