最新記事

アメリカ

アメリカの孤立化ではっきりした、「頼れる大国はアメリカだけ」という事実

AMERICA REMAINS INDISPENSABLE

2021年6月9日(水)11時56分
ヨシュカ・フィッシャー(元ドイツ外相)
ハマス支持者による反イスラエル集会

ガザ北部で開かれたハマス支持者たちによる反イスラエル集会 MOHAMMED SALEM-REUTERS

<中国が覇権国に挑戦を仕掛ける一方で、トランプ時代のアメリカは孤立の道へ。そこで明らかになったこと>

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)に加え、世界はこの10 年間、既に大国間競争の時代へと逆戻りしつつあった。だが20世紀の2つの大戦と1つの冷戦は、地政学的覇権争いの危険性をはっきり示している。

ソ連崩壊で大国間競争の時代は完全に終わったという見方が大勢だったが、この思い込みは重大な誤りであることが証明された。唯一の超大国としてのアメリカの地位は長続きせず、欧米式自由民主主義と市場経済が恒久平和をもたらすことも期待できそうにない。

それどころか、冷戦後の時代は国際秩序の喪失を印象付けた。最後に残った大国アメリカは中東と南アジアでの無意味な戦いに疲れ果て、意固地になる一方だ。

第2次大戦後にアメリカが築いた国際システムは弱体化し、権力の空白を生んでロシアや中国、トルコ、イラン、サウジアラビアといった国々がその隙間を埋めようと狙う。なお悪いことに、核拡散のリスクも息を吹き返した。

その上、ここ10年では大国化した中国が覇権国に挑戦を仕掛けている。この新たな大国間競争は米トランプ政権の誕生で表面化。アメリカは狭量な自国第一主義を推し進め、国際システムの内部混乱を生んだ。

パレスチナ問題にも背を向けた

どこよりも権力の空白が顕在化したのは中東だ。アメリカは無益なイラク戦争を終わらせ、過激派組織「イスラム国」(IS)との戦いに突入したが、国内でのシェールガス採掘でエネルギー自給の道が見えだすと中東からの完全撤退を目指すように。その間もイランがアメリカの穴を埋めようとし、サウジアラビアやアラブ首長国連邦(UAE)、イスラエルも地域覇権を争う。

トランプ政権はアメリカが関与してきたイスラエルとパレスチナの紛争にも背を向けた。従来アメリカはイスラエルを支援しつつも2国家共存を後押しし、双方に妥協を求めたが、トランプ政権は完全にイスラエルの肩を持ち、パレスチナには何の役割もないかのように振る舞った。

だが最近のハマスとイスラエルの武力紛争を見る限り、パレスチナを永遠に脇に追いやることができるなどという幻想は消えた。最近ではエルサレム旧市街での衝突も発生したが、これまでとは異なり、イスラエル中心部のユダヤ人・アラブ人共生地域での出来事だった。今回成立した停戦からは、4つの教訓が導き出せるだろう。

ニュース速報

ワールド

ペルー大統領選、公正で「民主主義の模範」=米国務省

ビジネス

イラン当局、暗号資産の採掘者7000人拘束 過去最

ビジネス

フェイスブック、ショップ機能をワッツアップなどに拡

ワールド

五輪会場内は飲酒禁止、アルコール飲料販売しない=組

MAGAZINE

特集:ファクトチェック 韓国ナゾ判決

2021年6月29日号(6/22発売)

慰安婦と徴用工の裁判で正反対の判決が── 「大人」になった韓国世論と政治が司法を変えたのか?

人気ランキング

  • 1

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 2

    女子学生を美醜でランク付けした中国「アート」作品のひどい言い分

  • 3

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代わりに飲み始めたものとは?

  • 4

    死海沿岸を呑み込む7000個の陥没穴 縮む塩湖で地下…

  • 5

    1億8000万年前から生き残るクモヒトデの新種が発見…

  • 6

    アボカドは「悪魔の果実」か?──ブームがもたらす環…

  • 7

    台湾・ベトナムから始まる日本版ワクチン外交の勝算

  • 8

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 9

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 10

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 5

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 6

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷…

  • 7

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 8

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 9

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 10

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす…

  • 8

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 9

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 10

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月