最新記事

AI

ニルヴァーナ、ドアーズ、ジミヘン、A・ワインハウスが新曲!? AIがよみがえらせた

2021年4月16日(金)18時00分
松丸さとみ

ニルヴァーナらしい曲をAIで作るのは難しかった、とオコナーはローリング・ストーン誌に打ち明ける。例えばジミ・ヘンドリックスのような特徴的な曲を多く書いていたアーティストと比べ、コバーンのメロディはそうではなかったからだ。

歌詞については、アーティストの歌詞を入力すると、そのリズムや調子をもとにAIが新たな歌詞を完成させるというプロセスだったが、この点については、ニルヴァーナはAIに合っていたようだ。

デイリーメール紙は、「AIは感情表現が苦手なことで知られているが、コバーンの歌詞は不可解なものが多かったため、マゼンタによる『Drowned in the Sun』の歌詞は真実味溢れている」と書いている。

亡くなったアーティストの曲をAIが作る是非

曲の演奏はすべてAIだが、ボーカルは100%、人間が歌っている。どの曲も、実際にそのアーティストのトリビュート・バンドなどで活動しているアーティストがボーカルを務めた。

『Drowned in the Sun』は、ニルヴァーナのトリビュート・バンドのボーカルとして、米アトランタを拠点に活動しているエリック・ホーガンが担当した。コバーンならどう歌っただろうかと考えながらのレコーディングは奇妙な感じだった、とローリング・ストーン誌に語っている。

ホーガンはまた、『Drowned in the Sun』の歌詞について、ニルヴァーナのものと比べるとストレートな歌詞だという印象を受けたが、それでもコバーンらしさは失われていないと話している。

亡くなったアーティストの楽曲をAIが作ることについて、倫理に反するという考えもあるだろう。ボーカルのホーガンは、「将来的に(AIの楽曲が)法的にどうなるかは分からない。AIが本当にいい音楽を作り出したら、問題になるかも」と同誌に話した。

しかしアルバムを作った理由についてオーバー・ザ・ブリッジは、メンタルヘルスの問題が原因で失われた才能を世間に示すためだと説明している。メンタルヘルスの問題をひとりで抱えずに支援を得るよう、こうした作品を通じて啓発することが目的だ。

「AIをもってしても、本物の替えにはならない」と、『ロスト・テープス・オブ・ザ・27クラブ』はウェブサイトに綴っている。同サイトはまた、ミュージシャンの71%が不安症やパニックアタックを、68%がうつをそれぞれ経験しており、音楽業界で働く人の自殺未遂は、一般の人の倍になる、というデータを掲載している。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

ドイツの与党連合、「安定と刷新」へ減税と引き締め財

ビジネス

日経平均は急反発で873円高 今年最大の上げ幅

ビジネス

スイスのピクテ・グループ、216年の社歴で初の女性

ワールド

トランプ氏一族の企業がNY市提訴、ゴルフコース契約

MAGAZINE

特集:ファクトチェック 韓国ナゾ判決

2021年6月29日号(6/22発売)

慰安婦と徴用工の裁判で正反対の判決が── 「大人」になった韓国世論と政治が司法を変えたのか?

人気ランキング

  • 1

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 2

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代わりに飲み始めたものとは?

  • 3

    死海沿岸を呑み込む7000個の陥没穴 縮む塩湖で地下構造が崩壊

  • 4

    女子学生を美醜でランク付けした中国「アート」作品…

  • 5

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 6

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 7

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 8

    東京五輪の「国際公約化」は日本政府の自作自演

  • 9

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 10

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷…

  • 5

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 6

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 7

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 8

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 9

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 10

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす…

  • 8

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 9

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 10

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月