最新記事

クーデター

戦闘続くミャンマー、市民が家を捨て森に避難 1000人超がブルーシートの難民キャンプ暮らし

2021年6月22日(火)11時24分
ミャンマーカヤ州の避難民キャンプ

今年2月の軍事クーデター発生後、いまなお武力衝突が続くミャンマーで、多くの市民が家を捨てて森林に流れ込み、ブルーシートでモンスーン(雨季)の雨露をしのぐ生活を強いられている。5月、カヤ州のキャンプで撮影。提供写真(2021年 ロイター)

今年2月の軍事クーデター発生後、いまなお武力衝突が続くミャンマーで、多くの市民が家を捨てて森林に流れ込み、ブルーシートでモンスーン(雨季)の雨露をしのぐ生活を強いられている。

森のあちこちには、数十人から1000人を超す規模の避難民キャンプが出来上がっている。東部カヤ州の戦闘から逃れてきたという人々は、食糧が不足し、疫病まん延の兆候があると訴えた。

「下痢に苦しんでいる子供たちもいる。清潔な水を手に入れるのが難しい。米や食糧を持って来られなかった人もいる」。そう話す26歳の男性は木の下の岩に張り渡した防水シートの写真を示し、「神に祈っている」と言葉を続けた。


国連の推定では、最近の戦闘で避難を余儀なくされたカヤ州の住民は11万人近くに上っている。

このほか、北部や西部で新たに発生している戦闘を逃れてきた人々を合わせると、クーデター発生以来、20万人近くの人々が自宅を追われた。これは、2017年に軍の迫害を受けたロヒンギャ族イスラム教徒70万人の大量脱出に次ぐ避難規模だ。

ロイターは軍事政権側にコメントを求めたが、接触できていない。

軍事政権は、新たに結成された「カレンニー国民防衛隊」などの反対武装勢力をテロリストとみなしている。

「カレンニー国民防衛隊」は先月から軍事政権側と戦っており、当初は軍側にも死者が出ていた。15日に地元住民の要望で一時的な戦闘停止を表明したものの、森林に避難している人々の多くは危険を犯してまで自宅に戻る意思をほとんど示していない。

カヤ州デモソ近くの村からきた男性は、「遠隔地の村の人々は停戦中に米や雑貨を取りに帰宅したが、大半は自宅にとどまる意思がない。自宅よりキャンプ地にいるほうが安全だ」と述べた。男性は、軍政への抗議デモに参加したとして軍から指名手配されている。

国連人道問題調整事務所(OCHA)は15日の報告で、地元コミュニティを支援する内外の人道援助活動は必要を満たすに至っていないと指摘。「治安の悪化と道路封鎖で人道支援のためのアクセスに困難が生じている」とした。

一部の避難民は、暗闇にまぎれて住民の去った町や村から食糧を調達し、森に持ち帰ろうとするなどしているという。

カレン族の人権団体幹部は、少なくとも3人のボランティアが支援物資を持ち込もうとして殺害されたと明かし、「人口の3分の1が今は森林に逃れている。放置すれば多くの人命が失われる可能性がある」と述べた。

[ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2021トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます


【話題の記事】
・ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由
・ミャンマー軍政を揺るがすミルクティー同盟──反独裁で連帯するアジアの若者たち


ニュース速報

ビジネス

ノキア、通期予想を上方修正 第2四半期の業績が予想

ワールド

コロナ感染急拡大で日本医師会が緊急声明、全国への宣

ビジネス

エアバス、通期利益見通しを2倍に引き上げ 上期決算

ビジネス

英住宅ローン融資額、6月は179億ポンド増 過去最

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手、審判の指摘に絶句

  • 3

    東京五輪、視聴率苦戦の根本理由

  • 4

    地球帰還のベゾス氏、空気を読まない発言に怒りが集…

  • 5

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 6

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 7

    ファーウェイ制裁の不透明な真実、グーグルはNGだが…

  • 8

    東京五輪、男子バスケ米代表は史上3番目の高齢者チーム

  • 9

    「謝らない謝罪」が日本で蔓延している

  • 10

    なぜ日本男子は世界で唯一、女性より幸福度が低くなる…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 3

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手、審判の指摘に絶句

  • 4

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽…

  • 5

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 6

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 7

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 8

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 9

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 10

    東京五輪、視聴率苦戦の根本理由

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 4

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 5

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 6

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 7

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 8

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 9

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

  • 10

    ある日突然「人工透析です」と告げられたら? 高血圧、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月