最新記事

米大統領選

フロリダ紙社説、トランプのためなら国を害することも厭わない候補者を選挙で推薦したことを「痛恨のミス」と謝罪

Florida Paper Apologizes for Endorsing Rep. Who Wants to Overturn Election

2020年12月14日(月)15時11分
ナタリー・コラロッシ

大統領選に勝ったのはトランプと唱える集会で、トランプの物まねをする参加者(2020年12月12日) Jim Urquhart -REUTERS

<アメリカの民主主義を破壊する試みに加担するような人間と見抜けなかったことを読者に詫びる>

フロリダ州の大手新聞オーランド・センチネル紙は、11月の大統領選挙と同日に行われた連邦議会選挙でフロリダ州の下院議員候補者だったマイケル・ウォルツを推薦したことを謝罪した。ウォルツは当選し、大統領選挙の結果を覆そうとするトランプ陣営の訴訟を支持している。

同紙は11日、読者に対する謝罪記事を社説欄に掲載した。そしてジョージア、ウィスコンシン、ミシガン、ペンシルベニアの激戦4州で選挙の不正があったと主張して大統領選の結果を無効化しようとするテキサス州の共和党関係者による最高裁への訴訟を支持したことでウォルツを非難した(最高裁は同日、この訴えを退けた)。

「2020年の議会選挙でマイケル・ウォルツを推薦したことを読者にお詫びします。当時は、ウォルツに民主主義を堅持する気がないことを知るすべがなかったのです」という書き出しで、謝罪記事は始まった。

フロリダ州では共和党議員10人がトランプ陣営の訴訟を支持するために署名しており、ウォルツはその一人だった。10日の時点で、100人を超える共和党の下院議員は選挙結果を覆そうとするドナルド・トランプ大統領の最後の試みに賛同していた。

訴訟は敗北続き

「ウォルツを推薦するかどうかを決める面談当時は、まさか大統領選でトランプが勝ったことにするため激戦4州の数千人の有権者の票をなかったことにする訴訟が起こり、それに彼が賛同するとは思いもしませんでした。痛恨のミスです」と、謝罪記事は続く。

ウォルツは自分がトランプ陣営の訴訟を支持していることについて、12月10日にデイトナ・ビーチ・ニュース・ジャーナルにこう語った。「この訴訟が民主主義を脅かしていると言う人たちに言いたい。不正投票を見過ごしたり、隠蔽したりすることは、われわれの民主主義にとってよくないことだと思う。これらの問題に取り組むことを通じて信頼を回復することは民主主義のためだ」

だが、オーランド・センチネル紙は謝罪記事のなかで、トランプの法務チームはすでに、無数の不正疑惑を裁判所に訴えているが、ほぼ毎回失敗しているとウォルツに反論した。

「ウォルツが注意を払っていたら、そうした不正疑惑が裁判所や州、司法省によって無視されているわけではないことがわかるはずです。彼らの主張が法廷での精査に堪えるほど確かなものでないというだけなのです」と、同紙の記事は続く。

これまでのところ、トランプの法務チームは選挙後に提起した50件以上の訴訟で負け続けている。

ニュース速報

ワールド

バイデン米大統領の経済対策、上院で規模縮小も

ビジネス

米エヌビディア、2─4月期売上高は堅調見通し 半導

ワールド

インドネシア、ミャンマー軍と議員らの双方と集中協議

ビジネス

アングル:米短期国債利回りマイナス化の恐れ、早期解

MAGAZINE

特集:ルポ新型コロナ 医療非崩壊

2021年3月 2日号(2/24発売)

第3波の日本で「通常」の医療体制は崩壊したが現場には硬直した体制を変え命を守った人々もいた

人気ランキング

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 3

    トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に拍車か

  • 4

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 5

    アメリカの顔をした中国企業 Zoomとクラブハウスの…

  • 6

    動画で見る、トランプ時代の終焉の象徴

  • 7

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 8

    「4万2000年前の地磁気逆転が地球環境を大きく変化さ…

  • 9

    強大化する中国を前に日米豪印「クアッド」が無力な…

  • 10

    米欧の研究で分かった、ポピュリスト政党の倒し方

  • 1

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 2

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 3

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 4

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

  • 5

    トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に…

  • 6

    NY在住の大江千里、ワクチン接種後に副反応? 体調…

  • 7

    動画で見る、トランプ時代の終焉の象徴

  • 8

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 9

    ラッド元豪首相の警告「習近平は毛沢東になりたがっ…

  • 10

    米投資会社ブラックロックがビットコインに投資!金…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 5

    さようならトランプ、負債3億ドルと数々の訴訟、捜査…

  • 6

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 7

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 8

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 9

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 10

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月