最新記事

マスク拒否

マスクを燃やせ!米アイダホ州で着用義務化に抗議 小さな子供も

'Destroy Them!' Children Burn Face Masks at Anti-Mask Rally in Idaho

2021年3月8日(月)16時39分
ベンジャミン・フィアナウ
アイダホ州 マスク 抗議デモ

「自由のために」マスクを燃やす人々。子供たちも大人に促されてマスクを投げ込んだ Dave Reilly Media/REUTERS

<アメリカの一部で新型コロナ対策としてマスク着用が義務化されるなか、反発してマスクを燃やすデモが行われた>

3月6日の朝、アイダホ州の州都ボイシにある州議会議事堂の階段で何十人もの親が、新型コロナウイルス対策としてマスク着用を強制されることに反発する「マスク着用反対」の抗議運動を行い、幼い子供たちにマスクを燃やさせた。

6日に行われたマスクを燃やす運動「#フリーアイダホ」のイベントに先立って、アイダホ州議会下院で、共和党議員が提案したマスク着用の義務化を将来にわたって違法にする法律が僅差で可決された。

ボイシの集会に参加した大人たちは、子供たちに指示して、何百枚ものマスクをゴミ箱に投げ込ませた。「焼いちゃえ!」と、熱狂的な大人が叫んだ。子供たちは笑顔で、炎のあがるゴミ箱にマスクを投げ込み、燃やした。「急がないでね。注意して!火に気を付けて」と周囲の大人たちは声をかけた。


州が全域でマスク着用を義務化するという動きは、全米の共和党議員を怒らせたが、アイダホ州議会議員らの怒りはすさまじかった。そこで2月に、行政のいかなる段階でもマスク着用の義務化を行うことのないように法案を通過させた。

ボイシでのマスクを燃やす抗議活動を組織したのは、フリーアイダホと名乗るグループ。同時にサンドポイント、ボナーズフェリー、ラクレデ、クールダレーン、セントマリーズ、プラマー、テンズドといった町でもマスクを燃やすイベントを行った。

星条旗を振りながら

オレゴン公共放送のセルジオ・オルモスがツイッターでシェアした動画には、数十枚の青や白のマスクを金属製のゴミ箱に投げ込む子供たちの姿が映っており、「一度にやらないで」と、指示する大人の声が聞こえた。「よし、今はこれで十分だ。燃えるところを見てごらん」

火の中に投げ込むためにマスクをつかむ子供たちを、数人の大人が手伝っているところも映っていた。年配の参加者は星条旗を振っていた。そのなかには車椅子の参加者もいた。

アイダホ州内で「マスク着用反対」集会が開かれたのはこれが初めてではない。昨年8月、ヘイデンのパンハンドル保健局の建物の近くでマスクを燃やすバーベキューイベントが開催された。

このイベントは、ユーチューブのチャンネル「ノースアイダホ・エクスポーズド」に投稿された動画のコメント欄で「今週の火曜日8月18 日11時、パンハンドル保健局でマスクのバーベキューにご参加ください。食材やスナック、パンなどなんでも一緒に焼きたいものをご持参ください(マスクも可)」と、告知されていた。

ボイシのイベントの参加者は「安全を得るために自由を放棄する者は、そのどちらも得られないし、得るに値しない」というベンジャミン・フランクリンの名言をボードに書いて掲げていた。この名言は、文脈を無視した形で頻繁に引用されている、と多くの歴史家が指摘している。

2月22日、ノースダコタ州議会下院は、どのような健康危機が起ころうとも、州全域でマスクの着用を義務付けることを将来にわたって違法にする法案を2票差で可決した。「私たちの州は収容所ではない」と、共和党のジェフ・ホバーソン議員は語った。

ニュース速報

ビジネス

1─3月期の世界債務残高が2年半ぶり減少、途上国は

ビジネス

直ちに補正予算編成を考えているわけではない=麻生財

ビジネス

前場の日経平均は反発し492円高、米株高や反動で

ワールド

北海道・岡山・広島に緊急事態宣言へ、政府変更 専門

MAGAZINE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

人気ランキング

  • 1

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ」と謝罪

  • 2

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大学などの研究で判明

  • 3

    インドのコロナ地獄を招いた張本人モディの、償われることのない重罪

  • 4

    【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

  • 5

    インドで新型コロナ患者が、真菌感染症(ムコール症…

  • 6

    コカ・コーラ、マッキンゼー、ソニー...... ミャンマー…

  • 7

    インドの空港倉庫に国際支援物資置き去り 「どこに…

  • 8

    米物価上昇が意味すること

  • 9

    バブルを生きた元証券ウーマンが振り返る日経平均の3…

  • 10

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ」と謝罪

  • 4

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジ…

  • 5

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大…

  • 6

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 7

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 8

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 9

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 10

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 6

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月